隋唐演義 -あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、伍雲召を助けに来た伍天錫と雄闊海、朱燦が反乱を起こしましたね。
それをきっかけにして各地で英雄たちが隋に抵抗し始めました。

絶望的な恐怖政治から一転して、隋を倒す兆しが見え始めています。
一方で、秦瓊が連れてきた玉児は義賊に程咬金がいないかと聞きました。
久しぶりに程咬金を見れるのでしょうかね。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

22話

程咬金を知らない様子の義賊。
済南を訪れた秦瓊を兄弟分に玉児を預け、母の元に戻ると待ちわびた羅士信らは大歓喜。
それから再び秦瓊はでかけていく。

そのころ地下に隠れていた羅士信はこっそり抜け出してし、奪った貢ぎ物の銀子を民にばら撒き始める。
事態を聞いた尤俊達は程咬金を呼び出し、銀子を取り返しに行かせた。
役人に奪った銀子が見つかったら大変です。

貢ぎ物の銀子を2倍にして取り返す義賊らを見かけ、貢ぎ物の銀子を交換する玉児。
銀子を取り返した尤俊達は、銀子が一つ足りてないと気付き、取り返そうとする。
尤俊達は玉児を呼び出すと、程咬金は勝手に玉児と話しを始め、義賊の手助けをする事に。
玉児は義賊に好意的な態度を示します。

貢ぎ物を奪われた責任に追われて犯人を捜していた王光印。
王光印は盗賊捕獲に秦瓊を呼び、秦瓊は任務を引き受けた。
犯人の義賊と繋がりがある秦瓊はどう立ち回るつもりなんだろう?盗賊を捕まえないと王光印らの命はありません。

秦瓊は玉児を訪れ、銀子について尋ねるが、玉児は知らないふりをする。
貢ぎ物の犯人を秦瓊が探ってると知った尤俊達は、程咬金の母を棺桶に入れ、偽の葬儀をして秦瓊の調べを回避した。
棺桶に入れられている程咬金の母だけど呼吸してるのがバレバレです。

23話

秦瓊は程咬金の母が死んだ事について聞くと、尤俊達の言動を怪しむ。
尤俊達の演技を見破った秦瓊は、程咬金とまとめて尤俊達を縛り上げる。
すると秦瓊は程咬金の母と話をして叔母だと判明し、程咬金とも昔遊んだ仲だった。
叔母に母と命を救われている秦瓊は、問題の解決に取り掛かる。
貢ぎ物回収の指示をしてる楊林は厳しい人で、へたするとすぐに死罪になってしまいます。どう乗り切るつもりでしょう?

しかし、あまりの難題に尤俊達は秦瓊に見張りを付けた。
期限が迫り、命が危ないと王光印らから助けを求められる秦瓊。
すると秦瓊は貢ぎ物を奪った犯人になりすまし、玉児に帰れなくなったという文を残して出ていった。

そして秦瓊は銀子をよこせと楊林の前に現れ、捕えられてしまう。
あまりにも無謀すぎですけど、秦瓊には生存する策はあるのでしょうか?

楊林は秦瓊を死罪にすると決め、程咬金らは助けに向かう。

24話

お尋ね者の触書を見た玉児は程咬金と尤俊達を置いて一人で秦瓊の様子を見に行く。
父親の楊林を再会した玉児は話をし、秦瓊は命の恩人で嫁ぐつもりだという。
すると楊林はその盗賊を知りたいと秦瓊を呼び出し、秦瓊は身を明かした。
朝廷の仲間と恩人の叔母の命で板挟みになった秦瓊は自分の命を捨てるだったそうです。義理堅いですね。

楊林は秦瓊の行いに免じて命を助け、役人と賊への罰をなくす。
そして秦瓊を気に入った楊林は、秦瓊を養子にする。
そこに秦瓊を助けようと程咬金と尤俊達が秦瓊をたすけようと挑発を始めた。

秦瓊は程咬金と尤俊達の相手を引き受け、林の中に逃す。
その後、秦瓊に従わぬ者を自分の判断で斬れる書付を授ける楊林。
玉児と再会した秦瓊は盗賊を捕まえる役割が果たせなくなっている悩みを打ち明ける。
玉児は本当の悪は盗賊でなく朝廷の中にいると答えて秦瓊は納得したようです。

そのころ楊広は玉児の生存を知って、監視を付けた。
玉児は逃げた頃の記憶がないと偽って、楊林を守っています。しかし楊広は玉児を疑ってる様子です。

宇文化及は、玉児の刺客として送った李忠を殺した宇文成都を殴る。
かつて宇文化及も愛する人を捨てていました。天下を取るには冷酷にならないといけないと考えてるようです。

催眠を使って娘を攫うという男が神出鬼没に現れ、捕えるために玉児は囮になった。

22話~24話の感想

貢ぎ物を知り合いの義賊が奪っていたと知らずに盗賊を捕える任務を引き受けてしまう秦瓊。
秦瓊は盗賊を捕えるのが得意で、王光印の命を救おうと調査に躍起になっていましたね。

義賊と役人、どちらかを切り捨てないといけないような場面です。
義理堅い秦瓊と言えども、どちらを切り捨てるのだろうと思わされます。
なので、自ら命を犠牲に両方救おうとしたのは予想外の展開でしたね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です