隋唐演義 -あらすじ-55話-56話-57話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は義軍と楊広共に数多くの死者が出る。
結果は相打ちですが、最初楊広が朝廷を支配していた頃の絶望感と比べるとよくここまで巻き返せましたね。

反感の多い楊広なので、更に義軍が味方を付ければ間もなく倒せそうですけど、どうなるんですかね?

【隋唐演義】(ネタバレあり)

55話

隋が瀕死になり、羅成が瓦崗寨に加わるよう説得するも、羅芸は応じない。
北平の安全を考えると、代わりの名君がいないのに安心していられないみたいです。

羅成が図を盗んだからと宇文化及は宇文成都を連れて羅芸を討つ。
すると北平の者を皆殺しにさせた宇文化及は兵符を見つけ、北平王の軍を手に入れた。
楊広の陰にいましたけど、宇文化及もかなり残酷です。

北平に戻った羅成は仲間の亡骸を目にし、生け捕りにされる。
力を付けた宇文化及は、楊広を操り人形にするつもりです。

楊広の策に気付いて参戦しないでいた竇建徳。
そこに羅成が生け捕りにされてると聞いた竇建徳は策を練り、救出に向かう。
今後は策略と兵力によって天下を取ろうと考えてる竇建徳ですが、名将がいないので羅成を味方にしたいと考えてます。

羅成救出に来ていた秦瓊らと出くわした竇建徳。
助けられた羅成ですが、一族を失って放心しています。

楊広は大臣を集め、自らの悪い所を聞く。

56話

楊広は裴虔通から欲に塗れた自分勝手な振舞いを指摘され、剣を向けられる。
直後に宇文化及が現れ、楊広を倒すと、抗議しに来た朱貴児と楊広の息子を殺害。
楊広は自ら首を吊って亡くなった。
悪の限りを尽くした楊広ですが、最後はあっけなかったですね。

すると瓦崗軍と竇建徳が宇文化及を包囲。
宇文化及は宇文成都に包囲を突破するように命令するが、応じない。
宇文成都は命を捧げて皇恩に報うつもりです。

玉璽を探しに蕭美娘のいる楊広の寝室を訪れた宇文化及だが、待ち構えていた王世充に殺された。
宇文成都は一人で瓦崗寨に挑むと李元覇に倒さる。
通りかかった雷雲に自分で投げた武器にぶつかって自滅した李元覇。

瓦崗軍は行宮を陥落させ、李元覇が亡くなった怒りで李淵は長安を攻め、簡単に手に入れてしまう。
玉璽を手にした瓦崗寨だが、洛陽を落とした王世充は楊広の宝を奪って勢いを増していた。
戦わずして漁夫の利を得た竇建徳。
まだ秦瓊たちは天下を取ったと言えず、現在最強なのは李淵です。

李密は王伯当に、玉璽を蕭皇后と交換してくるように頼む。
蕭美娘に恩を感じている李密は、蕭美娘の危機を見過ごせないようです。

羅成は単盈盈との縁談を断り、竇建徳の娘である竇線娘と親しげでいる。
羅成は竇線娘に助けられています。とはいえ羅成は一族を殺されてから心が死んでいます。

57話

王伯当が蕭美娘を連れて瓦崗寨に戻ってくる様子を目撃する竇線娘。
蕭美娘を迎えた李密は、「宝のためなら国もすてられる」と考えている。
蕭美娘は最初からこうなる事を予測して、大胆な事をする李密に目を付けたのだとしたら凄い女です。

羅成に話をしにきた単盈盈はだが、羅成は何も答えようとしない。
単盈盈は相手にしてくれない羅成と縁を切るという。
瓦崗寨は李密が蕭美娘と玉璽を交換した話で持ち切りになる。
この機に、非難する者を反逆者として一人残らず始末するのだという蕭美娘。
大切な玉璽をそう簡単に手放しては不信感を抱きそうなものですが、蕭美娘の考えは恐ろしいですね。

そこに単雄信が抗議しに李密を訪れ、瓦崗寨を去ると言い放ち、秦瓊たちは単雄信を見送った。
徐道士に、主を選ぶべきだと竇建徳からの伝言を伝える竇線娘。

瓦崗寨に戻ってきた翟譲が李密に抗議すると、暗殺されてしまう。
李密は蕭美娘にそそのかされてしまったのでしょうか?

李密を皆を呼び出すと、翟譲が殺そうとしてきたと言い逃れる。
徐茂公と魏徴は力を見込んで瓦崗寨を出ていき、李淵の元へ。
それから次々と瓦崗寨の者が散り散りに出ていってしまう。
いずれ瓦崗寨は消滅してしまうのでしょうかね?

単雄信が洛陽を訪れ、王伯当は猛将の単雄信を留めようと、娘の玉花を嫁がせようとする。

55話~57話の感想

ようやく楊広が倒されましたね。
その際密かに皇帝の座を狙っていた宇文化及ですが、残酷な人物なので瓦崗軍によって未遂に終わって良かったです。

宇文化及の言いなりだったせいで、最後まで玉児の心を動かせずに亡くなった宇文成都。
根は悪い人じゃないんだろうけど損な役割ばかりで同情しました。
今まで宇文化及に抑圧されていた李淵が、今では大きな力を持っているのは意外でしたね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です