オリジナルシン-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

貧民街である梨花苑で転落死が起こるが、現場に残されていたのは血痕だけで遺体は無く第一発見者の屋台の店主の妻が飛び降りた瞬間を見たと証言する。
翌日、遺体は富裕層や高官が住む桜花苑のゾウ・モンヤオの家に届いた箱の中から発見され、配送をしていたウー・ジェンイーだとわかる。

では、今回は19話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【オリジナルシン】(ネタバレあり)

19話

ジェンはルー・ズーミンを刑務所から連れ出し、病院にやってくると銃を突きつけながら母の病室まで連れてくるとベッドで寝ている母の前で姉を殺したことを謝罪するようにと脅す。
ズーミンは私は殺していないと言うとジェンは撃鉄を起こし撃とうとするがリーが病室に入ってきて阻止、ジェンの母は娘の写真を掲げ謝罪を要求するとズーミンはわかったと言って謝罪する。
まぁ話の流れ無視してもズーミンは事件に巻き込まれたことでジェンの姉を殺した本人ではないのだろうなーって感じ、じゃー誰かとなるとやはり黒幕になるのかな

その言葉を聞いて涙を流すジェンと母、リーは父を連れていき刑務所へ戻し、翌朝ジェンとリーはゾウ・モンヤオの家にやってきて”兄貴”の話を聞き出す。
リーはウー・ジェンイーが壁に残したゾウの写真を見せつけると、ジェンは”兄貴”と呼ばれる恋人があなたの趣味嗜好を熟知し過ぎではと告げるとゾウは不安な顔をする。
心ここに在らずな感じのリーですけどショックとしてはジェンの方がショック大きそうな感じですよねー、それでもしっかりジェンは仕事してて偉いよ

“兄貴”が向かったと言われるビルにやってきた三人、しかし取引先は”兄貴”の顔を知らず三人の前で”兄貴”はビルの屋上から転落する。

20話

どうしてウー・ジェンイーと兄貴がナンパに成功したのか疑問に思うワッフルたち、ジェンはナンパ師である二人のマニュアル通りのやり方で好みを調べ上げていたと話す。
ガオとリー、そしてジェンは最初にウー・ジェンイーが転落した梨花苑にやってくると閉鎖的な場所だが遺体を一人で運び出すのは困難だと言って商店の店主に話を聞く。
しっかり調べあげたデータもそうですけど、ゾウ自身がかなり抜けてる性格ですからねーテクニックが無いナンパでもひっかかりそうだからなぁ…

台車の中で唯一綺麗にされた物を見たジェンは酔い潰れた男が車を買うなら赤じゃなくて黒だと言う話をしていた事を思い出し、台車に乗せた際に血で赤くなっていたと考える。
事件当時店番をしていたチョウ・インインは”兄貴”と知り合いであり、インインはバーで”兄貴”と同様に男をナンパするがナンパした男はジェンと繋がっていた。
超淫淫…名前がね、もうそんな感じなのかな?って思っちゃいましたね、ただ確かに前の生活に戻りたくないってのはわかりますね…かなり最底辺の生活でしたから

逮捕状を請求しデイビッドとインインのいる部屋に乗り込もうとしたジェンとリー、しかしインインは絶望し部屋から飛び降りてしまう。

21話

看護学校のバスに乗って楽しく話をしていた看護学生たち、しかしリン校長が何者かに刺されて死んでおり警察の前にやってきたバスの中から学生たちが慌てて飛び出してくる。
リーは学生たちを勾留せずに帰そうとするがガオはバスの中はすでに殺人現場だと言うがリーはパトカーや自分の車で返すと言い、ジェンは解散を指示しガオに理由を尋ねる。
いやいや、ホステルの話のときもそうでしたけど勾留基準がおかしいですよ!大事になるって殺人なんですから大事でしょうよ、リーのこういうとこ全然理解出来ない

ガオはリーの前妻が看護学校の卒業生で学生たちは後輩にあたり校長とも面識があるという話を聞き、その間リーは学生たちを送りつつ級長である女学生を励ましていた。
看護学校に送り届け、校長室に入るとリーは自分が尊敬するのはチャン局長とリン校長であり、離婚する前は妻と毎年学校にきて挨拶をしていたと打ち明ける。
私情入りまくりのリー、だからこういうとこがジェンの相棒として少し合ってないって思うんですよね…ジェンの相棒としての対比するならもっとクールな感じにして欲しい

ジェンは校長に届いた封筒の中に6年前のテストの解答用紙をみつけるが、リーはそこに書かれた名前が前妻の名前だとわかるとこそっとゴミ箱に捨てる。

19-21話感想

最初の頃から思ってましたけどリーが相棒ってのがどうしても不釣り合いというかバランスが悪く感じるんですよねーここはベタで良いのになぁって。
情を持っていて飄々としながらも活躍するジェン、私情で動きまくってそれほど活躍もせず部下への当たりも強く上司にも嫌われているリー。
これじゃさすがにジェンの良いところしか見えませんね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。