麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、珍珠と林致が誘拐され、珍珠が発見されたものの今度は李俶が毒に侵され、そして林致はまだ見つからず…という、怒涛の不幸の連鎖でした。
張氏が林致と珍珠を二人いっぺんに殺そうとしていたと知っていたら、何霊依も李俶が危ない目にあうようなことはしなかったと思うのですが、運命はなかなか皮肉なものですね。

今回ご紹介する内容では、林致と李倓にさらなる試練が襲い掛かります。
林致がかわいそうでかわいそうで、見ていられません…
28話~30話は「李倓のバカー!」と何度も叫びそうになる、切なく苦しい展開です。
共に耐えていきましょう~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

28話「売られた王妃」

李俶は昏睡から目覚め、可汗らを安心させる。
珍珠をそばから離さず世話をしてもらえることが、李俶にはうれしくて仕方がなく、李婼に冷やかされるほど。
このチャンスに殺さないとか、珍珠優しい(それ絶対違う)

都では林致の失踪が「男と駆け落ちしたから公にできない」という噂に。しまいには王府に診療所を設けていたことも「節操無く男の患者も診ていた」と悪意で語られており、それが酒楼で酒浸りの李倓の耳に入り、噂した者を殴り倒す。
見かねた友人たちは李倓を「酔紅楼」という高級妓楼に連れて行くが、そこは林致が売られた店だった。客をとれと女将に拷問され、果てに客に襲われていた林致をようやく李倓が発見、大乱闘の末に林致を連れ帰る…
その噂、張氏がわざとばらまいてたんじゃないかと思うほど酷かったですね。同心結びが二人を引き合わせてくれたわけですが、まだまだ悲劇は続きます…

王府に戻った林致はおびえるばかりで、何があったのか誰にさらわれたのか説明できない。林致は李倓にそばにいてほしいと訴えるが、復讐に燃える李倓は出かけて行ってしまう。
錯乱した林致は体を何度も洗い、着ていた衣を燃やす。李倓も「酔紅楼」に火をつけてすべてを消し去ろうとする…
あんなに幸せそうだった二人が…何も悪いことしてないのに。李倓はここまで不幸らしい不幸にさらされていなくて、ダメージに弱かったんですね~

可汗らは牢獄の阿奇娜に会い、李俶を殺せたと思っていた阿奇娜は愕然とする。
林致の行方や珍珠誘拐の黒幕について、阿奇娜の唯一の肉親である祖母との再会をほのめかして白状を迫るが、阿奇娜は重要な情報については口を閉ざす。
祖母が実はすでに死んでいたと知った阿奇娜は、李俶と珍珠に呪いの言葉を吐きつつ毒で自殺してしまう…
阿奇娜が「(李俶は)配下に裏切られた」と言って死んだことで、王府の者が主を鞍替えし、さらに強大な黒幕に操られているのではないか、と李俶は気付くのだった。
阿奇娜もそんなヒント残して死ぬなら、最後まで言っていけばいいのに~

珍珠は「紅蕊を死なせたのは、自分が李俶に嫁いだせい」だと悔やむ。過去を変えたいという珍珠に、慶緒は「諸悪の根源の李俶を殺せ」と覚悟を迫る。
その二人の会話を聞いていた李俶は割って入るが、慶緒が「珍珠を不幸にするなら譲ってください」と李俶に突きつけたことで、お互いに剣を抜く事態に。しかしその一触即発の状況を可汗に止められる。
またもや李俶の立ち聞き出た!内容全部聞いてたらショックすぎるかも…しかし慶緒はほんとに後先考えないですね~

可汗は李俶に、珍珠のためにと沈家の惨殺事件の詳細を尋ねる。李俶は当時、沈家の警護のために私兵を遣わしたものの、全員が無抵抗でひと太刀で殺されたのだった。そんなことのできる手練れが不明のため、事件を解決できていないのだと…
それを聞いた可汗が「無抵抗だったのは、相手が味方だったのではないか」という視点を提示する。そのことで李俶は何霊依への疑惑を再認識し、早く長安に戻らなくてはと…
可汗のいいお節介のおかげで、ようやく事態が進展しそうですね~サンキュー可汗!

李俶と珍珠、そして慶緒と李婼はともに長安に戻ることになる。慶緒は「これで帰京の途中に李俶を殺せ」と、猛毒が塗られた短剣を珍珠に渡す。
慶緒は護衛の風生衣を離脱させてから、一行が賊に襲われるという計画を立てていた。両親の仇を討つ絶好の機会だと言われ、珍珠の心は揺れる…
珍珠に討たせることで、気持ちの上でも断ち切らせる計画なんでしょうけど、珍珠の性格無視したリスクの高すぎるプランじゃないですかねぇ…

林致は繰り返し体を洗っても、まだ納得できず、さらに洗うのを繰り返していた。李倓は林致を中傷した侍女を杖刑に処したりして、王府は混乱状態にあった。
李倓は人買いを探し出すことに夢中で、李倓にそばにいてほしいという林致の想いと痛みに向き合おうとせず、すれ違いが続いていた…
広平王府の張得玉もですが、建寧王府の宦官常喜も主の幸せを陰からそっと配慮する忠義の人ですよね~。この二人の宦官には幸せになってほしいです!

29話「変わり果てた友」

林致と李倓は二人の関係を修復しようと努力するが、林致は事件を忘れようとするのに、李倓は犯人を罰しないと気が済まない。さらに李倓は林致の肩につけられた「娼」の焼き印を見てしまい、逆上する。李倓は侍医に消させようとするが、林致は他の者には知られたくないから自分で消すと言う…
李倓が林致を隙あらば責めようとしてしまうのがつらくてダメすぎます…

張氏は侍女の霊児から「林致は生きていて、王府に戻った」と報告を受け、自分の不倫を李倓に知られたのではないかと不安になり、林致を見舞う。
林致が不安定なのを見た張氏は、さらに追い込んで林致を錯乱状態にするが、焼き印を隠そうと小刀を自分に突き立てる愁嘆場を見て、さすがに逃げ帰る。
帰宅した張氏は、皇太子に林致の「口さがない噂」を聞いたと吹聴。皇族の名誉を心配するふりをしつつ、張氏はさりげなく林致の離縁をすすめる…
張氏、許さん…ほんとサイテーです…

李俶たちの一行は長安を目指していたが、李婼は慶緒と一緒にいたくて、彼の行き先が長安なのか范陽なのか気になって仕方ない。
しかし慶緒は李俶の暗殺計画しか頭になく、風生衣を遠ざける合図として「珍珠がいつもしている母上の形見の腕輪がない」と指摘する。李俶が風生衣に回紇皇宮に取りに戻るよう指示し、慶緒配下の刺客が近づこうとしていた。
珍珠の緊張に李俶が違和感を感じていた時、事態を察知した可汗が腕輪と風生衣を伴って旅団に追いつき、都まで可汗が付き添うことで計画は頓挫してしまう。
范陽に戻ることにした慶緒は、珍珠に「また李俶を暗殺する機会を作る」と話す。李俶はそれを聞いてしまい、二人が暗殺を企んでいたことを知る…
またまたサンキュー可汗!そしてとうとう李俶が珍珠の闇落ちを知ってしまいました!

慶緒は安禄山のもとに戻って不首尾を報告するが、他の兄弟の成功と引き比べて叱責される。さらに信用していた義兄弟・楊光翽が実は楊国忠一味で、慶緒から情報を引き出すための裏切りの接近だったことを知らされる。
安禄山寵愛の側室・段氏の懐妊報告を聞かされ、慶緒は自分自身を守るため、そして様々な怒りのはけ口を楊光翽殺害にぶつけるのだった…
寵姫に子供ができるのは、強力な母のいない兄たちにはピンチ、ですものね。その点、李俶たちは張氏の出産にずいぶん寛容というか危機感もってない感じですけど

一行は王府に到着し、無事の珍珠の帰還を素瓷が涙で迎える。
しかし崔彩屏が帰宅を待ち構えていて、わざわざ「林致が妓楼に囚われて傷物になった」と告げ、珍珠は不在の間の事態に衝撃を受ける。
急いで会いに行くが、林致は半分錯乱したような状態で、何日も寝ずに李倓の布団を縫っていた。当の李倓は林致に会うのを避け、一日中外出して泥酔して帰宅する状態という…
珍珠が傷つくのを見るためなら、婚家の不利でもおいしいネタで、気合入れて着飾ってわざわざ珍珠の帰宅を出迎える女、崔彩屏… 実は彼女のそういうとこ嫌いじゃない…

酒楼で泥酔した李倓のもとに李俶が来て「酒に逃げず立ち向かえ」と叱責する。李倓が酔紅楼を燃やすなど暴走した結果、噂はさらに炎上していたのだ。
林致に寄り添ってやることはしない李倓に、実は自分自身を責めつつも、本心は林致が汚れたことが許せないのでは?と、李俶から図星をつかれてしまう。
頭を冷やせと李俶からも突き放され、李倓はどうしたらいいかわからない…
李倓にしたら、李俶が不在で単独でやったことが全部裏目、っていう己の無能さにも直面したわけで…もうそれ以上追い込んでやるなよっていう感じではありますよね~

風生衣の尾行で、素瓷と安禄山の密偵の接触が判明し、「珍珠は李俶暗殺の目的で安家から送り込まれたのでは?」という疑念が発生するが、李俶はにわかに信じられない。
真相を突き止めるべく珍珠を尾行すると、安禄山の密偵と接触し、密偵に「李俶と郭子儀が作成した地方の防備図」を要求されているのを聞いてしまう。珍珠が「李俶を討つ目的のために手を組んだだけ」と言うので、李俶は場に飛び込んで密偵を捕え、珍珠と二人で話をしようということに。
珍珠は、李俶が独孤家の麒麟令のことなど、今までの不信のすべてをぶちまけ、李俶が黒幕なのだろうと小刀をつきつける…
立ち聞きマスター出ました!しかしここにきてやっとぶちまけましたね~これでやっと二人の間の誤解が解き明かされますかね?

30話「断ち切れた絆」

珍珠に小刀をつきつけられても、李俶はひるまず真相を語ろうとする。鳥の笛は事前に沈易得に渡していたこと、楊国忠が麒麟令を狙って沈家を訪れていたから、沈易得の娘を娶ろうとしたことなど、すべては沈家を守るためだったと。
しかし珍珠は李俶の話を信じようとしないため、現場を見ていた安の証言を待とうということに。麒麟令を差し出して安の居場所を聞こうとする珍珠だが、李俶は「そんなものは欲しくない」と拒絶。珍珠はますます混乱してしまう…
こうなると安は最大のキーマンですね。不仲を煽って情報を引き出そうとしてきた安禄山サイドにしてみたら、安は生きていては困る存在ということになります…

皇太子の呼び出しにも応じず泥酔している李倓に、とうとう皇太子は怒りを爆発させ、林致の皇籍を剥奪して離縁しろと命じる。張氏も一緒になって早々の離縁を勧めてきたため、李倓は「同じことが自分の身に起こって腹の子の父を疑われたら」と口走り、張氏は李倓に何か知られたのではと焦る。
しかし何も知らない皇太子は、張氏を中傷されたとさらに激怒し、李倓を蹴り飛ばす。
このまま放置すれば、陛下から王妃の縊死を命じる密旨が届く、と言われ、李倓は呆然…
林致は何も悪くないのに、皇族の傷をつけたという理由で死刑だっていうのはひどすぎますよね…皇帝から白い絹が届いたら「死ね」のメッセージですよ…

李倓が自室に戻ると、中には妓楼の女が控えていた。「汚らしい体で私の床に入るな!」と怒鳴りつけて追い出すが、その怒号を林致が聞いて、拷問が脳裏によみがえる。
李倓は離縁勧告しなければという思いから、すがる林致をふりきろうとする。それを見ていた珍珠は李倓をひっぱたいて叱責するが、李倓はそのまま家を出て行ってしまう。
珍珠は林致を自分のもとへ引き取って慰めるが、二人ともそれぞれ「彼と出会っていない過去に戻りたい」という思いをかみしめるのだった…
この妓楼の女を遣わしたのも張氏ですよね、きっと…

翌日、文謹閣に李倓が訪ねてきて、離縁状を渡されたことで林致は自殺を図ろうとする。珍珠は阻止したものの林致の絶望は深い。
李倓も雨の中で自暴自棄になり、帰宅後に倒れて重篤に。侍医たちの能力では限界があり、救えるのは林致しかいない。そこで絶望の林致のもとに李俶が助けを求めに来る。珍珠はそんな仕打ちを責めるが、医師として見殺しにはできないと、林致は治療を決意する。
林致だって眠らず食わずでフラフラなのに、なんという理不尽…

やってきた林致を見て張氏は追い出せと怒鳴るが、林致と李俶の説得で治療を施すことに。
肺に水がたまっているのを荒療治で乗り越え、李倓の容体は峠を越す。そこで皇太子は林致を即座に追い出そうとするが、林致が「意識が戻ったらすぐに去ります」と懇願し、献身的な看病で李倓の意識を回復させる。
林致は目覚めた李倓に離縁状を手渡し、引き留めるのを振り切って別れを告げる…
この皇太子と張氏の下劣さ…皇太子はただのダメ男ですけど、張氏、お前は許さん…

28~30話の感想

珍珠と李俶の関係は、やっと本音ぶちまけて浮上のきっかけが見えてきたような感じがありますが、林致と李倓は… 元がラブラブの幸せカップルだっただけに、見ていてつらくなりますね…。
林致が張氏の秘密を知ってしまって、林致を殺すつもりで失敗したのが、さらに惨い生き地獄となってしまったという、なんともエグいお話です。
そばにいて欲しい林致と、そばにいるのがつらい李倓とのすれ違いが、二人の絆にひびを入れていく様子とか、中国時代劇の脚本の方々は、実にこういうえげつないストーリーの展開がお上手だと思います。強い絆ほど念入りにぶちこわしていきますよね~。

逆に、張氏と崔彩屏が生き生きとしてて、こいつらいい死に方しないに違いないです。
わが世の春目前の張氏はともかく、崔彩屏が小さいイビリでわずかな幸せを掘り起こしてるのを見ると、「どうした!それでも唐で最も邪悪な一族の末裔か!」とか思ったり…
これから勃発するはずの安史の乱で、それでも彼女らはしぶとく生き残るのかな?
まだまだイライラはつのりそう~。

ところで、30話で荒れた李倓が雨の中で木を切りまくっている場面で、バックで情感たっぷりのバラードが流れたのにお気づきでしょうか。あの曲は李俶役の任嘉倫さんが歌う挿入歌「栄耀」です。なかなかの歌唱力ですね~♪
30話ではもう一曲、林致が危篤の李倓を看病しているところで、男女デュエットの挿入歌が流れていました。これは女声パートを独孤靖瑶役のレジーナ・ワン(万茜)さんが歌っている「為你成全」という曲です。(男声は、同人系音楽出身の音频怪物というアーティストです)
麒麟令にまつわる「独孤家」について、ここまでは再三名前だけが出てくる謎の存在でしたが、これからようやくその姿を現してきます。独孤靖瑶も今後の展開を大きく揺るがす新キャラですので、ぜひ登場をお楽しみに~!
…ということで、次回以降のさまざまな変化が気になりますね~!
そろそろ安ちゃんの安否もわかってくるかな~?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です