長安 賢后伝-ちょうあん けんごうでん-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
綰音が死亡するという驚きの展開から、持病が悪化しつつある承の後継ぎ問題などが出始めた前回。
そして今回、ついに承が亡くなってしまい、皇位継承をはじめとする権力争いが勃発し…。

スポンサーリンク

【長安 賢后伝】(ネタバレあり)

40話

承に母・沐王妃の殉死の真相について問い詰める承煦。
すると承は「そうだ。沐王妃の殉死は私が迫った」と話し、自分が王位を継承するために仕組んでいたことを明かした。
「もし其方が王位を継承していたらここまで国を大きくできたか?そなたには相応しくなかったんだよ」
悪びれずにそう話す承に、承煦は憤り「これから見てるがいい…」と宣戦布告をし、立ち去るのだった。
その後、承は皇位を茗玉の息子・啓元に継承することを決め、それを書にしたためる。
そしてしばらくして、承は体調を崩しそのまま帰らぬ人となった。
承の死の知らせが宮中に知らされるなか、茗玉は権力争いに巻き込まれたくなく、息子・啓元と共に故郷・雍臨に戻りたいと考えていた。
しかしそんな矢先、承が啓元に皇位を継承すると書いた遺書が見つかる。
「まだ子供なのに…。きっと承煦と私を争わせるために仕組んだんだわ!次期皇帝に相応しいのは承煦なのに」
そう思う茗玉。
さらに承は啓元が即位を拒否すれば、部下である軍の人間が啓元を殺すよう命じていたのだ。
これにより茗玉は啓元の即位を拒否することはできなくなり、啓元は皇帝になるのだった。

なんとも酷な運命ですね…

その後、部屋に戻ると啓元が連れ去られる。
「承煦が皇位を奪うために誘拐したんだわ…」
そう考えた茗玉は承煦の元へ。
すると承煦は「啓元を傷付ける気はないが、皇位に即位はさせないつもりだ」と話す。
それを聞いた茗玉は、即位しなければ啓元が殺されてしまうことを説明。
承煦は「承め、なんと酷い男なんだ…」と憤りながらも、「啓元が助かる方法が必ずあるはずだから信じて欲しい」と茗玉に話すのだった。
茗玉は息子の命を守るために息子を即位させるべきか、それど承煦の言葉を信じ、皇位を承煦に継承させふべきか悩んだ結果、息子・啓元の命を守るために啓元の皇帝即位を認め、承煦や他の皇位を狙う者たちと戦うことを決めるのだった。

つまり茗玉と承煦は敵対関係になるということですよね…

スポンサーリンク

41話

承が啓元に皇位継承するという遺言を残していることなど知らない喬淑妃は息子・啓栄を次期皇帝に即位させようと野望を抱いていた。
そして喬淑妃は啓翰に「啓栄が皇帝になれば摂政に推薦し実質的に実権を握らせてあげる」など取引を持ちかけるのだった。
その後、喬淑妃は玉盈を通じて承煦に対しても同じことを話し取引を持ち掛けるのだった。

喬淑妃はずる賢いですね…

すると承煦はすぐに喬淑妃を見抜き、その後、喬淑妃の元を訪ねそのことを問い詰める。
そして承煦は取引を拒否すると宣言。
しばらくすると啓翰も喬淑妃が自分を利用しようとしていたことを知り憤るのだった。
その後、次期皇帝に茗玉の息子・啓元を推薦するし遺書を残しているだことを初めて知った啓翰は憤るのだった。
その後、茗玉は承煦の元を訪ね2人で話していた。
そこで茗玉は、啓翰を助け、承煦を摂政にすると宣言。
「私を信じて。そして啓元を返して…」
そう話す茗玉に承煦はそれを拒む。
そして承煦は、啓元が皇帝に即位すれば自分達は二度と一緒になれないこと、そしてそれが承の策略だということ、さらにもし啓元が即位しなかった場合に殺しを行う予定の承が組織した軍勢を殺すと宣言。

承煦はどうしても皇帝に即位したいようですね…

しかし茗玉の意見は変わらず、こうして2人の意見は対立し、2人の関係性はどんどん悪化していくのだった。

スポンサーリンク

42話

皇位継承において茗玉と対立する結果になってしまった承煦は「なぜこんなことになってしまったんだ…」と悲しみに暮れていた。
それは茗玉の方も同じで、茗玉も複雑な気持ちになるのだった。
その後、承煦は悩んだ末に啓元の即位を受け入れることに。
そして啓元の皇帝即位が決定し、承煦は摂政に任命されるのだった。

幼い皇帝の誕生ですね

どうやら啓翰は承煦の摂政任命に不服のようです…

その後、承煦が部屋に戻ると、玉盈が部屋でナイフを手に暴れていた。
「茗玉の息子が皇帝になることを認めるなんて!」と憤る玉盈に承煦は「私の命で償えというなら刺せばいい」と冷静に対処するのだった。
そしてしばらく月日は流れ、出征した承煦は梁の皇帝・明徳帝を殺し、長年戦ってきた梁国に勝利。
承煦はその戦いにおいて、軍を率いるなど活躍したとして褒め称えられるのだった。
その後、茗玉と承煦は2人で話していた。
そこで遠回しに愛の告白をする承煦に、茗玉は「今はあなたのことを恋愛対象として見ていない」と伝える。
それを聞いた承煦は複雑な気持ちになるのだった。

スポンサーリンク

感想

40話では承が亡くなり、次のフェーズに突入したという感じでした。
承は茗玉の息子に皇位を継承するという遺言を残していたものの、皇位継承をはじめ権力争いが激化の予感がしましたね。
そして案の定、41話では皇位継承のいざこざが勃発。
これによら、これまでずっと互いに想い合っていた茗玉と承煦が対立関係になるという意外な展開になりました。
そこには互いに譲れない事情があったりとなかなかもどかしかったですね。
そして42話では、承煦が折れて啓元の皇帝即位を認めるという展開に。
これにより茗玉との関係性は少し良くなりましたが、啓元が皇帝になったことで二度と一緒に離れなくなってしまいました。
そんな複雑な気持ちを抱えながら、今後物語はどんな展開を迎えるのか気になるところです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする