隋唐演義 -あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
無事に行宮を造った李家だが、再び宇文化及によって10万の出兵を求められた李淵。
そんなに兵を出したら警備が緩くなり、攻められたら一溜まりもないです。
宇文化及は陰湿で嫌らしいですね。

そこで反隋を訴える李世民に対し、李淵は隋に抗えないという。
李世民は派兵をしたらどうかと提案します。
李家の中では李世民は頼りになりますね。

李家はどうなっていくのでしょうか?

【隋唐演義】(ネタバレあり)

52話

楊林は瓦崗寨に書状を出し、陣を破ったら玉児を渡すを言う。
陣の大将は羅芸を含む強者ばかりでよほどの自信があるようです。

羅成は羅芸に話をして陣に加わり、陣の攻略に加わると、楊林は瓦崗寨を訪ねて陣を見せると伝えた。
楊林は陣を見せると、中心にある銅旗を奪った者は天子になるという。
王たちを互いに争わせるための策でしょうか?

予定より少ない兵を派兵させた李家は楊広に軟禁される。
隋に力を削がれようとしていると察知した李世民は謀反を決意。

そのころ丁延平に謀反を疑われた羅成は将軍を降ろされ、先峰を任された。
かつて仮面を付けた姿で羅成は丁延平を倒していますね。

李世民は李淵に書状を送るため紅仏女を送るが、見張りに捕まってしまう。
すると李世民は李元覇を暴れさせた隙に紅仏女を助けさせ、自ら李淵に書状を送ろうとした。

53話

李世民は楊林に派兵の命を撤回する奏上を求めると、李元覇が暴れ出したと報告が。
楊林は李世民を斬ろうとしますが、李世民でなければ李元覇は止められません。

すると楊林は李世民を捕えて人質にした。
程咬金らは李密を連れて銅旗を狙いに行くと、事態を知った秦瓊は連れ戻しに行く。

尚師徒に見つかった程咬金らに、兵を連れて応援に来た秦瓊。
秦瓊は尚師徒に追われ、崖から落ちた所を愛馬の黄鏢は殺されてしまう。
助けに来た羅士信が、尚師徒を倒す。
長年共に過ごしてきた相棒が亡くなって秦瓊は涙を流します。

一方、羅成は丁延平から図を奪い、丁延平は自害した。
丁延平は羅成の行動を認めていましたが、立場がまずかったようです。人の良いおじちゃんだったのに残念ですね。

捕まっていた紅仏女は、見張りを騙して縄を解き、李世民を解放する。
李世民は瓦崗寨へ相談しに行くと言い、兵に気付かれないよう脱出を図った。

陣の図を持って瓦崗寨に戻った羅成は出陣を求めるが、秦瓊は羅成の仕業がバレて羅芸に類が及ぶのを考え、攻撃ができない。
敵には宇文成都もいます。うかつに動けば多数の犠牲が出てしまうので慎重にならざるを得ないです。

そこに李世民が訪れ、反隋の協力を申し出る。

54話

李元覇の力が加わり、陣に攻めると決めた徐茂公だが、陰で話を聞く兵がほくそ笑む。
内通者から話を聞いた韓猛は、ひそかに銅旗を奪って玉璽と交換するのではないかと考え、他の王に話をする。
そこで瓦崗寨より先に天下を取ろうとした韓猛ら4人は夜襲を仕掛け、全滅した。
一番銅旗の事を考えていた韓猛の自業自得です。

翌朝になると李密が作戦を伝え、宇文成都に挑む。
しかし、前線の兵たちは数多の罠によって壊滅してしまう。
羅成は司令台を宇文成都から奪えば罠は機能しないと言い、秦瓊は宇文成都を挑発し、挑んでくる宇文成都。

続いて大軍同士の合戦となり、多数の死者が生まれた。
麻叔謀に金を巻き上げられ、反隋になった孟海公は楊広を説得。
楊林は今の地位を譲りたくないみたいです。

断った楊林と合戦になり、尤俊達と楊林を始めとする大勢の兵は亡くなった。
尤俊達は亡くなり際にあの世で斧の奥義を持ち帰ってくると程咬金に伝えます。程咬金は今後覚醒するんですかね?

楊林を倒すと周囲の兵は秦瓊に銅旗を取らせる。
銅旗陣が破られたと聞いた楊広は激怒し、宇文親子に反隋を根絶やしにせよと命じた。

玉璽を受け取りに来た秦瓊に、多数の兵を連れた宇文化及が受け取らせようとする。
そこで秦用が秦瓊の代わりに、自ら兵の間をくぐって受け取ろうと箱を開けると、中から矢が放たれ秦用は亡くなった。
すると宇文化及は撤退していく。
約束と違いますね。宇文化及は憎たらしい人物です。

秦瓊らは秦用の敵討ちに行宮へ向かと、敵と戦ってる最中に暴れ始める李元覇。
羅士信と王伯当で李元覇を気絶させる。
門を開けた羅士信は直後に矢の雨に打たれて亡くなった。

義軍は数多の兵が命を落とし、行宮へ攻め込めず、楊広も大勢の兵を失う。

52話~54話の感想

ようやく王たちと瓦崗寨で楊広討伐へと始動しました。
今まで秦瓊が何度も戦ってきた楊林を破り、玉璽を受け取りに行くと宇文化及の罠にかけられて秦瓊の息子同然の秦用は亡くなります。

宇文化及は自分の立場が危うければ数々の味方陣営を潰そうとしていましたが、敵に対してもクズを貫いてますね。

大軍同士の戦いなだけに大勢の人を失ったのは仕方ないんですけど、丁延平と羅士信の死は残念でした。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です