麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、李倓が楊国忠の罠に嵌められて、高官殺害の重罪犯にされてしまいました。
林致との壮絶な別離で荒れていたとはいえ、李倓に隙があり過ぎ、楊国忠に暇がありすぎで、綿密に練られた計画に絡め取られて、さすがの李俶と珍珠も苦戦中〜。
二人は李倓を救うことができるのでしょうか、心配ですね!

そして今回ご紹介する34〜36話では、恋する李婼が暴走しすぎて、とうとうあの歴史的大乱の引き金を引く事態に発展!?
ワガママ姫と思い込み男の全然噛み合わない恋愛模様が、とうとう国を傾けてしまうきっかけになる模様を、半ば呆れつつ、ハラハラドキドキ見守ってまいりましょうね〜♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

34話「遺体を巡る攻防」

李倓はようやく事件当時のことを珍珠に語り始める。酔っていた李倓は竇如知を謝らせようとして剣を向けたものの、誰かが背中を押したために剣が刺さってしまったのだと。その者は奴婢の姿で左足を引きずっていたが、それを証明する証人は誰もいない…
しかも李倓は、竇如知の心の臓を剣で刺してはいない、という。でも大理寺の報告書には「剣が心の臓を刺し」とあった。そこで内密に検死を行うことに…
確かに李倓が玄宗の御前でそれを主張しても、言い訳してるとしか思われない…

竇家が「李倓の結審を早めろ」と圧力をかけていたのは、張氏の差し金だった。しかし竇夫人が李俶に脅されて圧力をやめたため、張氏は竇如知を明日火葬してしまえと命じる。
さらに張氏は、楊国忠を通じて楊貴妃を計画に巻き込もうとする…
張氏の黒さに磨きがかかってきましたね…楊貴妃とも手を組むとは…

李俶は馮尚書の屋敷で話を聞くが、事件後庭師の姿が消えているという。その庭師は李倓を後ろから押した奴婢と同じく、左足が悪い男だった。
内密に行った検死では、竇如知の死因は剣の傷ではなく、竇如知が入れ込んでいた錬丹術の金丹の毒のせいだった。しかも竇如知の検視を行った京兆府の陳勇が不審死を…
李俶と珍珠は、この事件には楊国忠だけではなく、京兆府すら操れる大きな背景が潜んでいることに気付くが、それが誰だか見当もつかない。
李倓が嫌うほど尊大で悪徳で、不老不死に入れ込むような人物が張氏の従兄だっていうのも納得ですけど、その死を利用して義理の息子を陥れようって、張氏黒すぎ~

玄宗は楊貴妃が病だというのが気になって、李俶の話も聞かずに追い返してしまう。
楊貴妃は玄宗を待ち構えていて、辛そうな演技で「自分のせいで乳母が死んでしまった」と泣き伏す。楊貴妃は乳母の斉氏に育てられたので、その老後の面倒を見ようと都に呼び寄せたところ、玄宗の寵愛の深い皇族の者が乗る馬に蹴られて死んだのだと…
その者が落としていったという鞭を見て玄宗は顔色を変える。それは李倓に下賜した特注品だった。楊貴妃は以前張氏に窮地を助けられた恩があって、張氏が持ってきた鞭を使って策略に荷担したのだ。
楊貴妃も韓国夫人の姉妹だけあって、崔彩屏につながる腹黒さを感じますね~

李俶に「李倓が庶民に落とされ、剣南に追放される」というしらせが届く。剣南は楊国忠の勢力下であり、このままでは李倓の身が危ない。李俶は風生衣に、最悪の場合の李倓奪還を指示し、自分は紫宸殿前で跪いて玄宗に撤回を訴えるが聞き入れられない。
楊国忠は報告を聞き、自分の思い描いた通りになっているとほくそ笑むのだった。
これもまた宮中ドラマのお約束、跪いての長時間の懇願ですが、今回はタイムリミットに余裕がないので、バラードをバックに雨雪に打たれるまではいかないようです〜

李俶は、帰宅を勧告に来た宦官から「楊貴妃が、李倓に乳母を殺されたと訴えたために、結果李倓は厳罰に処せられた」という話を聞かされる。そして今回楊貴妃が争いに加わった経緯に張氏が関係しているということも。
そこに珍珠が座り込みに参加するが、二人の訴えもむなしく、李倓は剣南へ護送される。その行列のそばを林致が何も知らずに通りすぎていく…
張氏の恩に楊貴妃が報いたように、この宦官さんも李俶の恩に報い… 宮中はどんなところに恩と怨が落ちているかわからない場所ですね~

李俶と一緒に座り込みをしていた珍珠が倒れ、しかも懐妊していたことがわかって大騒ぎ。前の流産のこともあり玄宗や皇太子も一転喜びに沸くが、李俶と珍珠はなおも「罠にかけられた李倓を救いたい」と訴える。
李俶は事件の不審点を説明し、楊貴妃の乳母の事件は「鞭は数か月前に失くしたもの」と。さらに珍珠は情に訴えて李倓の善良さを玄宗に思い出させ、李倓を呼び戻させるのだった。
李俶はそっと「母上も李倓のために奔走しておられた」と皮肉り、張氏を動揺させる…
珍珠は実は妊娠を知っていて賭けに出たのでしょうか?こうでもしないと玄宗が話を聞いてくれないという… どうでしょう、結構怖いその賭け…

風生衣たちが護送の列を襲おうとする寸前、勅命の早馬が到着し、李倓は涙ながらに勅旨を受ける。
李俶は密かに、張氏が李倓を陥れていたことを珍珠に打ち明ける。従兄の竇如知の仇討ちのために動いていたのか、それとも… 二人は改めて張氏に警戒を抱くようになった。
李俶たちは、張氏の悪意には気付いても、野心にはいまだ気付いてないのでしょうか?

35話「郡主の作戦」

李倓の事件は、李倓が杖刑50回に処せられたものの疑惑は晴れ、しかし他のことはうやむやになって決着した。楊国忠は計画が台無しになってがっかりしたが、張氏は、佋の出生のことがばれることもないだろうと林致を放置することに。
ようやく李俶と珍珠に平穏がおとずれたものの、安禄山のことなど不安は尽きない…
杖刑50回は結構エグそうですが、50回までは軽い刑の分類だそうです!ぎゃー!

李俶は、安禄山の勢力を抑えて楊国忠を牽制するため、玄宗に「安禄山を宰相に任ずべき」という奏上を行う。安禄山を長安に呼んで、今の節度使の座を取り上げて勢力を削ごうという作戦だ。しかし楊国忠は即座に反対を唱え、玄宗は李俶と楊国忠の論争を疎んじる。
さらに李俶は安禄山の反乱に備え、李倓に軍隊に入れと勧める。郭子儀の下で兵の束ね方を学ばせようという…。
李俶の作戦は、楊国忠には「あいつ安禄山派につきやがって」に見えますよね~

李婼は手形もなしに范陽に行こうとして、騒ぎを起こしていた。通りかかった素瓷が郡主だと明かしてことをおさめ、李婼を王府に連れて帰る。
すると李婼は李俶の書斎をあさり、珍珠に「官印を悪用して范陽に行くつもり?」と見破られる。珍珠も李俶も、李婼のことを思って慶緒との結婚を反対するが、李婼はまったく聞き入れず、慶緒が珍珠を慕っているから嫌うのだろう、と突っぱねる。
そのやり取りを崔彩屏が隠れ聞いていて、何やら企んでいる様子…
一難去ってまた一難…崔彩屏は慶緒の片思いを今まで知らなかったんですかね?

皇太子も李婼の暴走に激怒し、熱が冷めるまで閉じ込めておこうという事に。
崔彩屏は楊国忠に、李婼と慶緒のことを話し、それで珍珠を陥れようと持ちかける。楊国忠の指示で、崔彩屏は「楊貴妃様がお力になってくださる」と李婼を励まし煽るのだった。
崔彩屏は、楊国忠が最終的には李俶を失脚させるために自分を利用しているのだとわかってないところが痛いですよね~。二人の目的が全然一致してないのに…

楊貴妃は玄宗を巧みに誘導して李婼の元を訪ねさせる。すると李婼が慶緒と結婚したくて寝込んでいるという事情に玄宗は困惑する。しかし楊国忠は「安禄山の忠心を信じるなら、縁談で絆が深まり、挙兵の抑止になる」と勧めて勅旨を出させる。
李俶は慌てて反対するが、玄宗はもうすでに勅旨を出してしまって決めたことだからと聞き入れない。
玄宗は「決まったことを後からごちゃごちゃ言われる」のが嫌いですよね。楊国忠はその性格を熟知していると思います~

慶緒は父・安禄山から「朝廷では常に楊国忠にあら捜しされ、皇太子にも疎まれてきた。玄宗の恩寵はあっても、崩御後はどうなるかわからない。だから自力で天下を取るのだ」と言われたことが頭に残っていた。そしていずれ天下は慶緒のものになると…
ところが、そこに慶緒の入京を命じる勅旨が届く。李婼との婚礼の勅命だと聞き、慶緒は「私が娶りたいのは珍珠だけです」と拒絶する。しかし決起には時期尚早のため、問題を起こしたくない安禄山は、慶緒に結婚を強要するのだった…
慶緒にとって、天下取りも珍珠ゲットのいち通過点とか手段みたいなもんですよね~

36話「仕掛けられた罠」

上京させられた慶緒のもとに李婼がやってきて、婚儀のことについてあれこれ語るが、慶緒は不機嫌に眼を合わせず「どうかこの婚儀を白紙に」と。二人の一方通行の執着心は全くかみ合わない。
そんな慶緒のもとに、「済世堂(林致の診療所)で待つ 珍珠」という文が届く。大喜びで飛び出していく慶緒を見て、李婼は後をつけるのだった…
なんで自分に呼び出しの文が届くと思ってしまうのか、慶緒チョロすぎませんか?

韓国夫人のサロンに、崔彩屏と、噂好きの高官の妻たちが集っている。そこで韓国夫人は「済世堂の医術は見事で、長年子宝に恵まれなかった皇太子妃が身ごもった」と喧伝し、夫人たちを済世堂へと誘う。
その日、珍珠は林致に診察してもらうために済世堂に来ていたが、そこに慶緒が文につられてやってくる。珍珠と慶緒が密会していると誤解した李婼は、珍珠に刀で切りかかるが、慶緒が庇って逆に剣を突き付ける。そこで興奮した李婼が大騒ぎした声が、韓国夫人たちに連れられた夫人たちに聞こえて、格好の話題を提供することになってしまう…
落ち着け…李婼、落ち着け…としか言いようがないのですが、ホントこの策略のエゲツなさには感心させられますね!

珍珠は帰宅した李俶に騒動の説明をする。でっち上げられた醜聞でまた問題が起こってしまったと、珍珠はこの時期に出かけた自分を責める。
李俶は楊国忠の計画の意図を考えた。慶緒が陛下から賜った縁談を拒んだことで、陛下や大臣たちに「安家は寵愛の恩を忘れ主君を欺いた」と思わせ、さらに慶緒を殺せば李俶が疑われるという一石二鳥を狙っているのだと。
楊国忠は安禄山を罪人にしたいが、実際に謀反を鎮めるために唐軍がどれだけの代償を払うかということは考えていない。李俶はそれを阻止できない自分に歯がゆさを感じる…
そして、てっきり李俶と珍珠の間に溝を作れたと思って、夜伽の準備をしていた崔彩屏は、策略が空振りに終わったと知って愕然とするのだった…
楊国忠と彩屏のそれぞれ角度の違う独りよがりが、なんとも言えない腐臭を放って…
珍珠と李俶は二人で李婼を説得し、それが難しかったら慶緒を長安から逃がそうと考える。しかし李婼は先回りして玄宗をせっつき、今すぐに結婚の勅命を出してもらうことに成功し、安府に高力士と勅旨を持って訪れるが、脅されても慶緒は受けようとしない。
そこで高力士は使用人たちを盾にして脅すが、慶緒は勅旨を受けると見せかけて李婼を人質にし、使用人たちを逃がしてから自分も逃走を図る。
楊国忠はその知らせを聞いて、慶緒の罪を重くするために李婼ごと殺せと刺客に命じる。
ここまで存在が地味だった玄宗の大番頭、高力士が活躍しててちょっと嬉しい〜

そこに李俶と珍珠がちょうど安府を訪れて事態を察し、李俶は慶緒の後を追い、珍珠は皇宮へと馬車を走らせる。
慶緒は李婼を連れて民家に逃げこみ、羽林軍に10里離れろと要求する。李俶は羽林軍に下がるように命じるが、羽林軍の何統領は陛下の命にしか従わない、と突っぱねる。
その一触即発の場に、珍珠が「羽林軍は全指揮権を広平王にゆだねよ」という勅旨を持って現れる。珍珠の懸念通り、楊国忠の息のかかった何統領が慶緒を殺そうとしていた。
慶緒は珍珠に説得され、ようやく李婼を解放して逃げる…
慶緒は珍珠に言われるまで安禄山に叱られること忘れてたのでしょうか。慶緒に殺されかけてもまだ諦めきれない乙女心って、大迷惑ですね!

慶緒が范陽に戻り、安禄山から認罪書が届いた。それを見た玄宗は安禄山の誠意を信じるが、楊国忠とその一派が安禄山を非難し、兵権を剥奪すべきだと訴える。李俶と皇太子は「一気に追い詰めず徐々に勢力を削ぐべき」と主張して平行線なので、玄宗はそれぞれの策を見て判断を下すことに。
楊国忠は退出する李俶に声をかけ、「安禄山に関しての我々の目的は同じではないか」と言う。しかし李俶はそれを否定し、「あなたは私利を図っているだけ」と一蹴する…
楊国忠のは目先の陣取りゲームで、国を良くしようという視点皆無ですもんねー

34~36話の感想

李倓の事件は、珍珠の妊娠のどさくさで結構有耶無耶な解決となってしまいましたが、これで李倓が立ち直って、自分の生き方を見直してくれるといいですね〜。珍珠も今度こそ無事に出産できますように。あの盛って盛られて騒動はもうお腹いっぱいです。
それでも崔彩屏が何もしない訳がないのですが。

李婼の強制結婚騒動は、恋愛観の歪んだ二人が愛の手に入れ方を間違うと、こんなに迷惑なことになる、という極端な例でしたが、どちらも妥協できない同士、結ばれて不幸な夫婦となるよりはこれで良かったのかもしれませんね。
しかしこの縁談がうまくいこうがいくまいが、楊国忠にとっては安禄山を追い詰めるゲームでしかないので、安禄山に挙兵しないという選択肢はないのです。そこまで追い詰めちゃダメだダメだと皇太子達がなぜ諌めるのか、最後の瞬間まで楊国忠にはわからないのかもしれませんね。

次回はとうとう、くすぶっていた火種が戦火となって燃え盛る瞬間が訪れます。珍珠は無事に子供を産むことができるのでしょうか。
悲惨な話が続くと、ちょっと幸せなネタに和みますよね。張得玉の一生懸命さとか、私は大好きです〜♪次回はそういうのがいっぱい見られますように!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です