隋唐演義 -あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
翟譲と和解し、拠点を手に入れた秦瓊ら。
圓覚が秦瓊を倒そうとしてましたけど、関係が元通りになって良かったですね。

そのころ楊林は秦瓊らを討ちに向かっています。
楊林からは防戦一方の秦瓊たちですが、拠点を得た今となってどう渡り合うのでしょうか?
突如現れた謎の穴についても気になりますね。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

34話

徐道士は程咬金に穴を探らせようとするが、秦瓊は安全を第一にやめさせる。
穴はとても深いようです。

すると策があるという徐道士の案により、程咬金は地下に潜る事に。
そこで程咬金は皇帝が着用する龍袍などを見つけ、引き上げられる。
他にも像や白骨があったり、気味の悪い場所でした。

程咬金が持ってきた金印と大旗はどれも朝廷で使うものだと判明。
徐道士は、かつて趙威としう人物が瓦崗山で皇帝を名乗ろうとし、消息が途絶えているという。
趙威は即位のために用意していたみたいです。そこで徐道士は隋を滅ぼせという天意だと解釈します。

程咬金が皇帝として選ばれた。
そのころ程咬金は単盈盈を気に入り、飲みに誘う。
単盈盈と一緒にいた羅成は気難しそうな顔をしています。羅成も単盈盈を気に入ってるのでしょうね。

秦瓊たちにやられた賀連章と李興は通りかかった楊林の指揮下に入る。
賀連章と李興は秦瓊たちを酷いものだと楊林に伝え、酔いつぶれてる今攻めるべきだという。
瓦崗寨の門の前に来た楊林は、秦瓊らの罪を軽くすると説得する。

説得に応じない秦瓊に、門を破ろうとした楊林だが、兵糧を燃やされて去っていく。
楊林が手を抜かぬよう楊広は呼び出し、その間瓦崗寨を攻めないよう伝える楊広。
しかし、秦瓊たちに恥をかかされた魏文通は攻めようとする。
秦瓊サイドには娘の玉児がいますから、楊林としては攻めづらいでしょうね。

35話

皇帝となった程咬金の代わりに徐道士が官職を割り当てる。
程咬金は何も分からないので懸命な判断です。

事態を知った楊広は再び楊林を瓦崗寨に向かわせ、残された単雄信の家族は皆殺しにすることに。
話を聞いていた宇文成都は玉児の事を思って放心しています。その後もリストカットしながら葛藤していたので、どう動くのか気になりますね。

帰ろうとしない羅成は羅芸に咎められ、帰っていく。
反乱は一族皆殺しの罪です。許すはずがありません。

すると宇文成都が玉児を引き取ろうと一人でやってくる。
宇文成都は玉児と会うも、絶対に秦瓊から離れないという玉児。
宇文成都は肉体を傷つけても玉児を忘れられませんでしたが、一体どうなるのでしょうか。

田五を買収し、挑発した単家が反逆させた所を李淵に討たせようとする宇文化及。
李世民は李淵に反逆の意思がなければ単家を無事返そうと提案した。
単面は通りがかった人から馬を奪う。

李淵が尋問を始めると、田五が村人に吹聴し、村人は反乱を始めた。
一方、楊広は瓊花の蔓に絞められる悪夢にうなされる。

36話

楊広の悪夢を前向きに捉える蕭美娘。
その後に2日寝たきりになった楊広に、朱貴児が自らの肉で薬湯を作る。
瓊花は何百年も咲いてないとされる幻の花です。それにしても朱貴児はよっぽど楊広に肩入れしますね。

李淵から逃げてきた単軸は、残された娘を連れて単雄信に届けると力尽きた。
単雄信は激怒して仇を討とうとしますが、秦瓊がなだめます。

瓦崗寨を出た単雄信は、待ち構える魏文通を追っていく。
魏文通に負傷させられた単雄信を秦瓊が助け、徐道士は楊林を迎え撃つ用意を始める。
羅士信は魏文通を倒し、首をもぎ取ったのを見せると兵は退散していった。

魏文通が亡くなったと知った楊林は、義賊らを全滅させようとする。
楊林は大将の秦瓊を狙った陣を敷き、陣を破ったら朝廷と関わらないという。
陣を破るため、羅成が必要だという徐道士。
楊林は事前に秦瓊に陣の事を知らせ、国と認めてるようです。

すると単盈盈が朝廷への復讐に行こうとする。
止めようとする秦瓊に、徐道士の案で単盈盈が羅成を連れてくる事になった。

そのころ瓊花の花が咲く。
瓊花の花は世が変わる事を意味してるそうです。楊広が滅ぶ事を示唆しているのでしょうか?

楊広は南北を結ぶ大運河を作ると言い、管理人になった麻叔謀。

34話~36話の感想
国を作った秦瓊たちは、楊広に知られる事になる。
しかし、楊広はそこまで気に留めてない様子で、まだまだ小さな組織です。
それに程咬金が義賊らの皇帝になったのは意外です。

田五は保身のためとはいえど、宇文化及に買収されて村人皆殺しに関与したのは最悪でした。
皇太子派だった李淵を秦瓊が助けた事があったので、今後どういう関係になるのかきになります。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です