隋唐演義 -あらすじ-58話-59話-60話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
身勝手に愛する蕭美娘と玉璽を交換した李密。
当然瓦崗寨の英雄たちは散り散りに出ていってしまいます。
陳から隋と続いて、今までの歴史は女色によって国が滅んでいますね。

瓦崗寨を築いてきた翟譲は李密に殺されてしまう。
元から予想のつかない行動で成り上がってきた李密です。
最近は瓦崗寨に貢献していく姿もありましたが、蕭美娘にそそのかされてとんでもない事をしてしまうのではないかと不安ですね。

【隋唐演義】(ネタバレあり)

58話

玉花を娶った単雄信。
各地で狼煙が上がる中、享楽にふける李密を羅成は抗議しに訪れる。
羅成が槍を蕭美娘に向けると、李密は羅成を斬首にしようとした。
すると秦瓊と程咬金が現れ、羅成と共に瓦崗寨を去っていく。
輝かしい瓦崗寨の姿はもうすでになくなりました。

もぬけの殻になった瓦崗寨だが、李密に恩を感じている王伯当は残る事に。
洛陽を訪れた秦瓊たちを王世充は歓迎する。
王世充は李淵を倒すために戦力として何としてでも秦瓊たちを留めたいようです。

洛陽にいる単盈盈を訪れた羅成は愛を告げた。
王世充が勢力を増しているのを警戒した李淵は、兵を各地で集める。
刀鍛冶をしていた尉遅恭は、李世民が募集する軍への志願を決意。
この時代には多くの英雄が眠っているようです。

兵を募りながら半日も放っていると知った尉遅恭は、李世民の元へ乗り込んでしまう。
李世民らは兵を募集しておいてのんきに酒を飲んで放置しています。一体どういうつもりなんですかね?

王世充は瓦崗寨まで勢力を広げようとし、身内を傷つけたくないからと、残っている王伯当を単雄信は味方に引き入れようとする。

59話

王世充の密偵に気付いた秦瓊と玉児。
ただでは洛陽を去れそうにはないですね。2人は仕える相手を慎重に選びたいようです。

王世充は力比べで先鋒を募集し、腕を見せつけた尉遅恭が任された。
僅かな兵で迎え撃つ王伯当に、王世充は投降を求める。
応じない王伯当に、王世充は瓦崗寨の中にまで侵入した。

危機を感じて李密に報告する王伯当に、戦地に戻れと命じる蕭美娘。
怒った王伯当は蕭美娘を殺害し、李密を連れ出すが、王世充の弓に射られて亡くなった。

事態を知った秦瓊たちは洛陽を去ろうとするが、王伯当は自害したと偽る王伯当。
王世充に白壁関を攻められていた李淵は、李建成と元吉を向かわせる。
尉遅恭が活躍していたようです。李家は惜しい人材を逃しましたね。

そこで李淵は尉遅恭を服従させようとした。
徐茂公は程咬金に接触し、秦瓊たちを味方にしようと説得する。
秦瓊と程咬金は病の羅成を置いて李淵に加勢し、程咬金は尉遅恭に勝負を挑む。

武器を弾かれた程咬金は退散し、続いて秦瓊が相手になる。
途中で程咬金が勝負に加わるも2人とも敗れ、秦瓊は捕えられてしまう。

60話

唐の情報を吐かせようと拷問されそうになっていた秦瓊を、尉遅恭が助ける。
尉遅恭は英雄を慕っているようです。

それから秦瓊を助けにきた李世民を見直した尉遅恭だが、王世充に恩義を感じているという。
戻った尉遅恭を宋金鋼は捕えようとするが、尉遅恭は剣を向け、戦を境に刀鍛冶に戻るつもりでいる。
尉遅恭は李世民の募集ではなく、その兄弟の募集にいたみたいです。

尉遅恭は怪我のため秦瓊に敗れ、戦地を去っていった。
李世民は尉遅恭を仲間にしようと説得しに訪れるも、断られる。

すると宋金鋼の追手が尉遅恭を待ち構え、命を奪おうと襲い掛かった。
相手を全員倒したものの、義父を失ってしまう尉遅恭は戦地に戻ると決意。
白壁関に戻った尉遅恭は一人で宋金鋼らを倒し、李世民に服従する。
尉遅恭はかなり強いんですね。

それから唐軍の士気は急速に高まり、秦瓊たちは次々と土地を取り返していく。
王世充を捕えよと命を受けた李世民に、単雄信は寛大に扱うよう頼む秦瓊たち。
単雄信は李淵に一族を殺されています。再び秦瓊たちの味方に加わるかは怪しいですね。

一方、秦瓊たちと離別したという単雄信は、秦瓊たちの相手を任される。
洛陽を攻める役を引き受けた尉遅恭。
羅成を相手した尉遅恭はいったん退却する。

58話~60話の感想

李密が蕭美娘のために玉璽を手放した事で瓦崗寨はもぬけの殻に、瓦崗寨を離れた英雄は王世充と李淵に分かれてしまう。

せっかく築いた輝かしい瓦崗寨も、身勝手な李密と蕭美娘のせいで崩壊してしまったと思うと悔しいですね。

単雄信は王世充に付き、命とはいえ一族を李淵に滅ぼされたのを根に持っているのでしょうか?
味方だった両者が敵同士になってしまうのは残念です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です