開封府-かいほうふ-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
真宗が崩御して、幼い益児が仁宗皇帝となり、劉娥が皇太后となります。そして包拯は皇宮の監察御史に就任するのでした。こうして新しい治世が始まりましたが、皇帝が幼すぎて政治のしっかりした支柱がありません。これから皇宮はどうなるのでしょうか?

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第7話

皇太后となった劉娥。妃になる前から親しい間柄だった張徳林から毒薬を渡されます。張徳林は政府が安定し勢力図が決まってしまう前に仁宗を殺せと言うのでした。張徳林に寄り添いながら思案顔になる劉娥。
一方仁宗は今まで一緒に寝ていた姉同様の青女と離れてしまい、一人では寝られないと太監の陳林に訴えます。陳林は眠れなかったら朝議で眠りなさいと言い、何か言われたら母后
に従いますと言うのです、と仁宗を諭すのでした。
そして監察御史に就任した包拯。実は包拯は死期の迫った真宗に呼ばれて監察御史に抜擢され、幼い息子の皇帝を守ってくれと頼まれたのでした。監察御史になった包拯は王延齢や張徳林から宴会に誘われます。包拯は張徳林の宴会の方に出かけて王延齢の不興を買います。
しかし朝議に参加した包拯は皇太后劉娥が張徳林を「天下兵馬大元帥」に任命するということにはただ一人反対します。自分の考えを反対されて怒る劉娥ですがその時仁宗が倒れて朝議は中止となります。

皇帝になった途端に毒を盛られるなんて可哀想な仁宗!まだ幼いのに血も涙もない暗殺者ですね。張徳林は劉娥の仕業と思ったようですが、違うと言う劉娥。仲良さそうでもこの二人もお腹の中はわかりませんね・・

皇太后の弟の劉復は許嫁の雨柔が自分を嫌がるのは包拯のせいだと疑っていました。それで包拯は町で劉復から嫌がらせをされます。しかしその時馬に乗った何者かが劉復を襲うのでした。

開封府・第8話

辺境では西夏が宋の国を侵略していました。皇太后・劉娥は西夏と戦争か和議をするかを臣下に問いますが、戦争するには国の蓄えを身内で私物化していることで国に財力がないと王延齢は言います。まず何人かを見せしめで捕えれば他のものも自粛して宋の財源も潤うだろうと。張徳林もその意見に賛成します。
また劉娥は包拯に仁宗毒殺未遂の犯人と劉復襲撃犯の二人を探すよう命じます。包拯は皇居内にいる仁宗よりもより危険な劉復の事件から捜査すると劉娥に言うのでした。張徳林はどちらも解決しないとその首が飛ぶと冷ややかに告げます。

皇太后・劉娥の弟というだけでいばりちらし、襲われたときも包拯がかばって怪我をしたのに感謝の気持ちもない劉復。そんな最低男の犯人を命を懸けて探すなんて馬鹿馬鹿しい気もしますが、包拯は独特のペースで捜査を開始します。この包拯の表情がまた面白い!

妓楼に入りびたりの劉復に、包拯は犯人がわかるまでは行動を共にすると言います。こんな真っ黒な顔と一緒にいたくないとげんなりする劉復。
劉復は包拯を連れて雨柔の元へ。包拯が結婚したら諦めて結婚すると言う雨柔。ついでに1万両欲しいと付け加えます。劉復は雨柔の条件を受け入れて、雨柔に2万両やると言います。
そして妓楼に戻ると早速包拯の結婚相手を選ぶのでした。

開封府・第9話

包拯は妓楼で遊ぶ劉復に張り付いていました。劉復は取り巻きの役人と一緒に女をはべらせお酒を飲んで騒いでいます。それを部屋の端からじっと見つめる包拯。劉復はそんな包拯をからかって女と二人、部屋に閉じ込めたりするのでした。

一方皇宮では仁宗の実母、李太妃を楊太妃が訪ねていました。李太妃は仁宗の身代わりだった皇子を失ってから正気を失っていました。もらったお菓子をむさぼる李太妃に、楊太妃は本当だったらあなたが皇太后になるはずだったと言うのでした。
その李太妃が講義の帰りの仁宗の輿の前に飛び出してきます。李太妃は陛下にお会いしたい、皇子に学問を、と髪を振り乱しながら叫びます。仁宗は実は自分の本当の母である李太妃を、母だと知らず哀れに思うのでした。

皇帝になったというのに、命を狙われ、自分の母も知らされていない可哀想な仁宗。身内同然だった青女とも離され頼れるのは陳林だけです。皇太后劉娥も味方とは言えないし、早く大人になって強くなって欲しいですね!

劉復はある村を自分の土地にしようとして、わずかなお金で村人を追いだそうとしていました。その時劉復はその悪行からか村で覆面の刺客に再び襲われ、片耳をそぎ落とされてしまいます。その報復で村を焼き払った劉復。あまりのことに怒った包拯は劉復を殺したい、と言います。そんな包拯を嘲笑う劉復のもとに結婚祝いが。臣下に開けさせると中から刀が飛び出し、首に刺さるのでした・・。

開封府・第7~9話の感想

包拯以外正義感のある善人が登場しないドラマだなあ!と思ってしまいます。皇太后になった劉娥は一番野望を果たした妃だったかもしれないけど、愛人の張徳林とは自由に逢引きは出来ないし、宋の政治は汚職だらけで西夏が侵攻してくるし、また弟の悪辣な劉復は命を狙われてそれも心配の種で、あまり幸せそうには見えません。それでも天下の皇太后であることは快感なんでしょうかね?仁宗の生母の李太妃だって本当に気がふれているのか、それを装っているんじゃないかと思えてきます。そうでなければ命を狙われてしまいますからね・・。こんな殺伐とした宮廷で包拯はどんな役人になっていくんでしょうか。心配です!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です