長安 賢后伝-ちょうあん けんごうでん-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
投獄された蘭昭儀が自ら命を絶ったことで、蓁児が自責の念に駆られるなか、承と承煦もバチバチな関係性になり始めた前回。
そして今回、承煦が敵国・梁国と通じているという情報を耳にした承は承煦を尋問し…。

スポンサーリンク

【長安 賢后伝】(ネタバレあり)

34話

承は承煦を死罪にしようとするも、承煦の周りからの信頼は厚く、死罪にはできず軽い処罰を与えるしかできないのだった。
この結果に承は承煦への憤りが大きくなるのはもちろん、親王たちが共謀して自分を陥れようとしているのでは?と思い始めるのだった。
その後、城外で閉め出されている承煦に承は自分に跪けば城内に入れてやると宣言。
それを聞いた承はそれを拒否しその場から立ち去るのだった。

2人の一歩も譲らない張り合いが続いていますね

そんななか、承は承煦が敵国・梁国と手を組んでいるという情報を耳にし、承煦を呼び出しその件について尋問。
しかし承煦はそれを断固として否定。
承が証拠となる内通書を提示すると、承煦は「これは偽の印章で作られた偽物です!」と主張。
それを聞いた承は承煦の主張が真実か調べることにするのだった。

この内通書は梁国の洪広志が承睿と承煦の離間工作のために偽造したものです

その後、承煦がスパイ容疑で承から疑われていることを知った茗玉は承礼の元を訪ねて、真実かどうか確かめていた。
そして証拠の内通書があることなどから打つ手がなく罪を免れるのは難しい状況だと知った茗玉は、その内通者が偽だという証拠を探ることにするのだった。
一方、承は過去の書類などと照らし合わせて証拠の内通書が偽物かどうか調べていた。
そしてその印章などから内通書は偽造だと知る。
すると承は、過去の書類を保管庫から持ち出して隠し、保管庫を燃やすのだった。

「過去の書類は燃えてしまい照合できないか承煦は有罪」とするつもりなんですかね…。完全な偽装工作ですね…

その後、茗玉は調べを進め承が偽装工作していることに気が付くなか、承は承煦を反逆の罪により処刑すると宣言し、承煦は処刑牢に入れられるのだった。

スポンサーリンク

35話

承煦が処刑されることが決まるなか、茗玉や玉盈たちはなんとか承煦を助けられないかと策を練っていた。
そして承煦の側室の婚姻書から印章が偽造されたものだと証明し、それを2王子に手渡した。
その後、2王子はそのことを承に話し、承煦を助けるよう訴える。
すると承は「徹底的に調査してから処罰を下す」と告げ立ち去る。

ひとまずは処刑は保留になった感じですね

しかしながらまだ承煦が助かったわけではないため、茗玉たちは承煦を救うべく策を練るのだった。
その後、夜に綰音は侍女たちと共に屋敷内で怪しい影を目撃し、気を失う。
その後、目を覚ました綰音は「亡霊がいる。その姿は亡き沐王妃のようだった…」と承に報告。
それを聞いた承は驚いた。
その夜、眠りについた承はかつて沐王妃と「承煦たちを守る」と約束したことを思い返し複雑な気持ちになるのだった。

どうやら承は承煦を処刑しようとしているから沐王妃の亡霊が現れたと思っているようですね…

その後、綰音が亡霊に怯えるなか、突然亡き息子の泣き声が聞こえて来て屋敷の庭に出る。
しかしそれは幻聴で周りの侍女が止めに入るも、綰音は庭中を探し回るのだった。

完全におかしくなってしまってますね…

そんななか、承は沐王妃の亡霊の件もあり、投獄中の承煦を証拠不十分として釈放。
釈放された承煦は、自分の無実の証明のために茗玉たちが証拠集めをしてくれたことを知り、嬉しい気持ちになるのだった。
その後、亡霊の件は茗玉の仕業だと判明。
それを知った芸琪が茗玉を問い詰めると、「承煦を助けるためだった」と説明。
それを聞いた芸琪は「このことは誰にも言わないように」と言うのだった。
その後、このまま承と承煦が対立し続ければこの国がダメになると思った茗玉は、承煦に「今後のことを考えても意地を張らずにここは折れるべき」と助言。
それにより承煦は承の元に向かうも承は冷たい態度を取り承煦を屋敷の中に入れようとせず長時間外で待たせるのだった。

スポンサーリンク

36話

茗玉の説得により、承煦が折れて承睿に不敬などを謝罪。
承はその謝罪を受け入れその場はおさまった。
その後、承煦は「この屈辱は忘れない。いつかやつに思い知らせてやる…」と承への敵意を強めるのだった。
一方、綰音は亡き息子の泣き声が聞こえて来る幻聴に悩まされていて、それを喬淑妃に相談していた。
「いい術士を見つけ薬を貰えば再び皇太子に会えるかもしれないわね…」
喬淑妃は綰音にそう話すのだった。

いつも綰音を利用しようとしている喬淑妃。今度は何を企んでいるのでしょう…

一方、承煦はいよいよ計画していた承暗殺を実行に移素ことに決める。
その計画は承睿の主催で鹿狩りに乗じて承を殺すというもの。
そして鹿狩り当日、承煦と仲間たちは森の中で承を出撃しようとするも、邪魔が入り失敗に終わった。

惜しかったですね

その後、敵国・梁国が10万の兵で寧錦国境を襲撃しこちらに侵攻していることを知った承は、承煦たちに出征を命じ、自らも出征することを決めるのだった。

どうやら自ら出征し功績を上げることで皇帝としての威厳を保つのが狙いのようです

スポンサーリンク

感想

34話では承煦を処刑したい承でしたが、なかなかうまくことが進まないという内容でした。
承は承煦の無実を証明できる証拠を隠滅しようとするなど姑息な手も使っていましたね。
35話では茗玉たちが承煦を助けるために動き、処刑は保留になり、その後釈放となり一安心でした。
そして36話ではこのままでは国がダメになると危惧した茗玉の説得により承煦が譲歩し2人のいがみ合いは表向きには収まりました。
しかしながら承煦は承を暗殺するタイミングを伺っていて、タイミングを測り暗殺しようとするもを図るも失敗。
ここの場面はハラハラドキドキで見応えがありました。
今後、2人の対立関係がどんな展開を生むのか楽しみですね。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。