麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回崔彩屏も珍珠も流産してしまい、広平王府は不幸続きでした。そこに崔彩屏が王妃となったり、何霊依の疑惑を李俶が信じてくれなかったり、李俶と珍珠の間に亀裂が…
そしてここから、珍珠の周りは李俶との不仲をあおる敵と、珍珠の存在を憎む敵ばかりだったと気づかされる事件が勃発してしまいます。
安禄山も味方ヅラして李俶を憎ませて情報引き出そうとするし、楊国忠も敵、皇太子も敵、何霊依も敵、さらに新しい敵がわんさか登場~!珍珠恨まれすぎ~♪

そして、山あり谷ありの李俶と珍珠に対して、これまで鉄壁の安定を誇ってきた李倓と林致の夫婦ですが、密かにくすぶっていた張氏問題が一気に大炎上、林致も大ピンチとなっちゃいます!林致何も悪くないのに~!

今回ご紹介するのは22~24話ですが、珍珠も林致もどうなっちゃうの?な展開を見守っていきましょう~!

【麗王別姫】(ネタバレあり)

22話「想い人との決別」

李俶と珍珠は、皇宮の皇太子夫妻を訪れていた。
李俶は「楊国忠を抑えるために牽制すべき」と主張するが、皇太子は「崔彩屏を王妃に立てて、楊国忠を抱き込め」という。李俶にとってそれは楊国忠に王府が牛耳られることになるので拒否。珍珠を王妃にという気持ちは変わらない。
また出た!皇太子の保身…その保身がいい方に出たことないと思うんですが~

珍珠は張氏の許しを得て、念願の尚宮局に入ることができた。例の令牌の図案は皇太子府のもので、また沈家襲撃の後に、皇太子府の間者が令牌を新たに作り直したという記録があった。皇太子と李俶が共謀したのではと考え、珍珠はただ呆然とするばかり…
珍珠~前提が間違ってるんじゃないのかな~?なんだろうこの違和感…

珍珠の足は、崖に落ちた後に一夜を過ごしたあばらやに向かっていた。そこで、沈家の現場に落ちていたのと同じ鳥の笛を見つける。珍珠を捜しに来た李俶がそれを見て「自分が私兵を呼ぶ時の笛だ」と言うのを聞き、珍珠はショックを受ける。
敵を愛した上に身ごもった、という事実にうちのめされ、珍珠は「今日からは李俶は沈家の敵、一族の命の代価を払わせる」と、太湖の思い出の玉佩を池に投げ捨てる…
ここのシーンですが、皇宮にいた珍珠が「尚宮局にいないからここではと」って思いついて李俶があのあばらやに来るって、それはいくらなんでも無理があると思うのですよ…

林致は珍珠の全快と李俶の無実を祈って、大興国寺に参拝していた。寺の裏山には薬草が生えているので採っていこうとしたが、そこで足をすべらせて転落する。
衣服の汚れを近くの邸宅の池の水で洗っていたところ、聞き覚えのある女の声が。覗いてみたら、密会する男女の片割れは義母の張氏。不穏な会話に動揺して、立ち聞きに気付かれて追われてしまう。林致はなんとか逃げおおせたものの、手巾を落とし、それを拾った張氏は誰がいたのかを察する…
張氏の「祈祷」はやっぱり…何も悪くない林致が巻き込まれるのはかわいそうです~

林致は朝廷の恐ろしさを知り、機を見て二人で各地を遊歴しようと提案するが、家族思いの李倓は長安に留まって力になりたいのだと言う…
そこで珍珠に相談しようとするが、李俶のことで衰弱している様子に驚いて話せない。
珍珠は林致に、李俶に飲ませる毒薬を出してくれと頼む。林致は悩んだ末に、「使う前によく考えて」と言って薬を渡す。
珍珠は汁物に毒薬を入れるが、李俶に異常はなく、林致が毒をくれなかったことを悟る。
それで林致を責めるが、安のことを指摘され、珍珠は「安が見つかるまでは死ねない」と思い直す。
林致があれもこれもしょい込んでいくのが見てられないです。珍珠も、毒を林致に頼むのはどういうことなのか、よく考えてみろ!って思いますよね~

林致の荷物持ちと偽って慶緒を王府に呼び寄せるが、安の行方はいまだにわからない。慶緒は李俶が沈家の敵と聞き、李俶を殺すと息巻くが、珍珠は安を見つけるまではと軽挙を戒める…
慶緒の「殺す!」が怖い~目がイッちゃっててマジ怖い~~~

23話「伝わらぬ誠意」

慶緒は「敵討ちが終われば珍珠は私のもとに来る」と喜ぶ。林致は、珍珠の心が壊れたのに、と身勝手な考えを非難するが、「今は壊れていても、元に戻してみせる」と聞かない…
林致がたびたび広平王府に出かけていくので、李倓はすねて、不在の時も寂しくないようにと、民の間で流行っている「同心結び」をお互いの手首に結び、二人幸せをかみしめる。
しかし張氏が参内せよと命じてきたことで、林致は憂鬱に…
慶緒ってまばたきしないから目が怖いんですね…

李倓と林致はともに皇太子夫妻のもとへ参内するが、元気のない林致に張氏が「大興国寺裏の別邸で静養したら?」と話を振ってきたので、林致は動揺を隠せない。
侍女が林致の手巾を調べたところ、先日の落とし物の手巾と同じ刺繍があったと報告。張氏は史思明との密会を林致に目撃されたことを確信する。
林致はただひたすら善良なのに、幸せになってほしいのに、どんどん泥沼に…

珍珠は李俶が安を軟禁しているのではないかと疑い、紅蕊に王府の蔵を全部探させたが、安の姿は見つからなかった。李俶の書斎を調べてみると、隠し部屋を発見。中にいると李俶と風生衣が戻ってきて話を始めたので、立ち聞きすることになってしまう。
物音に気付いた李俶は、隠し部屋を開けて珍珠を発見する。「うっかり仕掛けに触れた」という珍珠を信じる李俶だったが、珍珠はその優しさに困惑する…
沈家の隠し部屋もでしたが、王府も簡単に見つかりすぎてセキュリティヤバい…

李俶は安禄山の動きに謀反を確信し、郭子儀や高仙芝らの抜擢を朝廷に願い出て、北の辺境の警備を強化すべきと考えた。しかしその策を実現するために、一見楊国忠の働きかけによって抜擢されたかのように工作したのだった。
そのため郭子儀は悩み、奸臣と組むくらいならと職を辞そうと考えていた。そこで李俶は自分が仕向けたことだと打ち明け、安禄山の反乱に備えて協力を誓い合う。
郭子儀は唐の時代には珍しい?忠臣です。今後の活躍に期待したいですね~

素瓷が王府の帳簿にない別荘の存在を聞きこんできたため、珍珠は静養という名目で別荘に滞在を願い出る。李俶はそこにはたまにしか来ていないが、部屋が20間もあるという。
そこに安禄山の密使が来て、敵討ちのために、李俶だけではなく皇太子が重臣と結託したと分かる証拠か帳簿を見つけてほしいと要望。しかし敵討ちのために唐に危険をもたらしてはと考えて、珍珠は、渡せるものは何もないと断る…
珍珠の捜索はズレてるんだか真相に近づいているんだか、だんだんよくわからなく…

李俶のところに崔彩屏が訪れて、「決まりでは五日に一度は王妃のもとを訪れ、お世継ぎを残すのが役目」と言い、現状を陛下や楊貴妃に訴えると暗に脅してきた。
しかし李俶は逆に軽蔑し、事実を話し泣き叫べばいいと突き放す。詫びて縋りつく崔彩屏に、李俶は「王府の警備を強化したので、変な動きをするな」と釘を刺し、珍珠を慰めに別荘へ行く、とあてつけてみせるのだった。
しかし訪れた李俶に、珍珠はよそよそしい。二人の溝もまた埋まらないままだった…
決まりを盾に脅したところで人の心が動くわけじゃないのに、崔彩屏がここまでみじめになるとは…。それで珍珠への恨みをかえって拗らせるんじゃないですかね?

林致と慶緒が咸陽での安の目撃情報を持ってくる。慶緒の「私が安を見つけ、李俶を殺したら、私と結婚してくれ」という言葉に珍珠は困惑。李俶のことは憎しみしかないが、慶緒には自分では駄目だと思う。
林致に「李俶との関係を考え直して」と説得され、「愛は消えた」と答える珍珠だが、その表情は悲しげだった…
珍珠は期待を持たせてるわけじゃないけど、慶緒を利用するのはよろしくない…

林致は、張氏の侍女に代わって香炉を持って張氏のところへ参内する。
張氏はちょうど侍医に診察されていて、懐妊と診断されていた。林致は、皇太子が高齢で不妊だと知っていたため、震えて香炉を取り落しそうになる。その様子を見て、張氏は林致が密会だけではなく妊娠の真相のすべてを知っていると確信する…
珍珠が「黙ってた方が」ってアドバイスした皇太子の不妊ですが、やっぱりあの時皇太子には言った方がよかったんじゃ…

24話「行方知れずの2人」

張氏の飼っているオウムが、覚えた言葉を繰り返していた。
「皇太子は役立たず!皇太子は役立たず!」
この鳥は史思明が密会の時にくれたものなので、そんな言葉を覚えていたのだ。
張氏は、側に仕える宦官の李輔国に、鳥も林致も余計なことを知りすぎたから、殺すようにと命じる。さらに李輔国の助言で、親友の珍珠も聞いて知っているかもしれないから、二人とも口を封じるようにと。そして林致は何者かに連れ去られていた…
李輔国!出てきました!高力士と並んでこの時代をかき回した宦官です。なかなか出てこないなぁと思っていたのですが、出てくるなりいきなり黒いです~

林致は馬車のなかで目をさまし、拉致されたことに気付く。自分を殺そうとした男に手持ちの薬で目つぶしし、もう一人の男に切り付けられたものの、逃げることができた。しかし、助けを求めた相手がよからぬことを…
その頃李倓は、林致の行方が分からず大騒ぎ。王府のもの総出で探せと命じる。
張氏は、林致に逃げられたとの報告を受け、林致も珍珠も必ず殺せと命じる…
林致~逃げて逃げて~!ああもう悪人しかいないなんて…

林致を心配している珍珠のもとに、建寧王府の侍女・萱草が面会に来て、林致がある茶楼に安の情報を得るために立ち寄ったということを知らせる。
そこで珍珠はその茶楼「香茗居」に紅蕊と出向くが、珍珠が一人になったところで眠り薬をかがされる。これは何霊依と東則布の情人・阿奇娜が手を組んで珍珠の誘拐を企んだものだった。阿奇娜は東布則の敵は珍珠だと思い込んでいたのだ。
その異変を察してかけつけた紅蕊は、何霊依によって殺されてしまう…
阿奇娜の勘違い暴走ぶりが、珍珠とまんまかぶりますね。そして紅蕊がなんてこと…

同じ頃、「香茗居」には李婼に誘われた慶緒が来ていた。李婼は案内される珍珠の姿を見つけるが、そのまま黙っていた。
李婼は林致が行方不明だと話し、林致と同門の慶緒なら何か事情を知っているのではないかと尋ねる。慶緒に心当たりはないが、自分たちの師匠なら連れて行くこともありえる、と話す。
そして珍珠が入れられた箱を担いだ西域の男たちが、二人の横を通り過ぎて行った…
李婼は林致にかこつけて会いたかっただけじゃないかと。慶緒と林致が同門設定、忘れてました…師匠って誰でしたっけ…

嘘の報告をした侍女の萱草は、礼金をもらってすぐに何霊依によって口封じされた。李倓は役所に届けて捜索させようとするが、王妃の失踪が公になったら林致に傷がつくから、と李俶が押し止めるが、その頃すでに林致は人買いに売り飛ばされていた。
そこに素瓷が珍珠たちも戻らないと知らせに来る。珍珠を呼びだした萱草は遺体で発見され、そこからようやく「香茗居」につながるが、茶楼にかけつけた李俶たちが見たものは紅蕊のなきがらだけだった…
王府の侍女でも簡単に金で動くんですね、前にも珍珠がやられてたけど…侍女たちも生家は貧しいから、買収に応じてしまうんですね~

珍珠は目覚めると、馬車で運ばれていたが、盛られた薬のせいで目が見えず声も出せない。
どうやら金城郡に向かっているようで、こんな時になぜか李俶の助けを思う自分が歯がゆかった。犯人が「お前は東則布の墓に供える」と言ったことから、相手が阿奇娜だと気づくが、珍珠は「敵を討つまではまだ死ねない」と思うのだった。
紅蕊が殺された時、えらく派手に血が飛んだのは、珍珠の顔をわからなくするため?

林致も珍珠もまだ見つからず、李俶たちは憔悴を深めていた。
紅蕊と萱草の遺体の傷から糸口を見つけようとするが、西域の彎刀が使われていたことから、李婼が茶楼で黠戛斯(ばかす)の人間が大きな箱を運んでいたのを思い出す。西域へ向かうなら金城郡の関所を通る、と李俶は急いで馬を飛ばす…。
李婼ちゃんナイスアシスト!しかし何霊依は自分の痕跡を絶対残しませんね…

阿奇娜の一行は金城郡の関所に到着していたが、「黠戛斯の使者で、朝貢を終え国へ帰る」と説明。李俶によって検問の強化の命が出ていたが、関所の上官が阿奇娜の詭弁とわいろに丸め込まれ、荷を改めずに通してしまう。
そして李婼から珍珠が茶楼で浚われたと聞いた慶緒もまた、西域を目指すのだった…
金糸猴は、昔は孫悟空のモデルとか言われてましたが、最近はその説は否定されてるんですね。贈り物というのは薬用に使うらしいです♪

22~24話の感想

珍珠と林致ダブル誘拐のインパクトが強くて、他の問題がかすむのですが、崔彩屏が李俶に縋って拒絶くらうシーンも相当ひどかったですよね~。あの崔彩屏が、ですよ?プライドをかなぐり捨ててるのに、李俶が思いつく限りの最大のNOを言ったって感じで、あれはちょっといくら崔彩屏でも立ち直れませんよね~。
でも、ここにきて突如張氏がブラック女王の座に上り詰めてきたので、前回の後宮いけず天国だった時期がほのぼのとして懐かしかったなっていう、間違ったことを思ってしまいます。どんどんドロドロのレベルがアップしてきてますね!

張氏も、最初は気配りするいい継母じゃない?と思ってたんですが、思った以上に黒かったですね…皇太子の妃ですから、順当にいけば未来の皇后です。知りすぎた鳥、知りすぎた嫁をサクっと殺す命令出せるくらいでないと、後宮の主はつとまらないのかも。
まさか、自らの野心のために他の男の種で皇帝の跡継ぎを産もうとたくらむとか、そこまでやらかすとは思いませんでした。巻き込まれた林致が心底かわいそうです~。

そして阿奇娜… 何霊依に珍珠が殺したって吹き込まれたんでしょうね~。嘘で誤解して敵打ちに夢中になって周りが見えていない様子はまるで同じだと、珍珠が何かを感じてくれるといいのですが…

そしてまた安は見つからなかった~!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です