開封府-かいほうふ-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
秦香蓮母子を宿から逃亡させた韓琦。駙馬から殺すように命じられましたが母子を殺すことが出来ません。しかし都には韓琦の似顔絵が張り出されていて田舎に逃げだすことは無理なようです。膠着状態の韓琦たち。包拯は事件を解決できるのでしょうか?

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第46話

張子栄は王延齢と張徳林の配下の名簿を手に入れ、仁宗へ差し出します。しかし名簿の名前は暗語のようになっていて誰の名前か判読できない仕組みになっていました。陳世美は自分が解読を試みることを申し出ます。
一方包勉がいつまでたっても帰らないことに苛立った包拯の義姉は包拯を責め立てます。包拯は包勉を見つける策を練ります。そして今夜韓琦を捕まえると陳世美に告げ、その動向を探るのでした。包拯の予想通り陳世美は包拯に捕まる前に韓琦を殺そうとして刺客を放ちます。刺客の後をつける雨柔たち。そして助力を頼んだ子雍が刺客と闘い、韓琦は逃がしたものの、包勉を見つけるのでした。

刺客と戦って傷ついた韓琦。結構傷は深そうです。しかし秦香蓮母子と逃げる姿はまるで家族のようですね!一緒にいる間に情が移ったのでしょう。冷酷な陳世美に比べて韓琦は優しい父親になれそうです・・

包勉は開封府に戻ってきました。包勉が帰ってきたことを喜ぶ包拯。しかし包勉は包拯に呼ばれていた陳世美を見ると、その悪事を糾弾します。白を切る陳世美。雨柔があなたは秦香蓮の夫、岑旺祖よ、と陳世美に向かって言います。けれども雨柔の言葉を陳世美は無視してその場を離れるのでした。
屋敷に戻った陳世美は刺客から張家のものが韓琦を逃がしたと告げられます。陳世美は自分の過去を張徳林に知られたと思い込むのでした。

開封府・第47話

張子雍が秦香蓮たちを救ったと聞いた陳世美は、騒動の黒幕は張徳林だと考えて屋敷に出向きます。そして徳林に自分の命運を預けると告げるのでした。詳細のわからない徳林は驚きます。そして王延齢との密談の際に陳世美は二面性があり、邪魔な存在だと話すのでした。二人は駙馬の処遇は包拯に任せることで了解します。
包拯達は秦香蓮や韓琦を探していました。駙馬の悪事を暴こうにも二人がいなければ証言が得られないのです。しかし陳世美も包拯の出方を探っていました。
そして肝心の韓琦達は岩山に逃れていました。傷を負った韓琦を秦香蓮は労わりますが、自分の夫である陳世美が子供たちまで殺そうと追っているとは信じられません。韓琦は包拯に助けを求めろと秦香蓮を開封府に向かわせますが、秦香蓮は駙馬の屋敷へと行ってしまいます。

秦香蓮にしてみれば優しかった夫が心変わりをしたとはいえ、自分たちを殺そうとしているとは信じられないでしょうね・・。でももはや陳世美は駙馬であって彼女の夫ではないのでした。陳世美を頼ったことで恐ろしいことが起きそうです・・

駙馬の屋敷を見張っていた雨柔たちは、秦香蓮と駙馬が出ていくのを追います。そして韓琦は駙馬を見てもう終わりだと観念するのでした。それでも傷を負った体で母子を守って戦いますが、力尽きます。夫の裏切りに気づいた秦香蓮ですが、時は遅し。しかし寸でのところで張徳林が放った弓に助けられるのでした。秦香蓮は韓琦の亡骸に泣きながら謝罪し、包拯に陳世美を訴えると告げます・・。

開封府・第48話

追い詰められた陳世美。しかしその駙馬の屋敷に包拯の妻、端午が訪れます。端午は義甥の包勉が地方の役人時代に犯した罪を見逃すよう頼みに来たのでした。しかし陳世美は端午を囮にして危機を脱しようと部屋に監禁してしまいます。そして産気づいた端午を見ても知らぬふりなのでした。

どうして身重の体で駙馬の処へなんか行くのかなあ、包拯と駙馬がこんなにバタバタと戦っているのに!と思いますが話の流れなのでしょうがないですね。家族思いの優しい端午なのです。でも敵の家で産気づくなんて一番困ったことです。助けてもらえるのでしょうか・・

仁宗は改革を進める陳世美を朝議で誉めそやします。しかし包拯は陳世美の犯した罪を暴いて仁宗を驚かせます。仁宗は駙馬を大理寺へ収監し、包拯達は駙馬の屋敷に乗り込むのでした。端午は男の子を出産していましたが、産後の疲れで息を引き取ってしまいます。医者にも診せずに放置されて死んだ端午を見て包拯は怒りに燃えます。
包拯は悪辣な駙馬を斬首すべきだと仁宗に訴えますが、仁宗は改革を進める有能な陳世美を殺すことを惜しがります。そして駙馬の供述書を包拯に見せるのでした。それには死罪に値する包勉の罪が書かれていました。包拯は絶句します。
屋敷に戻り、義姉や雨柔が止めるのも聞かず包勉を逮捕しようとする包拯。役人の罪は重いのだと涙ながらに包勉に言うのでした。しかし包勉は勅命で大理寺に収監されてしまいます・・。

開封府・第46~48話の感想

あの優しい気立てのいい端午が死んでしまうとは!そして善良な包勉まで監獄に入れられ包家はピンチですね!!それにしても自分のことしか考えないエゴイストの陳世美。どこまで罪を重ねるのでしょうか??ポーカーフェイスだった包拯もさすがに端午が死に包勉の罪がわかると肉親を失う悲しみで涙を流します。それにしても包勉の罪は重いので包拯でも助けられないのでしょうね・・罪は罪として償うのが包拯の信条なのできっと無理でしょう。包勉はただ被災民を助けたかっただけなのに、残酷な運命です。端午や包勉などの善意の人が死んでしまうのはとても残念です。新しく生まれた包拯の跡取りの赤ん坊だけがせめてもの希望ですね・・。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です