隋唐演義 -あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
秦瓊らを攻める楊林は、文を瓦崗寨に渡したりと、国として認めてくれてます。
その楊林は秦瓊に陣で挑むと伝えますが、陣の突破には羅成が必要です。
羅成は今にでも義賊を助けたくてうずうずしていますね。

羅芸が拒む中、単盈盈は羅成と連れてこれるのでしょうか?
いざという時に徐道士が用意している策にも注目したいです。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

37話

張公瑾は退屈している羅成の相手をすると、単盈盈を連れて訪ねる。
羅成は一歩も外に出られない状態です。

羅成に徐道士が考えた脱出の策を渡し、張公瑾たちは去っていく。
楊広が出した運河作りの募集に、李密が反応する。
反骨心を楊広に気付かれ役人でなくなった李密は麻叔謀に会い、運河を任された。
短期間で運河を作らないといけないのですが、それから李密は猛勉強を始めます。

羅成は病を偽り、両親を騙すと、代わりの人間を置いて部屋を出る。
すると嘘を見抜いていた母に見つかった羅成だが、母は羅喜を連れていくのを条件に見送った。

運河の図に李密が細工してる事に気付く宇文化及。
長安に引く運河を山西に引いてる運河の図を見た蕭美娘は、李密を連れてこさせる。
蕭美娘は李密の度胸が気に入ったみたいです。李密に何をさせるつもりでしょうか?

丁延平は羅成に宿を譲り、羅成がお返しに返礼品を渡すと、お返しに丁延平も渡す。
最後に品がなくなった丁延平は羅成に挨拶しに行くというが、羅成が挨拶に向かう。
どちらも借りを作りたくない事で譲らないですね。

羅成の叔父だと判明した丁延平は、楊林からの義賊を討つ手伝いを要請されていた。
双槍使いの丁延平に、双槍の弱点と陣を教わる羅成。

38話

朝廷を恨む単盈盈は、朝廷の役人に切りかかると兵に囲まれ、負傷したまま逃げていく。
羅成は単盈盈を助け、看病する。
羅成は義賊を助けるより単盈盈が放っておけないほど愛しているんですね。

一方、運河の図を変えられた楊広は蕭美娘に納得させられた。
長安から運河を引くには手間と時間がかかります。

瓦崗寨に丁延平が到着し、陣が整う。
瓦崗寨に向けて挑発をする賀連章らに、金城と牛蓋が飛び出していく。
凄い度胸ですね。よほど腕に自信があるのでしょうか?

秦瓊は金城と牛蓋の救出に単雄信と王君可を向かわせる。
陣に捕まった兵は倒され、金城は重症を負い、乱入した羅成は秦瓊に報告。
牛蓋は亡くなり、瓦崗寨は休戦した。

陣を突破できないと考えた羅成は、楊林が持っているという陣の図が必要だという。
そこで盗みの上手い謝映登を推挙する徐道士。

図を盗みにきた謝映登は、楊林の酒に小便を仕込む。
小便に気付いた楊林は薛亮に図を持ってくるよう頼み、後を付けて捕まってしまう謝映登。

39話

楊林は小便に気付いてから図を盗みに来ていると察知してました。
捕まった謝映登は、謎の人物に救出され、身を隠す。
謝映登の敵ではないようですが、一体何のために?

謝映登を助けた人物は、瓦崗寨にいるある人物を訪ねるという。
謝映登の恩人は、羅成を見ると突然襲い掛かる。
謎の人物は、羅成に似た武芸を使い、羅成を上回ります。

謎の人物は、秦瓊から羅成が価値ある人間だと聞くと槍を手放す。
姜松という人物は、羅成とは異母兄弟の兄だという。
姜松の祖父は、羅芸に槍の型を授けました。兄弟とはそういう意味だったんですね。

父に置き去りにされた姜松は、羅芸と羅成の話を聞いて訪れようとしていた。
しかし、門前払いを受け、後に母を大病で亡くしている姜松。
母の仇だと考えていた姜松ですが、誤解を解いたようです。

陣の図を見た徐道士は羅成と姜松の槍術を用いた突破口を閃く。
羅成と姜松は陣を破り、帰ってくる。

陳の嫁として足の大きい裴翠雲がやってくると、嫌がる陳をよそに強引に嫁になった。
裴翠雲は悪人には見えませんけど気性が荒く、陳は怖がってばかりです。

勢力を拡大させる瓦崗寨を理解できないでいる楊広に、邱瑞は裴仁基を推挙。
楊広は、裴仁基とその息子を呼ぶ。
裴家は戦いに優れています。

縁談を断られた裴翠雲が帰宅すると、裴家に楊広の遣いが到着する。
新たな縁談を設けた父の裴仁基だが、嫁がないと決めた裴翠雲。

37話~39話の感想

運河作りを始めた楊広。
どうやら先帝がやってこなかった大事を成したいようです。
そこに楊広の傲慢さが見え隠れしますね。

反面、反感を買いやすい出来事でもあります。
英雄がさらに増えるのでしょうかね。
羅成を上回る槍の使い手がいただけでも凄いですが、その姜松が仲間に加わって心強いです。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です