長安 賢后伝-ちょうあん けんごうでん-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
承煦が釈放されたり、承の暗殺を試みるも失敗したりと様々な展開があった前回。
そして今回、茗玉は姉・綰音とのわだかまりを解こうと歩み寄るもそこで衝撃の展開に…。

スポンサーリンク

【長安 賢后伝】(ネタバレあり)

37話

綰音は再生術により亡き息子が蘇ると信じていて、部屋で儀式を行うなど周りの侍女たちを戸惑わせていた。

完全に心を病んでしまっていますね…

その様子を見た茗玉は、亡霊の件は自分の仕業だと綰音に明かし、こんなことをしても亡き息子は蘇らないと話す。
それを聞いた綰音は「嘘よ…」とショックを受け涙を流すのだった。
その後、茗玉は綰音とのわだかまりを解こうと彼女の元を訪ね2人で話す。
すると綰音はこれまでの茗玉への不満などを吐露し、憤りや絶望を感じていることを茗玉にぶつけ取り乱す。
さらに綰音は茗玉が飲んだお茶に毒を混ぜていて、茗玉は吐血しその場に倒れる。
そしてその直後、綰音も吐血しその場に倒れるのだった。

自分のお茶にも毒を入れていたんですね…。2人はこのまま死んでしまうのでしょうか…

その後、綰音と茗玉は意識不明で危険な状態になり、芸琪は侍医院の秘密の倉に九珍金匱丹という薬が唯一の解毒薬だと知る。

その薬は霊芝や冬虫夏草など9種の生薬で出来ているのだとか…

ただその薬は1粒のみで、勅令がなければ倉から出せないということで、芸琪は「一体どうすればいいの…」と狼狽するのだった。
その後、芸琪は悩んだ結果、このことを手紙で戦地にいる承や承煦に知らせる。
その知らせを受けた承煦と承は衝撃を受ける。
戦を止めることはできないと話す承に承煦は「両全の策があります」と提案。
それは味方の兵に黙って帰京し、兵たちの士気を落とさないよう保つというもので、それを聞いた承は自分が帰京してる間戦地を承煦に任せることとなるため決断を悩む。しかし悩んだ末、承煦の案を採用し、急いで帰京するのだった。

スポンサーリンク

38話

承が戦地から帰京し、他の兵たちの士気を下げないためにそれを隠す承煦。
しかし、承軒には承がいないことを見抜かれてしまう。
「宮中で何かあったんですか?」
そう尋ねる承軒に、承煦は綰音が毒を盛り茗玉と心中を図ったこと、そしてそれで承が帰京したことを話すのだった。
一方、綰音は意識を取り戻すも視力がどんどん低下していた。
そしてしばらくすると何も見えなくなってしまうのだった。

毒により失明してしまったんですね…

一方、未だに意識が戻らない茗玉。
そこに承が戻って来る。
すると承は薬が1人分しかなく、綰音か茗玉かどちらかしか助けられないことを知る。
承はその薬を茗玉に処方するよう指示。
承が1つしかない薬を茗玉に与えたことを知った綰音はショックを受けるのだった。
その後、承が綰音と対面すると、綰音は「私への愛は偽りだったのね…」と取り乱し突然意識を失う。
そして綰音はそのまま死亡。

どうやら自ら舌を噛み自殺を図ったようです

その夜、承は綰音の死は自分のせいだと自責の念に駆られ彼女の死を惜しみ涙を流すのだった。
翌日、綰音の葬儀が行われるなか、承の元に「敵の計略により補給の大半を失いました。本営は奇襲を受け山中で敵に囲まれています」という連絡が入る。
しかし綰音の死から立ち直れていない承は、自暴自棄になっていて対策を取ろうとしないのだった。

スポンサーリンク

39話

戦地では承煦が部下の兵士たちに7日後に援軍が来るはずだと伝え士気を高めていた。
しかしそれには根拠がなく、今の戦況の知らせを受けた承が本当に援軍を送ってくれるか実際のところは分からないのだった。

もし援軍が来なければ承煦はどうするのでしょう…

そんななか、戦地の承煦がピンチだと知った茗玉は意気消沈状態で部屋に篭っている承の元を訪ね、戦地に援軍を送るよう説得。
しかし動こうとしない承の様子を見た茗玉は、「ならば皇位を誰かに譲るべきです!」と憤るのだった。
それから数日後、承煦の元には援軍は来ず、承煦は今いる兵たちで梁国の軍勢と戦うことを決め、作戦を練るのだった。
その後、承煦たちは梁国の軍勢と対峙し全面戦争に。
するとそこに承をはじめとする援軍が到着し、承煦たちに加勢。

茗玉の説得により承は動いてくれたんですね

その結果、承煦たちは戦いに勝利。
大晟軍は梁の重要な関所を落とし、洪広志と凌麒を捕らえるのだった。
その夜、承煦は承と話していた。
そこで2人は「これからも大晟のために戦おう」と誓い、酒を酌み交わすのだった。
数日後、戦地から宮中に戻った承煦は茗玉と対面。
そこで承煦は、戦地で茗玉のことを心配していたこと、そして将来大晟国を治めるつもりだと宣言するのだった。
それから数年後、茗玉の息子・啓元は少年に成長するなか、承は持病が悪化し体調が悪い日が続いていて、誰に王位継承刺せようかを考え始めていた。
そんなある夜、承は容体が悪くなり突然吐血。
侍医の検査の結果、死期が近いことが判明するのだった。
翌日、承は承煦を呼び出し2人で話すことに。
すると承煦は「母の殉死はそなたが仕組んだと認めるか?」と承を問い詰めるのだった。

スポンサーリンク

感想

37話では茗玉が綰音とのわだかまりを解こうと歩み寄るも、綰音はそれを拒み毒で茗玉と共に心中を図るという衝撃的な展開でしたね。
2人がどうなってしまうのか心配になるなか、38話では綰音が毒により失明、そして自殺。と
絶望のまま死んだ綰音は可哀想でしたね。
そして茗玉との姉妹のわだかまりも解けず、なんとも悲しく切ない最期でした。
39話では綰音が死に、承はそのショックから意気消沈していましたが、茗玉の説得により立ち直り梁国との戦争にも勝利するといった内容でした。
そして終盤には数年が経過し、承の持病が悪化し後継ぎをどうするのかという展開に。
さらに承煦が承に母・沐王妃の死の真相について問い詰めるなど、次回波乱の展開が待ち受けていそうで楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする