隋唐演義 -あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ようやく尤俊達が程咬金と義兄弟の誓いを結んでまで強奪したいという貢ぎ物の争奪が始まりました。
程咬金は力こそ凄いのですが、武術が全くできずに羅成相手には手も足もでていませんでした。

そんな程咬金が武術を習得した力はどんなものなのか、その実力が気になりますね。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

10話

盗賊らが貢ぎ物を奪いにいく中、程咬金は一人だけ宇文成都に追いかけられる。
しかし、程咬金は宇文成都は陣の中に宇文成都を誘導すると、宇文成都を煙が包む。
何も考えてなさそうな程咬金ですが、少しは頭を使うんですね。

宇文成都を巻いた程咬金は羅方を追いかけ、後で勝負するために名を名乗るが、名前を勘違いされてしまう。
羅方は貢ぎ物を奪われた事態を楊林に話す。

そばで話を聞いていた玉児は程咬金に覚えがあると言い、玉児は調べに行く。
楊林は盗賊を捕えるように指示した。
程咬金は隠れて生活する事になる。

一方で秦瓊に武奎を殺された武亮は、様子を窺いながら武官の突厥と手を組み、北平王府を倒そうと企む。
程咬金の手がかりを探す玉児は、宇文成都の令牌を見つける。
そのころ宇文成都は令牌を探していた。
宇文成都が強奪しようとしていたのがバレたら一巻の終わりです。

武亮が敵に寝返ったと知った羅芸は、秦瓊を大将軍として武亮を討たせに向かわせる。
戦を中断した秦瓊は、息子を名乗る秦用に、母の劉の元へ案内された。
秦瓊は別れた兄に代わって義父になっていました。

すると兄は重病で亡くなっていると知らされる。
秦瓊は秦用を連れて再び戦に向かう。

11話

戦に勝利して土地を奪還した秦瓊。
秦用も戦で手柄を立てていた。
秦瓊がいない間に秦用は武術を磨いていました。それなりに強いのでしょうね。

貢ぎ物奪還に失敗した楊広は妹の瓊花を溺死させ、蕭美娘は瓊花を装う。
そして瓊花に呼ばれていると聞いて酔いながら訪れた楊勇は、瓊花の肩を叩くとそのまま瓊花は池に沈んでしまった。
瓊花が亡くなって悲しんだ楊堅は楊勇を庶人に落として幽閉する。
楊広は瓊花の死を悲しむ素振りをしながら薄ら笑いをしています。妹を殺めておいて酷すぎます。

高熲を訪ねた玉児は、盗賊の頭が落としたものを見せると、楊広が関わっていると判明。
秦瓊は単雄信に会いに行くも、単雄信は秦瓊を拒み、門を閉めてしまう。
単雄信は、妹の単盈盈が秦瓊に迷惑をかけた事を気負っていると言った。
単盈盈本人は少しも気にしていない様子です。兄弟なのに性格が正反対ですね。

12話

訪れた街で、秦瓊らは盗難に遭う。
店主に話を聞いた秦瓊は、荷物を取り返すために街外れの山まで美髯公に会いに行く。
屋敷に着いた秦瓊は配下を倒し、美髯公が出てくる。
それから単雄信が登場し、単雄信は出世した秦瓊が自分らを裏切らないか試していたという。
謝罪するために単雄信は秦瓊のものを盗ませていたんですね。

そして秦瓊は怪力の羅士信に目を付け、弟分として連れていく事に。
玉児は宇文成都に盗人の頭が落としたものについて聞くが、宇文成都は答えようとしない。
その後、後を付けられた玉児は背後から気絶させられ、宇文化及の命令で監禁された。
宇文化及は、宇文成都が色に迷ってる事を咎めています。

宇文成都は監禁されている玉児を訪れると、宇文成都が盗人の頭だったと見破る玉児。
それから宇文化及が現れ、玉児から上手く話を聞きだした事を褒める。
宇文成都を信じられなくなった玉児は立ち去って行った。
すべて宇文化及が宇文成都と玉児を切り離すために仕組んでいました。それでも宇文化及は宇文成都の行いが気に食わないようで、宇文成都をビンタします。

楊堅は陳宣華を気に入って訪れると、王妃の許可なく楊堅を迎えたとして陳宣華は棒叩きにされる。
そこに現れた楊堅は棒叩きをやめさせ、出家して俗世から離れるという。
すると楊堅を止めようとする王妃は気を失った。
楊堅は意外と自分勝手な一面があるんですね。

一方で秦瓊らは秦瓊の母との再会を喜ぶ。

10話~12話の感想

程咬金が貢ぎ物奪還に大活躍しましたね。
あの宇文成都を一人で罠にかけ、羅方にも優勢に戦っていました。

楊広が妹の瓊花を楊勇を陥れるために容赦なく殺していたのはゾッとします。
瓊花も直前まで楊広の本性に気付いていない様子です。
楊広は普段から徹底的に二面性を演じているのでしょうね。

新たに秦瓊の仲間に加わった怪力の羅士信がこれからどう活躍していくのかも気になります。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です