三国志-趙雲伝-あらすじ-全話一覧-ネタバレありで!

韓国ドラマ三国志-趙雲伝-あらすじ-全話一覧

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『三国志-趙雲伝-』は、中国で2016年4月3日から4月30日まで湖南卫视で放映された作品であり、総製作費40億円をかけた大スペクタクル歴史エンターテインメントドラマです。
三国志の中でも特に人気の高い武将「趙雲」を主人公に、今まであまりフューチャーされることのなかった青年期を軸に、趙雲の成長と恋愛模様を描いています。

ここでは中国歴史ドラマ『三国志-趙雲伝-』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

三国志-趙雲伝- あらすじ

時は後漢末期。専横を極める董卓(とうたく=韓東)を前に身の危険を感じた若き皇帝少帝(しょうてい)は、護国神器の2本の宝剣、倚天(いてん)剣と青釭(せいこう)剣を、趙安(ちょうあん=于荣光)と李全(りぜん=鄒兆龍)に託す。2人は剣を持ち故郷の常山郡に向かうが、宝剣を手に入れようとたくらむ董卓が趙安のもとに兵を送り込み、青釭剣を守ろうとした趙安は命を落とす。
趙安の息子、趙子龍(趙雲・ちょううん=林更新)は青釭剣を持ち、真定県にいる父の弟弟子、李全を頼ることに。
そこで、趙雲は夏侯軽衣(かこうけいい=ユナ)と恋に落ち、軽衣の許婚であり、宿命のライバルとなる高則(=Jhon-Hoon)と出会う。
李全に弟子入りし武芸の腕を磨いて真定県にのさばる山賊を見事撃退し英雄となった趙雲は、国を立て直そうと自らが仕える君主を求めて旅立つ。
そして、後に蜀の初代皇帝となる劉備(りゅうび=厳屹寛)と出会うのであった。

三国志-趙雲伝-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

三国志-趙雲伝-1話-2話-3話

三国志-趙雲伝-4話-5話-6話

三国志-趙雲伝-7話-8話-9話

三国志-趙雲伝-10話-11話-12話

三国志-趙雲伝-13話-14話-15話

三国志-趙雲伝-16話-17話-18話

続きはBSの放送を視聴しなが書いて行くのでお待ち下さいね!

見どころポイント
『三国志-趙雲伝-』の最大の見どころポイントは、数ある三国志ドラマにおいてあまりフューチャーされてこなかった趙雲の青年期の成長や活躍、さらに恋愛模様を描いていることでしょう。
総製作費40億という壮大さで、衣装や美術セットも絢爛豪華。アクションシーンのクオリティーも高く、出演俳優、女優陣は美男美女が勢揃いしていますので以前からの三国志ファンはもとより三国志初心者の女性視聴者にもおすすめの作品となっています。

基本情報

放送局:湖南卫视(中国)、LiTV 線上影視(台湾)、愛爾達電視(台湾)、八度空間(マレーシア)、乐视 LeEco(香港)、HUB娛家戲劇台(シンガポール)、中華TV(韓国)
中国題: 武神赵子龙  
中国放送開始日:2016年4月3日
話数:59話
脚本:英宁(イン・ニン)、李立卓(リー・リージュオ)、维正(ウェイ・ジョン)
監督:国建勇(グオ・ジェンヨン)
監督の国建勇は『水滸伝』、『劇場版 水滸伝』ではアクション監督を、『隋唐演義 ~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~』、『レッドクリフ』では武術指導をされています。アクションや武術に精通した国建勇が監督を務める『三国志-趙雲伝-』。アクションシーンも恋愛シーンも期待ができそうです。

趙雲とはどんな人物なのか?

中国の後漢末期から三国時代に活躍した武将であり、忠義に厚く勇猛な人物であったとされています。また、趙雲は身長約184cm。高身長に加えて顔つきも立派だったようです。誠実な趙雲の生涯は『三国志演義』でさらに高く評価され、五虎(ごこ)大将軍の一人とされています。(他には、関羽、張飛、馬超、黄忠)
趙雲を演じる林更新(ケニー・リン)は身長186cmの爽やかな長身イケメンですから趙雲のイメージそのものと言ってもいいでしょう。女性視聴者がメロメロになる林更新版趙雲をどうぞお楽しみください!

趙雲を演じるのは

趙雲を演じるのは、『宮廷女官若曦 (ジャクギ)』で第十四皇子を演じて注目を集めた中国若手俳優の林更新(ケニー・リン)。彼の演じる趙雲がイメージにピッタリだと評価され、ますます女性ファンを増やすこととなりました。趙雲と恋に落ちる美しいヒロイン、夏侯軽衣には、韓国の人気女性グループ少女時代のメンバーで、本作が中国ドラマ初出演となるユナを起用。美しさと可愛らしさを兼ね備えたヒロインを演じて人気を博しました。趙雲のライバルである高則役には韓国の人気デュオUNのメンバーであり、2006年に出演した『宮~Love in Palace』で話題を呼んだJhon-Hoonを起用。他にも中国、台湾の人気俳優を揃え、国際色豊かなドラマとなっています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です