長安 賢后伝-ちょうあん けんごうでん-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
承の命令により、茗玉は臨華宮で外出禁止生活を送ることとなった前回。
そんななか今回、茗玉が劣悪な環境で暮らしていることを知った承煦は、茗玉を助けるべくある作戦に出る…。

スポンサーリンク

【長安 賢后伝】(ネタバレあり)

28話

承の命令により、劣悪な環境の臨華宮で侍女・蓁児と共に外出禁止生活を送ることとなった茗玉。
一方、承の元に国境の応城を梁国の陳将軍が10万の軍で侵攻していて援軍が必要だという知らせが入る。
ここ最近戦において承煦に頼りすぎていることもあり、承は悩むも、承煦に援軍を率いるよう頼むのだった。

戦において承煦はなくてはならない存在のようですね

そんななか、茗玉が劣悪な環境で暮らしていることを知った承煦は、茗玉の元に行き、ある提案をする。
臨華宮を燃やし、茗玉はどこか遠くに逃げ新たしい生活を送るというもの。
それを聞いた茗玉は「そうすれば故郷にも戻れなくなる…」と複雑な表情を浮かべる。
すると承煦は今承への報復を考えていて、承を皇帝の座から引き摺り下ろそうとしていることを話す。
「そうなれば隠れて暮らさなくても良くなる」
承煦は茗玉にそう話すも、茗玉は「それは危険だ」と心配するのだった。
数日後の夜、承煦が援軍を率いて出兵する一方、承煦の仲間たちは茗玉と蓁児を逃し、臨華宮に火をつける。
翌日、承の元に臨華宮が火事になったこと、そしてそれにより茗玉が死亡したとの知らせが入る。
それを聞いた承はショックを受けるのだった。

今のところ作戦成功ですね

一方、援軍を率いて戦地に向かった承煦は、そこで敵将・陳将軍を捕らえ戦いに勝利。
そして陳将軍を傘下にした承煦は、梁の兵士配置図を手に入れるのだった。

まだ梁国に勝利したわけではないですが、これによりだいぶ優勢になりましたね

スポンサーリンク

29話

死を装い皇居から離れた茗玉と侍女・蓁児は偶然倒れていた梁の亡き将軍・薛継の副将・洪広志を見つけ助ける。
そんななか、茗玉は梁が陳将軍が兵士配置図を承煦に渡すことを利用し、承煦を陥れようとしていることを知る。

承煦が梁と通じていて謀反を企んでいることを承に知らせ2人を仲違いさせるのが狙いのようです

「捕虜となっている陳将軍が承に引き渡されるのを止めなければ!」
そう思った茗玉と蓁児は都に急行した。
その後、都に向かう承煦と合流した蓁児は「これは梁による罠だ」と承煦に忠告。
それを聞いた承煦は捕虜の陳将軍を殺すのだった。
一方、茗玉は承煦に会いに行く承の足止めをするため、承と対面。
死んだと思っていた茗玉が現れ、承は驚くのだった。
その後、王宮に帰還した承煦は陳将軍について「投降したのは偽りで承の暗殺を企てていたことが判明したためら殺しました」と報告した。

何とか梁国の罠にハマらずに済みましたね

茗玉が無事だったことを宮中のみんなが知り驚くなか、茗玉が承との子供を妊娠していることが判明。
宮中は驚きと衝撃に包まれ、承は茗玉を大切にすることを心に決めるのだった。
一方、自分が妊娠したことを知った茗玉は、またしても承の元で暮らすこととなり複雑な気持ちになっていた。

せっかく宮中での生活から出たのに、戻ることになりましたからね

その後、茗玉は承煦と対面。
承煦は自分のせいでこのような事態を招いたと自責の念に駆られていてそのことを話しながらも「君をきっと自由にする」と告げるのだった。

スポンサーリンク

30話

茗玉は承がお腹の中の子どもが生まれたらその子を芸琪の子どもとし、皇太子にするつもりだと知る。
芸琪の子どもにすることは特に何も思わない茗玉だが、もし皇太子になれば周りからのやっかみなど色々と辛い人生を送ることになると心配し複雑な気持ちになるのだった。
そんななか、承は本当は宮中で暮らしたくないこと、お腹の中の子どもには普通の暮らしをして欲しいという本心を知り落胆。
承は茗玉の子供を皇太子にする計画は取りやめ、綰音の息子・五皇子を皇太子にすることに決めるのだった。

一度は茗玉を大切にすると決めた承でしたが、これにより気持ちが変わりそうですね…

一方、承煦は茗玉のことを考え悩み、あまり眠れず疲れがたまり体調を崩していた。
そんななか喬淑妃の妊娠も判明した。
数日後、茗玉は突然産気づく。
しかし周りに産婆や侍医はおらず、困った蓁児は近くにいる綰音に助けを求めようとするも、侍女・恵児から門前払いを食らってしまった。

どうやら茗玉は承や周りから冷遇されているようです

困った蓁児は承煦の元へと急ぎ、助けを求める。
事情を聞いた承煦はすぐに産婆を手配し、その後、産場が茗玉の元に到着。
そして茗玉は無事赤ん坊を出産するのだった。
その後、承は茗玉が出産した知らせを受ける。
そして3日後、承は赤ん坊と対面するのだった。

スポンサーリンク

感想

28話では茗玉が劣悪な環境で暮らすこととなったことを知った承煦が、茗玉を助けるために火事を起こし茗玉が死んだと装う作戦に出ました。
なかなか大胆な作戦でしたが、それにより承をはじめ、宮中の人間は茗玉が死んだと信じていましたね。
しかし、29話で茗玉は承煦が梁国から罠を仕掛けられ陥れられようとしていることを知り、それを止めるために王宮に帰還。
これにより承たちに実は生きていたということが知られてしまいました。
さらに茗玉が承との子供を妊娠していることが発覚するという新たな展開もあり驚かされました。
そして30話では、承は茗玉を大切にすることを決めるも、その後、茗玉が子供と共に王宮から離れて暮らしたい気持ちを知ると落胆しその態度は冷たくなりました。
その後、冷遇状態のまま無事赤ん坊を出産した茗玉でしたが、産婆や侍医も準備されないのは可哀想でしたね。
恐らくこのまま王宮で子育てを始めても権力争いに巻き込まれるなど辛い人生を送るのは目に見えているので、茗玉はどうするのか次回以降の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。