ミーユエ-あらすじ-73話-74話-75話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエは、兵士たちに訓戒を行い、士気を高め、反乱軍を制圧することに成功しました。そして、謀反を起こした7人の公子たちは、処刑されました。

公子たちの処刑に反対し、職を辞していた樗里疾でしたが、ユエの10年の間で、今までの秦の領土を取り返すという宣言を聞き、復職する。

秦が強国になっていく片鱗が見えてきました。ユエの手腕はすごいです。でも、頭をなやまされることもでてきてしまうのですね。どう乗り切るのでしょうか?今回は73話から75話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

73話 祖国からの使者

ユエは秦の国の体制を整える。商鞅の法の改正を行い、土地の整理、兵籍の精査、戸籍の編成と税制、そして、度量衡の統一を命じた。

楚から輿入れの隊列と人質の横太子が来る。人質の付き人が黄歇と聞き、ユエは動揺する。
再会できますね!複雑な気持ちでしょうが・・

稷は楚の公主、瑶を娶る。
ユエと同じような境遇で、苦労してきたようですね!

人質と会った後、黄歇と二人で語り合う。ユエはこの生涯で自分を最も理解してくれるのは黄歇であると告げる。
二人は永遠なのですね!とても素敵な関係!

ユエは、黄歇にここに残って、秦の仕官になることを望むが、黄歇はそれを断る。しかし、秦にいる間はユエの手助けすることを約束する。ユエは黄歇に帰さないと告げる。
帰さないって、どうするのでしょう?

咸陽の街では、義渠人が勝手なふるまいをし、狼藉を働いていることが問題になる。そして、ついに禁軍と衝突する。

義渠人の処遇に頭を悩ませるユエのところに、黄歇が来る。そして、ユエに名案を授ける。
さすがです!

敵に打ち勝つには強い騎兵が必要と悟ったユエは、秦軍に義渠軍から騎馬術を学ばせることを決める。

義渠人の軍営を咸陽外へ移し、軍営内では、彼らの自治を認めることとした。

74話 草原の誓い

義渠の軍営を咸陽外へ移したのは、黄歇の考えであったことを知った義渠君は、黄歇を訪ねる。

二人が酒を酌み交わしているところに、ユエが来る。ユエは義渠君に用があると言って、一緒に王宮に帰る。

義渠君は、黄歇との関係を疑い、ユエに不満をぶちまけて、草原へと戻ってしまう。
短気ですね!

ユエの命で、樗里疾に政令を作らせる。それは、分封を廃して、郡県制を進め、朝廷が郡守を任命する。そして、毎年、県令と郡守が朝廷に治政を報告し、朝廷が監察を行うというものだった。

ユエは、巡行で義渠の草原へ行く。そして、義渠君に懐妊していることを告げる。
問題になりそう!

二人は草原の天の下で永遠の誓いをたて、夫婦となる。

稷は、ユエが懐妊したことを知り、激怒する。

懐妊の噂が流れ、朝廷を覆されないために、庸太夫と黄歇で打開策を練る。

ユエは臣下が集まっている朝議で、「夢に先王が現れて子孫を残され、懐妊した」と告げ、その場を去る。
ユエの態度がなんかふざけている感じ!

納得をしない臣下に、庸太夫が、周の始祖の母は玄鳥の卵を飲み、始祖である契を産んだ話や秦の始祖の母は、巨人の足跡を踏んで身ごもった話、そして、斉王室の話を例に挙げ、生まれる子供に嬴姓を名乗らせるべきだと主張し、納得をさせる。

75話 母の愛

稷は、ユエの懐妊に反発する。
まだ納得していなかったのね!

ユエは、戎と冉に、子どもを産むのは、稷のためであることを話す。

ユエの寝殿の前で、ひざまずいていた稷だが、冉に諭され、自分の寝殿に戻る。そして、冉から、母としてのユエの稷への思いを聞く。
ユエは弟二人を本当に大事にしていますよね!

四方館が今はさびれてしまい、ユエは寂しく思っている。黄歇はよみがえらせることを約束する。そして、黄歇は、稷に必要なのは母の愛であることを話す。
黄歇は、かけがえのない大事な人ですね!

ユエは、稷の好物のお粥と蒸し物を作り、届ける。そして、二人は仲直りする。
これが母の愛ですね!

斉、魏、韓の3国が同盟を結び、楚に出兵することを聞いたユエは、これをきっかけにして、割譲した領地の奪回を狙う。

ユエは男児を無事に出産する。

奪回を狙っていた領地を取り戻すことができ、そして、義渠君は、冉と白起と一緒に蛮族の平定に成功する。

そして、次の目標は、大国である楚と定める。

楚の南后は、子蘭を太子にするために、横太子を陥れる策を練る。

酒場で乱闘にまきこまれた横太子は、殺人の濡れ衣をきせられることになったが、黄歇が太子を逃がし、自分が現場に残った。
黄歇の正義ですね!大丈夫かしら?

73話から75話の感想

また、黄歇と再会できました。二人は夫婦にはなれなかったけど、お互いに人生で最も大事な人ですね。家族以上にかけがえのない関係です。夫になった義渠君のように、喧嘩することもないですし、信頼しあっていて、ユエにとっては、いつも支えてくれて心強いことだと思います。でも、黄歇は楚の臣下だから、この先、秦が強くなっていったときにどうなるのかなと心配もありますね。でも、まず黄歇は家庭をもったほうがいいと思います。一生独身なんてね!

義渠君は、暴れ者で困りますね。本来ならば、太后の夫が義渠君なんてありえないですよね。それでも、義渠君に心を奪われてしまい、懐妊までして、強引に押し通してしまうのですから、太后の力ですね。

いよいよ楚との決戦がありそうですね。秦には意地悪女性がいなくなりましたが、楚にはまだいましたね。また、何か企んでいるようで、黄歇が心配です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です