オリジナルシン-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

茶畑で殺された男はスン・ウェイの身元を偽り整形をしていたチェン・ミンユーであり、犯人としてワン・シューイーの父親が捕まる。
ユースホステルで殺人事件が起こり、部屋にいた若い女性のナパがシアン化物によって殺されグワンという男を含め宿泊者が容疑者として拘束される。

では、今回は10話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【オリジナルシン】(ネタバレあり)

10話

ユースホステル殺人事件の第一容疑者として疑われていたグワンがシャワールームで絞殺されており、右利きの男による犯行だと判断される。
リーはシャワールームに掛かっていたホー・シンユーの上着を見つけるとホーを疑い荷物を調べ、レシートを見つけるとバックパッカーを装ってることに気づく。
容疑者をずっと閉じ込めて監視もつけてない方が悪いですよね、自殺したり証拠隠滅に走ったりするでしょう…素直に留置場で取り調べすればよかったのに

ジェンはホーが解放された後に犯人が命を狙っていることを知っており、上着をわざとシャワー室にかけてグワンを自分の身代わりにしたのだろうと言う。
そう言われたホーは犯人が命を狙っていることは知っていると言って、上着をかけた後に犯人が近づいてきてグワンを殺したが顔は見ていないと告げる。
偽証してる時点で信用性ゼロですよね、それならすぐ犯人が命狙っていることを告げて警察に保護求めれば良かったでしょうに…

ホーはナパとは商売で少し関わっただけだと言いジェンはホーを外に出させると、ホーとどこかで会ったことがあると話す。

11話

残った宿泊者を一同に集め話を聞いていたジェンとリーたち、しかしそこでホーが何者かによってシアン化物により殺されてしまう。
捜査中にも関わらず容疑者が次々と殺されてしまう状況に、ついに捜査の権限が隆城王立警察に奪われてしまい、ジェンとリーは捜査から外されてしまう。
うん、だからどうしてこのホテルに勾留しながら監視もつけないのかって話しなんですよね、あまりにも杜撰過ぎますよねーどうしてなの?

リー・リーシン副署長はリーに対して優秀だと思っていたが過大評価だったなと言って死人が出ているのに捜査が不十分だと叱責する。
リー副署長は宿泊者たちに無期限の拘束を指示、持ち物などを徹底的に調べ衣服や食器を専用の物にして、さながら刑務所のように厳しい管理をする。
最初からこうしておくか、もうここまでするなら警察署に連行しなさいよ…部屋に入ったら自殺だってし放題ですしまだどこに何隠されてるかわからないでしょ

リーはジェンを呼び出しリー副署長がどうしてきたのかと疑問に思っており、わざわざ副署長がこの件に介入してきたのには裏があると考えていた。

12話

リーは副署長に対し今回の介入は過去の事件の精算かと言って、チョン・フェイは危険な状況だと言うが副署長は監視している宿泊者の元に向かう。
チョン・フェイは過去の事件で人を殺したと自白するが今回は殺していないと言うが、他の宿泊者は今回の事件もチョンがやったのだろうと言って喧嘩になる。
この事件ずっと人体実験見てるみたい、でもどう考えてもあまりにも普通の捜査とかけ離れ過ぎてるので追いつけないんですよねー何見せられてるんだろう

殴られ腹をペンで刺されたチョンを殺そうとするフォン、ジェンとリーはホステルに忍び込みチョンを助けるとそこに副署長がやってくる。
副署長はシアン化物の入ったボタンを見せ、当時の事件のことを話し始めるとあれはまさに拷問のように殺されていたと言って捕まえれたのはホー・シンユーだけだと話す。
それならもう少し早く介入すればよかったのでは?って思いますけど、さすがにちょっとご都合主義過ぎて伏線とかの回収の仕方が雑な印象

副署長は最後の担当事件が未解決では夜も眠れないと言うが、ジェンは過去の事件に関わった3人をどうして集めれたのかが気になると話す。

10-12話感想

茶畑殺人事件が後味悪いものの良い感じに終わったので今回も期待していましたが、ちょっとあまりにも内容に疑問点が多くて安心して見てられない。
某子供探偵の推理漫画みたいにあんまり殺人を防げてないのももどかしいし、すぐさま警察に連行しちゃえば全て解決したのではって感じがしますよね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。