麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-64話-65話-66話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-64話-65話-66話–の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は可汗の「置き土産」の失敗によって、李俶にかけられた暗殺疑惑騒動、そして濡れ衣を晴らすための珍珠の奮闘が描かれていました。それでキーマン薛嵩を連れてくることができましたが、果たして張皇后に引導を渡すことができるでしょうか?

そして葉護とのいざこざで、回紇との協力関係があやしくなってきた広平王府は、ますます独孤家の存在感が大きくなってきています。もうすでに靖瑶の片思い、というだけではすまなくなっているのですが、李俶はそこをどうさばいていくつもりなのでしょうか。
今回ご紹介する64~66話では、とうとうこの靖瑶問題が新展開を迎えます。
珍珠の覚悟は果たして報われるのでしょうか。李俶にぶつけるための石を沢山ご用意いただいて、皆さんで見守っていきましょう~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

64話「捨て駒と漁夫の利」

靖瑶は張皇后から呼び出しを受け、「将軍は李俶と昵懇の仲らしいが」と揶揄され、遠回しに張皇后派への乗り換えを打診される。のらりくらりとかわしていると、張皇后は靖瑶に結婚を勧め、「皇族への輿入れを陛下にお願いする」と言い出す。張皇后は靖瑶の李俶への想いを知っていながら、李俶との関係を引き裂いて自分の駒にしようとしていたが、しかし靖瑶にうまくかわされてしまう。
そこに薛嵩の捕縛が伝えられ、薛嵩に証言されると危機に陥る張皇后は、霊児に「お前の失態だから、何とかしなさい」と対応を命じるのだった…
珍しい靖瑶と張皇后の直接対決のシーンですが、靖瑶は相手が一応皇后なので防戦一方ではありますが、このタイマンは見ごたえのある言葉の殴り合いでしたね~

粛宗の御前に薛嵩が引き出され、李俶に尋問されるが、薛嵩は震えて何も言えない。珍珠は「真実を話せば死罪には処さないとご恩情を」と粛宗に認めさせ、ようやく薛嵩は李俶に濡れ衣を着せたことを証言する。
そして黒幕の名を語ろうとした瞬間、張皇后の横に控えていた霊児が毒針を投げて薛嵩を殺害し、張皇后の首に短刀を当てて人質にとり、「私は吐蕃王に忠誠を誓っている」という芝居を打つ。そこに李係が飛び込んできて張皇后を救出したように見せかけ、李係と霊児は斬りあいを演じ、追いつめられたふりで霊児は粛宗に毒針を放り、李係がそれを体を張って救ってみせた。霊児は侍衛の矢を受けて死んだように見せかける…
まぁなんとも三文芝居でしたね…とっさのアドリブなのか、どこまで仕込みなのか…

李俶は、あと少しで皇后を追い詰められたのに、失敗した上、李係に手柄をたてられたことに怒りを抑えきれない。あらためて李俶は策を伏せていたことを珍珠に詫びるが、珍珠は何があっても信じていると言う。
王府に李泌が訪れ、靖瑶を王府に輿入れさせるべきと進言する。独孤靖瑶を手に入れることは独孤家の兵力も手に入るということで、皇后もそれを狙っているという。李俶は珍珠への愛情ゆえに拒否するが、李泌に「殿下は唐を背負う身、今の場所に踏みとどまっていれば、今の地位どころか建寧王の敵すら討てない」と言われ言葉もない。珍珠はその会話を聞いてしまい心を痛める…
李泌は正義漢なので、李俶に決断を迫る正攻法で直言してきますが、その正しさで切り捨てられる部分が、李泌には痛みがない部分だけになんかムカつくんですよね

李婼は亡き李倓に会いたいと、夜中に霊媒師に教わった方術を試していた。すると、蓬莱殿に向かっていく人影が動くのが見え、李婼は怪しんで探りに行く。
その人影は霊児=何霊依だった。霊児の捨て駒作戦のおかげで李係は趙王に封じられ、李俶より先に親王になったが、霊児は宮中に置けなくなったので、李係の指導にあたることになっていたのだ。
張皇后は「麒麟令には隠された秘密があり、李俶はまだそれに気付いていない」と、独孤靖瑶と麒麟令を手に入れるために、史思明と協力して李係に靖瑶を襲わせる計画を立てるのだった…
宮中の警備ほんとユルユル。しかし、麒麟令にはまだまだ秘密があったとは!

靖瑶は李俶の陣営を訪れ、麒麟令は独孤家の祖先が作った地下金鉱の鍵となっていることを打ち明ける。そしてこの秘密を張皇后が知っているらしい、と。皇后の祖先は独孤家と交流があって、すべてを承知で靖瑶を取り込むつもりではないのかという。その上で、靖瑶は李俶に嫁ぎたいと言うが、李俶は珍珠を裏切れないと断る。
独孤家の兵力や財力は確かに魅力的だが、親友の靖瑶をそんなことで娶って寂しい人生を送らせたくない、と…
落ち込む靖瑶のもとに、史思明からの酒楼への招待が届く。裏表のある史思明に信用はおけないが、靖瑶は裏切り者の史思明がどう釈明するのか見てみたい、と招待を受ける…
広平王府は慶緒によって収入源が、という話がありましたし、もし靖瑶を娶れば王府は独孤家の言いなりに…というわけで、そんな裏しかない美味しい話は危険ですね~

65話「陥れられた将軍」

史思明の誘いを受けて酒楼にやってきた靖瑶は、よそよそしい態度で「父親代わりになりたい」という史思明の口先だけの謝罪に心を許さず、出された酒にも口をつけない。だが媚薬を仕込んであったのは酒ではなく、部屋でたかれていた香だった。酒には逆に解毒剤が入っていたため、史思明は薬の効果が出なかったのだ。靖瑶は必死で酒を飲もうとするが、隠れていた李係がそれを阻止して靖瑶に襲い掛かる。
そこに李婼から皇后の計画を聞いて、李俶が助けに駆けつけて李係を蹴り飛ばす。靖瑶は屈辱に自害をしようとするが、李俶に抱き留められそのまま気を失う…
媚薬を盛って無理やりに、っていうのは「瑯琊榜」をはじめよく出てきますが、意識がふわふわして抵抗できなくなるのは「媚薬」とは違うのでは…と毎度思わなくもない…

靖瑶が翌朝目を覚ますと、そこは広平王府で、李俶が昨夜抱いて連れ帰ったのだと侍女に聞かされる。しかも「李俶が、靖瑶への無礼を叱って李係を痛い目に遭わせた」などという話が町中の噂になっているという。靖瑶は自分の名声が汚されたと知って涙する。
張皇后は、李係の狼藉が粛宗の耳に入る前に、都合よく脚色した話を吹き込もうとするが、すでに粛宗は噂を耳にしていた。そこで張皇后は靖瑶の名誉回復を李俶と李係に競わせて、噂を美談に変えようと提案する。
そして張皇后は何霊依に「先手を打って、李係は陛下のもとに行き、昨夜のことを釈明して

将軍を娶りたい

と申し出るように」と命じる…
馬で駆けつけたからって、そのまま馬で抱いて帰るから~!馬車を用意させるとかすればいいのに、李俶の迂闊さが墓穴を掘ったんですよね~

李俶は目覚めた靖瑶を見舞う。まさか一夜にして長安中の噂になるとはと謝罪するが、靖瑶はもう自分には戦の指揮を執る資格はない、と言うほど思い詰めていた。靖瑶の潔白を証明しよう、と言う李俶だったが、李俶が靖瑶を娶らない限りそれは不可能だった。
珍珠と二人きりになった靖瑶は「私は殿下以外の男には死んでも嫁ぎたくない」と訴え、李俶を庇った傷で一生子を産めぬ体になったことを打ち明ける。子が産めなければ王妃の座を争うことはないから、と懇願され、珍珠は途方に暮れる…
この状況で珍珠に靖瑶の世話を丸投げするとか、李俶なんというダメ夫!そして、うまくやれるだの王妃の座を奪わないとか、靖瑶のこの台詞よく覚えておいてください~

何霊依に入れ知恵された李係は、李俶に受けた傷を目立つように包帯を巻いて参内し、「独孤将軍のよからぬ噂を消すために、私の妻に」と願い出るが、粛宗は結論を出さない。
珍珠も靖瑶に言われたことで思い悩んでいた。独孤家という後ろ盾のある靖瑶は、李俶の力になれるが、自分は何もできることがない。靖瑶と李俶の二人にとっていい縁談なのは間違いなく、珍珠は自分も覚悟しなければいけない、と…
そこに李俶が粛宗に呼び出されたというので、珍珠は自分も一緒に参内することに。
張皇后がどんなに取り繕おうとも、李係があまりデキのよろしくない子なのはこれまでの評判で皆わかってるでしょうし、李俶に対抗させるのにはタマが悪すぎですよね~

粛宗は、参内した李俶に対して暴力や長安に広まった噂を非難しつつ、問題は「どうやって噂を消すか」だと詰め寄る。そこに珍珠が、「李俶と靖瑶は想いを寄せ合う仲だったが、自分への配慮からそれを隠していた、二人の仲が公然となった以上、靖瑶を李俶の妻に」と言い出す。思わぬ展開に李俶も張皇后も愕然とするが、粛宗が「珍珠がこの縁談を望んでいる以上、拒む理由などない」と承諾してしまう。
そして李俶を楚王に昇格させ、親王とし、靖瑶を側室として王妃と同等の待遇で迎え入れよという勅旨を出し、三日後の婚儀を命じるのだった…
途中で婚姻を阻止するために、李俶と張皇后の心がひとつになってたのが大笑いでしたね~。王妃と同等の待遇にするあたり、粛宗の珍珠に対する密かな仕返しを感じました…

珍珠が独断で縁談を進めたことに、帰宅後の李俶は激怒して話もしようとしない。珍珠は「靖瑶なら、あなたの力になれる」と説得し、靖瑶の決死の想いを無下にしないでと…
いつも自分のことを後回しにする珍珠の想いに感涙し、李俶は「誰であろうと君から私を奪えぬ、私は絶対に君を裏切ったりしない」と誓うのだった…
李俶が何か約束したり、誓いを立てたりするたび、それがかなわないフラグが立ってるような気がします。本人は本気なだけにたちが悪いんですけど…

66話「新しい妃」

独孤府に太監が勅旨を持って訪れる。靖瑶に皇族との婚姻の勅命が下ったのだが、相手が李俶なのか李係なのかわからない。「皇帝の長子、楚王李俶にふさわしい相手である」と聞いて、緊張していた靖瑶は喜びに顔をほころばせる。
李俶が親王に封じられ、広平王府は「楚王府」になり、靖瑶が花嫁支度のために迎えられていた。普段化粧をし慣れない靖瑶のために珍珠が支度を手伝い、「今後は二人で殿下を支えていきましょう」と語らうが、喜びいっぱいの靖瑶は珍珠の複雑な心中に気付かない…
これまでは年上の靖瑶が珍珠を「妹妹」、珍珠が靖瑶を「姐姐」と呼んでいましたが、靖瑶が珍珠を「姐姐」、珍珠が靖瑶を名前で呼ぶようになったのですね…

張得玉が花婿の衣装を用意してきても、李俶は不機嫌そうに試着もしない。
そこに可汗が結婚を聞きつけて祝いに訪れるが、本心は珍珠の兄貴分として「なぜ側室を?」と質しに来たのだった。珍珠が皇后との争いのために、自らを犠牲にして申し出た婚姻だと聞かされ、可汗は唐の皇族の複雑さに暗澹とする。今後珍珠を犠牲にしたら承知しない、と言い残し、可汗は帰っていくのだった…
可汗は実は、珍珠に特別な感情があるのではとずっと思ってたので、このお怒りはジェラシーの裏返し? でも可汗くらいしかこの立場で怒ったりできませんものね~

李俶と靖瑶の初夜を迎え、珍珠はひとり眠れない夜を送っていた。
寝室で靖瑶は李俶を待っていたが、李俶は泥酔してやってくる。二人は誓いの杯を交わし、その時李俶は酔った勢いで「珍珠、君も飲め」と口走ってしまう。靖瑶はこれが李俶にとって望まぬ結婚で、彼の心には珍珠しかいないことを思い知らされる…
あ~あ、李俶やらかした…。そういえば、崔彩屏がいなくなって瑠璃宮が空きましたが、靖瑶が賜ったのはまさか縁起の悪い瑠璃宮ってことはないですよね?

翌朝、靖瑶は正室の珍珠に挨拶に向かう。しかし昨夜の出来事がひっかかって、靖瑶は珍珠に対して対抗するような物言いをして、お互いぎこちない。李俶は結婚の贈り物として、玄宗から下賜された宝剣を靖瑶に贈るが、「贈り物は要りません、殿下の心に私がいれば満足です」と言う靖瑶に、李俶は何も答えられない。
昼食は三人でとることになるが、気遣いなしにいつも通りにふるまう李俶に、靖瑶は傷つき、それぞれが今までとは違うということを実感する…
結婚初日から、特に問題のない靖瑶に対してですら李俶のこの態度ですから、崔彩屏が李俶からどんな仕打ちを受けていたか、考えると恐ろしいものがあります~

作戦が失敗して、憤懣やるかたない張皇后は、李輔国に「史思明のせいよ、役立たずだわ」と当たり散らす。それを聞きつけてしまった史思明は、侍女たちが止めるのも聞かずに蓬莱殿に乗り込んでくる。
史思明は張皇后に「李俶を狙うより、李亨(粛宗)を殺した方が手っ取り早い」と謀反の意志を語り、もしそうなったら挙兵して帝位を奪い、張皇后を自分の皇后に就けると約束する。しかし張皇后は史思明を今は范陽に戻らせ、「機が熟したら」と計画を先送りする。
史思明は自分が切り捨てられると察して、二人の関係は決裂する。
さらに史思明は、後宮から退出する途中、侍女たちの会話を盗み聞きするが、実は佋を殺したのは李倓ではなく張皇后だと知り、彼女の恐ろしさに戦慄するのだった…
宮中の侍女たちは置物扱いなので、実は色んな事知ってますよね!佋殺害の真犯人とか、皇后の不倫とか、佋の実父とか、相当噂になってるのでは?

李俶のもとに史思明が范陽に戻った、という報告が入る。信用できない史思明をみすみす返すことはできない、と靖瑶は暗殺を提案する。また、張皇后と史思明は仲違いし、史思明の権力を奪うようにと粛宗に提言したという話を聞いて、李俶は思わずほくそ笑む。
そして史思明が范陽へ向かう途中、刺客に襲われるが、予想して伏兵を用意していたために難を逃れる。刺客の持ち物に楚王(李俶)の令牌があったことで、史思明は皇后の小細工だと判断し、張皇后への憎しみをさらに募らせる。
しかしその令牌は張皇后と史思明の溝を深める李俶と靖瑶の策略だった。そうして将軍として李俶を支えることができても、李俶は王府の中では、适を言い訳にして珍珠のもとへ行ってしまい、靖瑶は苦い想いを徐々にため込んでいくのだった…
史思明の兵力を頼みにしていたのだから、彼の挙兵を煽るような策は、本来唐の現在の国力を考えたら下策ですよね。李俶も楊国忠がしてたようなことをするように…

64~66話の感想

可汗に「大勢の妃など必要ない、珍珠がいれば満足です」と大見得を切った李俶ですが、史実では崔彩屏、珍珠、靖瑶以外にあと五~六人の側室がいて、李适以外の子女は男女各20人、夭折した子もいますが、総勢41人の子沢山皇帝で、唐の皇帝の中では玄宗の次に子供が多いくらいですから、ドラマの脚色ハンパないと思います…。
実際は崔彩屏のモデルになっている崔氏の子は成人後に立太子するほど成長していますし、靖瑶のモデルの独孤氏も子供をもうけていたようです。
史実はドラマよりもさらにドロドロだったのかもしれませんね~♪

さて、李俶と珍珠が鉄壁で守ってきた王府に、とうとう靖瑶が割って入ることになってしまいました。押しの一手、乙女の一徹でゴリゴリと突き進み、珍珠に自分から扉を開けさせるという、ブルドーザーの上に策士、彼女の押し相撲には到底勝てる気がしません。
そんな靖瑶が突き進んで「勝ち取った」つもりの結婚ですが、彼女としても李俶が自分にわずかでも気持ちがあって、承知してくれたものと思っていたことでしょう。しかし靖瑶につきつけられた現実は結婚という形をとった完全なる敗北だったのですね。
今後、あの靖瑶が敗北に甘んじるわけがないのです… 珍珠も李俶も、靖瑶の女心を甘く見たツケを、これから二人は嫌というほど払う羽目になると思います。
特に李俶… あの三人の昼食の場面!あんな配慮のないやつに将来後宮なんざ持たせちゃいかん!と思った方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか…

対する敵側の張皇后ですが、後ろ盾にする予定の史思明を切り捨ててしまいました!
「オレの皇后にしてやるゼ」みたいなチャラい誘惑をばっさりいきましたね。この間まで史思明を持ち上げてたのに、手のひら返して「あいつひどいのよ」って悪口吹き込むとか、さすが張皇后です。こんなにそれぞれ内輪でもめてていいんでしょうか、まだまだ安慶緒は息を吹き返しそうですよ。
次回の67~69話は、さらに唐の将来に暗雲がたちこめる事態となりそうです。李俶の約束は必ず破られるフラグ、そして珍珠の独断は必ず間違った方向に行くフラグということを、皆さんでしっかり確認してまいりましょう~♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です