開封府-かいほうふ-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
辺境軍は半数を失ったものの、全滅を免れました。しかし軍の行程を西夏に漏らした人物がわかりません。一体誰なのでしょうか??

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第55話

仁宗は旅芸人の一座にいる周児を訪ねますが、張子栄が先に周児に会っていました。仁宗はお互いの気持ちを伝えあう周児と子栄の会話を聞いてしまい、足早にその場を去ります。
一方開封府の包拯達は西夏の女、野利青が拉致事件の主犯で張元と結託していると結論づけました。そこで包拯達は展昭を処刑するというお触書を張り出して、野利青をおびき出そうとします。案の定処刑の日に野利青が展昭を救おうと現れ、包拯達は女を捕まえようとします。しかしそこに展昭がやってきて野利青とともに馬で駆け去るのでした。

西夏の女、野利青と展昭はどうやら恋に落ちてしまったようですね!愛する男に与えるという野利青の短刀を欲しがる展昭。しかし宋を恨む野利青は宋の人間の展昭に与えようとはしません。かわりに張子栄が怪しいという情報を展昭に伝えます。包拯は助かりましたね!!

范仲淹が都に戻ってきましたが、張元に解放された理由がわからない仁宗は西夏と内通しているのは范仲淹だと疑い、開封府の牢に入れろと命じます。范仲淹を信じる包拯は反対しますが、仁宗は三日で証拠を見せろと包拯に言います。
包拯は展昭から子栄が西夏との内通者だと聞き、仁宗に伝えます。仁宗は子栄が怪しいと思いつつその場にいたもう一人の人物、王徳を疑うのでした。
確かに野利青から金品を貰って情報を流したのは王徳でした。しかしそれを画策したのは子栄で、彼は仁宗の行う政の黒幕となって仁宗を支配したいという野心を持っていたのです。子栄は自分に疑いが向けられたのを感じて王徳に毒薬を渡し、仁宗に飲ませるよう命じるのでした・・。

開封府・第56話

王徳は旅芸人の一座にいる周児を訪ねて子栄から渡された毒薬を見せます。子栄の陰謀を聞かされた周児は参内して仁宗に知らせるのでした。仁宗は包拯と范仲淹を呼び出して子栄の裏切りを伝えます。包拯はこれからの策を練り、仁宗は范仲淹に禁軍の殿前侍衛1000人の統括を任せるのでした。
一方周児から子栄の仁宗毒殺の陰謀と、それを仁宗に知らせたことを聞いた張徳林は、張家の危機を感じて王徳の謀反を名目に皇宮に攻め入ります。そして息子の禁軍統領である張子雍に城門を開けるよう命じ軍を入城させるのでした。

ついに張徳林が行動を起こしましたね!徳林本人は望まなかったものの、張子栄の仁宗への反逆は張家を滅亡へと導くものでしたから、仁宗と戦うしかなくなってしまったのです。一体宋はどうなってしまうんでしょうか??

晩餐の時間に張子栄が仁宗の処へやってきますが、仁宗の様子から自分の陰謀がばれたことに気づきます。子栄は仁宗を殺す気はなく、食べる前に止めて王徳と范仲淹のせいにしたかったのだと言います。西夏と通じたのも王延齢に范仲淹を排除させ、仁宗の周りから邪魔者を消したかっただけ、と続けるのでした。すると仁宗は、その後お前は朕を傀儡にするつもりか、と皮肉に笑います。徳林の挙兵を知らされた仁宗は皇后の張燕燕と子栄を人質にして徳林に対抗するのでした。
包拯は牢にいる王延齢に助言を求めます。王延齢は先帝が作った秘密の通路を教え、そこから仁宗たちは脱出して大相国寺に行き、諸侯が徳林を征伐するまで時間稼ぎをしようとするのでした。

開封府・第57話

徳林の仁宗への要求は自分の娘と息子を解放し子栄の罪を問わない、皇后を廃さずお腹の子を皇太子にする、張家の枢密氏の職を世襲にする、そして以上のことを天下に知らしめるという事でした。そしてこれらを国内の諸侯が到着する前に仁宗に認めさせたい考えです。
しかし仁宗は王延齢のおかげで皇宮からの脱出に成功していました。王延齢は仁宗に自分が持っている兵を差し出し、反乱軍を制圧するために地方の勢力を結集するようしたためた手紙を手渡します。そして自分を田舎で隠居させてほしいと頼むのでした。

これまで宋の重臣だった王延齢と張徳林は真逆の道を進んでしまいましたね!仁宗に一番近い存在だった子栄の裏切りで張家は朝廷の逆賊となってしまいました。子栄にしてみれば子供の頃人質として朝廷に送られ、仁宗と兄弟のように暮らしながらあくまでも臣下という関係に、いつか仁宗を支配したいという気持ちが起きてしまったのでしょう。しかしその軽率な行動で父親の張徳林が追い詰められ気の毒です。徳林は張家の存続と息子や娘たちを救いたいと必死なのですね!!

包拯は王延齢の手紙を諸侯に届けるために侠客たちに協力を頼みます。そして張子雍によって硬く閉じられた城門を破るために自ら号令の太鼓を叩いて戦いを鼓舞するのでした。

開封府・第55~57話の感想

ドラマも最後に来て張徳林の反乱が起こるなど、てんやわんやの展開となりました!でも張徳林も長男の子雍の放火事件や替え玉事件、そして今度は子栄の仁宗への反逆など息子のことで悩まされっぱなしです。特に今回は皇宮を攻めるという明らかな謀反なので、命の保証もありません。考えてみると徳林は仁宗の義理の父親という立場なのですよね。それならこんな派手なことをしなくてもなんとかなったんじゃないかなあと思うのですが・・もともと軍人なので軍人のやり方しかできないという事でしょうか・・。でもこれまで絆の深そうだった仁宗と子栄の仲がこんな風に壊れてしまったのは残念です。戦いが終わった後平和な皇宮に戻るのでしょうか・・。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です