隋唐演義 -あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楊広は多くの反感を買っているのにも関わらずに暢気に運河を渡り始める。
秦瓊は反隋の王を各地から集めて楊広を倒そうとしますが、直前になって3人の王が不在になります。

一時は楊広討伐が中止になりかけましたけど、それでも楊広を倒すという王の声で計画が続行されて良かったですね。
そのころ楊広は再び娘を攫いをします。
早いうちに倒してほしいですね。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

46話

復讐のため、単盈盈は楊広の船に一人で向かう。
途中、持ち歩いた刃物が見つかりそうになるも、蕭美娘の手助けもあって楊広の前に到着する単盈盈。

楊広殺害に失敗した単盈盈は、見込みがあるからと斬首されずに牢に入れられた。
単盈盈が楊広の船に乗り込んだのを知った玉児と羅成は船の様子を見る。
今の戦力だと隋には勝てないので、2人だけの秘密として皆には黙ってます。

羅成は、単盈盈を宇文成都から救出しに挑み、楊林が駆けつけた。
すると見ていただけの玉児が間に入り、羅成と単盈盈を逃がす。

楊林の前に連れてかれた玉児だが、楊林を信じて玉児を牢に入れた楊広。
秦瓊の元には遅れて3人の王が到着し、王全員を程咬金がまとめる事に。
雄闊海は楊林を捕えると、秦瓊は斬首から楊林を庇い、玉児救出の手助けを求めるも楊林は断った。
楊林は楊広には逆らえないようです。

解放された楊林は楊広の元に戻り、宇文化及は無事に戻ってきた楊林を疑う。
宇文成都が瓦崗寨討伐を引き受けると、楊林も償いとして出陣に加わる。

47話

瓦崗寨を攻めるも三人がかりで食い止められ、退散しようとする宇文成都。
しかし、楊林は引き上げさせようとしない。
楊林は宇文成都を倒させるつもりでしょうか?

宇文化及は楊広に頼み、撤退の命令を受ける。
裴仁慶との戦いで深手を負い、気を失った宇文成都。
窮地に陥った楊広は李元覇を呼ぶ。

玉児を助けようとする秦瓊に王伯当と裴仁慶が加わる。
すると先に宇文成都が見張りを倒して玉児を解放した。
宇文成都は深手を負っていたのでは?

秦瓊は宇文成都に挑むと、後から兵が追ってくる。
李家は楊広の命で瓦崗寨討伐に加わる事になるが、恩人である秦瓊を相手に悩む李淵。
悩む李淵の様子に紫紹は、楊広の命に背かず秦瓊の恩に報いる方法があるという。

李元覇が加わると聞いた徐道士は、謝映登に「士信を連れてきてほしい」と頼む。
紫紹は瓦崗寨に李元覇の存在を忠告しに行き、単雄信には一族皆殺しの事を誤った。
秦瓊が玉児を助けにくると、宇文成都が迎え撃ち、その間に秦瓊への恩返しとして李世民が玉児を解放する。
玉児が変わっても、宇文成都は近くにいれば良いと考えていました。ちょっと怖いですね。

李元覇に、羅鉄漢が相手として買って出た。
続いてもう一人と李元覇に挑むも、やられてしまう。

48話

裴仁慶が李元覇の相手になるも、棄権する。
紫紹は秦瓊に、李元覇に襲わせない布を渡す。
襲われないのは布を持つ者だけです。朝廷にバレたらいけないので仕方ないんですけど。

羅士信が戦地に到着し、李元覇と相打ちに、気絶する。
裴虔通は李密が徒党を組んで私利私欲を満たしていると指摘し、李密を降格する楊広。
蕭美娘が籠絡していたはずの宇文化及ですが、自らの立場を脅かさないように先に手を打っていたようです。

母を餓死させないよう、幽霊のふりをしてお金を巻き上げていた呉福に出会った程咬金。
しかし、欺かれていた程咬金は呉福を追い、王世充の屋敷で捕える。

反隋の王世充は程咬金を手厚くもてなし、楊広の寝室まで掘り進めている地下道案内した。
すると程咬金は作戦も立てずに勝手に楊広の首を取りに行く。
楊広を討つ絶好のチャンスですが、程咬金が台無しにしないか心配です。

そのころ裴翠雲は、行方不明の程咬金を探しに行こうとしていた。
宮殿に侵入し、酒を飲むと皇帝の寝台でねようとする程咬金。

そこに李世民と2人きりで話を持ち掛ける蕭美娘。
楊広の危険性を聞かされた李世民は「何も聞かなかったことにいたします」と立ち去ろうとし、それなら考えがあると蕭美娘は引き留める。

46話~48話 感想

李元覇は王が集まっても崩せないほどの強敵でしたね。
それを羅士信が相打ちに持って行けたのは、羅士信の強さを再確認しました。
しかし、李元覇の登場で思うように勝ち進めなかったのは少し残念です。

さりげなく楊林は瓦崗寨が有利になるように、不利な戦況であえて撤退しません。
立場の問題もあってはっきりさせないけど、何かしら秦瓊の味方をしてくれているのかなと思いました。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です