開封府-かいほうふ-あらすじ-最終回(58話)-結末は!?

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-最終回(58話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
張家の存続と自分の子供たちを救うために張徳林は挙兵しました。仁宗たちは強大な兵力を持つ徳林に勝利できるのでしょうか??

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・最終回(58話)

包拯達が南門を攻撃したことで張徳林の皇宮攻撃が始まりました。守備を指揮していた范仲淹は矢に当たってしまい仁宗側は指揮官が不在となってしまいます。
一方南門で戦う張子雍は仁宗の援軍がやってきたのを目にします。そこで徳林が仁宗を見つけるまで粘ろうと新しい矢を兵士たちに配るのでした。

徳林は仁宗の義父で子雍は禁軍統領、仁宗とはごく近い間柄です。そして子栄は小さいころから仁宗と兄弟のように皇宮で育ちました。その子栄が思わぬ野心を抱いたことで、望まない戦いへと突入してしまいましたね。陰謀には慣れているものの仁宗は張子栄のしたことにショックを受けたことでしょう!

皇宮に入ることに成功した徳林の軍ですが、とうに仁宗は皇宮から脱出していました。仁宗を探す徳林ですが、「陛下と援軍に包囲された」という知らせが来ます。徳林はもはや周児を盾にするしかなくなるのでした。
宣徳門に仁宗と縛られた子栄、皇后が姿を見せます。徳林も対抗するように范仲淹と周児を人質にするのでした。それでも仁宗に拝謁する徳林。仁宗は徳林に投降を呼びかけます。しかし息子の子雍は仁宗たちを攻撃する準備を始めました。それを徳林は張家が潰れてしまうとやめさせます。

結局仁宗を捕らえられず、敵に包囲されてしまった張徳林。張家は滅びるのかと天を仰ぐばかりです。いったいこの事態をどう収拾するのでしょう??

人質にされた周児を殺そうとする徳林。周児は仁宗に正しい道を選ぶように言い、死を覚悟します。すると子栄が父親の徳林に私の愛する女だ、殺さないでくれと頼むのでした。迷う徳林。それに苛立つ張東と子雍が内輪もめを始め、張東が絶命します。観念した徳林は仁宗に息子と娘の開放を願い出て自ら首を刀で切りつけるのでした・・。

結局自害してしまった徳林。張徳林は大きな権力を持ち様々な人間を殺めてきましたが最期は子供たちのために奔走してその生涯を閉じました。良い人間とは言えませんが、勇気ある父親だったかもしれませんね!

徳林が死んだことで張家もバラバラになりました。周児と子栄は夫婦となって田舎でのんびりと暮らし、子雍は侠客となって北に向かいました。
こうして仁宗を阻む二つの勢力は消えました。しかし范仲淹の改革は失敗に終わり、宋の政治はなかなか改善しないようです。それでも以前よりは希望のある世になったと包拯は思うのでした。

そして休暇を利用して、包拯は雨柔が尹若朝に宛てた手紙で知った場所に向かいます。そして包拯の子をあやす雨柔と義姉に再会するのでした。

開封府・最終話の感想

最後に張徳林が死んでしまったのは驚きでした!仲が良いように思えた仁宗と子栄だったのに、実は子栄は仁宗を憎んでいたとは・・そしてまた自分を朝廷に差し出した父親の徳林も憎んでいたのですね。兄弟のように暮らしていても、いえ暮らしていたからこそ、余計に自分が仁宗の臣下でしかないことが許せなかったのですね。でも憎みながらもやはり仁宗を大切に思っていたのだと思いたいです!仁宗も周児と子栄が農民となって暮らすことを許しました。周児が望む穏やかな暮らしを自分が与えられないことを知っていて、それは張子栄としかできないことだとわかっていたからでしょう。仁宗は良い皇帝になって皇后と生まれてくる子供と人生を送るのが一番ですよね。
そして包拯は行方の分からなかった雨柔や義姉、そして自分の子供と再会出来ました!!辛い事ばかりだった包拯にやっと幸せな日々が訪れたのですね。きっと雨柔と包拯は結婚するのでしょう。雨柔は端午の子供を自分の子のように愛しんでいますし、良い夫婦になるでしょう。包拯の物語が終わってみると、たくさんの人間が殺されたり処刑されたりしたのに全くの悪人は少なかったように思えます。劉娥の弟や駙馬の陳世美は質が悪かったですが、人生に翻弄された弱い人たちとも言えますね。
自分の欲のために親しい人を裏切ったり陥れたりすることの多いドラマでしたが、包拯だけは頑固なまでに自分の考えを変えませんでした。これから雨柔と幸せになって欲しいです。張徳林はやっぱりちょっと可哀想でした。息子たち、少しは親の遺志を継いでやって欲しいなあ・・まあでも権力を持ちすぎるのは良くないか。仁宗に良い政治を行ってもらうことが大事ですね!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です