隋唐演義 -あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は楊堅お気に入りの陳宣華を王妃が棒叩きにした事で楊堅が皇帝をやめようとしていましたね。
息子の楊広とは似ていないと思っていましたが、意外とそういう女好きはそっくりなのかもしれません。

しかし、楊広が皇帝をやめて楊広が皇帝になってしまうと何をしでかすのか分かったものではないです。
どうなってしまうのでしょうか?

【隋唐演義】(ネタバレあり)

13話

唐壁を訪れた秦瓊と羅成。
秦瓊は唐壁から官職を与えられるよう推挙してもらう事に。
徠乎爾が到着し、唐壁が秦瓊を紹介すると、徠乎爾は秦瓊と腕試ししたという。
徠乎爾は秦瓊の身分を軽く見て横柄な態度を取ります。秦瓊は官職を諦めましたが、徠乎爾が強引に腕試しを始めます。

本気を出さずに降参する秦瓊に、羅成は徠乎爾を煽りながら秦瓊と交代する。
羅成は徠乎爾を軽々と圧倒し、外で秦瓊を待つ羅士信はしびれを切らして門番を押しのけていく。
羅士信は秦瓊の元へたどり着き、徠乎爾は羅士信が自分に勝てば秦瓊を役人にするという。
徠乎爾は羅成に勝てないので徠乎爾で憂さ晴らしするつもりです。

徠乎爾は素手で羅士信に挑むも、羅士信に手も足も出ず敗北し、秦瓊は旗石碑になる。
秦瓊らは秦瓊の母に別れを告げ、楊素へ贈り物を運びに行く。

そのころ蕭美娘に看病される王妃は、病が悪化して亡くなった。
同じ年に楊堅も病に倒れ、徐々に政務を執るようになった楊広。
悪夢にうなされるようになった楊堅は、楊広が運んだ薬を飲もうとすると体調を崩す。
楊堅は王妃が亡くなる直前に不貞を働いた事を気に病んでいました。

14話

政務をこなせなくなった楊堅は越王と高熲に楊広を任せる。
楊広を褒める場面で楊広は顔を背けています。やましい事をしていますからね。

秦瓊らは首を吊ろうとしている上官敵という楊林に仕える者を目撃し、救出した。
事情を聞く秦瓊に上官敵は、越王の誕生日に楊林に命じられて運んでいた贈り物を盗賊に奪われたという。
仲間はやられて唯一逃げ出せた上官敵ですが、このまま戻れるはずがありません。

秦瓊らは贈り物を取り返そうと上官敵に案内された。
すると早々盗賊らに囲まれた秦瓊だったが、盗賊は秦瓊の知る義賊だと判明。

頭の王伯当は弱い者から奪わず悪人や悪党どもから奪っているという。
しかし、秦瓊の頼みならばと王伯当は贈り物を返すことに。
そして長安に用がある王伯当らを旗牌官として装わせる。

一方で李淵は字を1つも覚えない息子である李元覇の師を探し、李万年を呼び出した。
李元覇を引き受けた李万年だったが、覚えの悪い李元覇にお手上げする。
すると袁道士が訪れ、驚くほど怪力の李元覇は通常のやり方で抑えつけてはいけないといって引き取った。

そのころ秦瓊が連れてきた盗賊の2人は山に寄り道し、廟に入ると秦瓊そっくりの神像が置いてあった。
秦瓊への呪いだと思った2人は神像を壊すと徐茂公という道士が現れ、勝負を持ち掛ける。
徐茂公は子供たちに陣を使わせ、1人は捕まってしまった。

理性を失っている李元覇を大勢で取り押さえようとする李淵。
神像の前まで駆けつけた秦瓊は、子供から紫様が李淵の元に向かったと聞く。
李淵を訪れた徐茂公は、暴れて手に負えない李元覇を考えた策で捕えさせる。
徐茂公は戦略を考えるのに秀でているみたいです。

15話

李淵は訪れた秦瓊に感謝を伝え、捕まっていた如輝は解放される。
秦瓊は刺客から李淵を守った事がありました。神像は秦瓊への感謝だったんですね。

楊広は陳宣華が気に入り、頭から離れない様子。
蕭美娘は楊広に陳宣華を服従させる手助けをするという。

長安を訪れた秦瓊らだったが、夜は外出禁止で外出ができない。
しかし、2人はこっそり抜け出して祭りを見に行ってしまう。
すると兵を連れた邱瑞に見つかった2人は追いかけられ、秦瓊のいる宿まで逃げ込む。
とんだトラブルメーカーです。

秦瓊らは邱瑞に身元を調べられるも秦瓊が甥だと気付く邱瑞。
邱瑞は秦瓊との出会いを喜び、去っていった。

一方、旧知の仲である陳宣華と接触する蕭美娘は陳宣華に立場が危うい事を指摘。
そして蕭美娘は楊広が楊堅に毒を盛ってるのを知ってると楊広に匂わせる。
兄や妹だけでなく実の父まで手にかけようとするなんて楊広は鬼畜です。

14話~15話の感想

旗牌長になった秦瓊は楊素に贈り物を届ける事になりましたが、その道中も気を抜けたものではありません。
特に義賊から連れてきた2人は懲りずに問題を起こしてばかりです。

そんな迷惑な2人ですが、秦瓊は全く咎める気もないようで、器の大きさを感じられました。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です