開封府-かいほうふ-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
張元の家族を釈放した罪で大理寺に収監されてしまった包拯。しかし仁宗は辺境の軍の問題を解決する術なく悩んでいました。包拯は汚名を返上することが出来るのでしょうか?

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第52話

大理寺に捕らえられた包拯を捕吏だった王朝たちが救い出します。しかし包拯はこんなことをしても全員が捕まると怒るのでした。それでも王朝は包拯の潔白を証明できる、と自信ありげです。そして偽の詔を包拯に見せるのでした。
罪人のため、参内できない包拯は尹若朝の手引きで宦官に変装して仁宗の元へ。包拯は張元の家族を連れ去った女は張徳林が西夏から連れてきた踊り子だと仁宗に告げます。偽の詔を見て仁宗は顔を曇らせ、張徳林が関わっていたのかと渋い顔です。すると包拯は自分を逃がしたことで大理寺に収監されている段安を尋問すればわかる、と言うのでした。しかし仁宗から許しを得て包拯が尋問しようとすると、段安は血を吐いてこと切れます・・。

段安の背後にいるのは王延齢でしたが、段安の所業が暴かれそうになると口封じのため段安を亡き者にしたのでした。これで段安が誰の指示で家族を逃がしたのかがわからなくなってしまいましたね。包拯はどうするのでしょう?

張元の家族をさらった西夏の女は展昭を護衛に雇っていました。張元に家族を引き渡すために西夏に向かう女たち。しかし父親の張徳林から張元の家族を捕らえるよう命じられた子雍が後を追ってきます。護衛の役目として子雍と戦う展昭。しかし展昭は子雍から家族を張元に引き渡すと辺境軍の兵士9400人が死ぬ、と告げられ気持ちを変えます。そして西夏の女を薬で眠らせ家族の乗る馬車を都に戻すのでした。
そして包拯も辺境軍を救うために逃げた張元の家族を追います・・。

開封府・第53話

展昭の馬車はちょうど包拯と子雍たちが揉めている場へ来合わせます。張元の家族を追っていた両者は、家族を捕らえようと争いになります。そこへ西夏の女や王延齢の護衛の展無為が現れて大混戦に。そして家族の馬車は川に落ち、家族は死んでしまうのでした。
包拯は都に戻り、仁宗に事の次第を報告します。家族が死んだことを張元が知れば、兵士の命が危ういと仁宗は心配します。包拯は家族が死んだことを知っているのは自分と展昭だけだと言います。仁宗は家族が生きているものとして范仲淹に張元と交渉させようと言うのでした。包拯は仁宗に復職させてもらい、怪しい王延齢の護衛、展無為を開封府で聴取しようとします。

包拯は家族奪還の場に王延齢の護衛の展無為が現れたことで王延齢を疑っているのですね。しかし展無為はしぶとくて簡単に聴取に応じるとは思えません。弟弟子の展昭から探りを入れるというのも方法ですね!

一方つれない仁宗に腹を立てた皇后の燕燕は、張家に戻って周児と話をします。そして弟の嫁でありながら床入れもせず、おいおい仁宗の元へ帰る気だろうと泣くのでした。皇后の気持ちを察した周児は張家を出て旅芸人の一座へ戻ることを決め、仁宗に別れを告げるのでした。

開封府・第54話

辺境で交渉にあたる范仲淹は西夏の軍師、張元と酒を酌み交わしていました。しかし宋の軍が攻め入ったと報告が入ると范仲淹は捕らえられます。死を覚悟する范仲淹。戦いが終わると張元は檻に入れられた范仲淹に宋の援軍は全滅、辺境軍は半減したと告げます。思い残すことは、と問う張元。范仲淹は張元のような逸材が埋もれ、無実の者が処刑される宋の国の政治改革が頓挫することが残念だと答えます。范仲淹の気概に感銘を受けた張元は、再会を約束して范仲淹を解放するのでした。
一方仁宗は辺境の戦いのことで頭を抱えていました。そして皇后の燕燕の言う事に苛立って突き飛ばしてしまいます。しかし燕燕が医者に診て貰うと、懐妊していることがわかるのでした。
辺境軍の半数が助かったことと皇后の懐妊で張家はお祝いムードです。しかし周児に出ていかれた子栄は意気消沈していました。

子栄はいつのまにか周児のことを好いていたのですね!でも仁宗はまだ周児に未練がありそうですし、簡単にはいかないでしょう。周児の方はどうなのでしょうか??

子雍は姉の燕燕が仁宗に突き飛ばされたことに腹を立て、邪魔な周児を都から追い出そうとします。しかしそこに子栄が現れ、周児を守ろうと戦うのでした。
そして弟弟子の展昭の説得によって展無為が自供し、張元の家族の拉致と段安殺しを指示した王延齢の立場は危うくなります。王延齢は罪人として牢に幽閉されるのでした。

開封府・第52~54話の感想

開封府もあと4話を残すのみ!最後近くになって大物の王延齢が失脚して、人間模様も混沌として先のわからない展開です。腹の内が読めない人間たちの中で、唯一気ままに自分流を貫く子雍が気持ちいいですね。そして兄弟でありながら真逆の性格で、決して自分の本心を言わない子栄。でも子雍と争っているうちについに周児が好きだ、と自分の気持ちを吐露するのでした。ある意味子雍のおかげと言えます。
けれどもまだ西夏に辺境軍の行程を知らせた人物がわかっていません。事情を知る4人のうち仁宗と王延齢が抜け、軍を支配する張徳林は兵士を危険にさらすことはしないとなると怪しいのは子栄・・。子栄は仁宗を裏切ったのでしょうか?心配です!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です