上陽賦-運命の王妃-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王儇を得ようと焦った子隆が媚薬を使い、王儇ではなく宛如に手を出したため、王儇の婚姻は子澹に決定したかにみられました。しかし王藺が「謝貴妃が皇帝に毒を盛った」と濡れ衣をきせ謝氏は失脚。王儇は子澹の命を救うため、蕭綦との婚姻を受け入れることに…

今回は心ならずも豫章王妃となっていく王儇ですが、さらに政治的な思惑が激しいうねりとなって王儇に襲い掛かります。危機に陥る王儇を救うのは一体誰なのか、濃厚かつ速い展開に頑張ってついていきましょうね♪

スポンサーリンク

【上陽賦(じょうようふ)】(ネタバレあり)

第7話「子澹の裏切り」

宛如は蕭綦との婚姻を受け入れた王儇を見て、別人のようだと驚く。子澹を守るための婚姻だが王儇はそれを伏せ、自分の裏切りだと思わせて忘れてほしいと考えていた。
宛如の婚姻の時と立場逆転ですが、当時を思うと何とも言えませんね…

子澹は詔獄から釈放され、皇帝陵への生涯の流刑を命じられ、謝淵も免職の上流刑に。釈放された謝氏の者たちは皇都から追放になり、残った僅かな者たちが謝淵を見送る。謝淵は悔しさをこらえ、再起を期す。
謝淵を生かしておくとは意外です。多分ろくなことにはならないでしょうに

王夙は錦児に、子澹は皇帝陵での墓守の余生だと話し、王儇に伏せるように言うが、王儇は寝たふりで二人の会話を聞いていた。宛如は子澹に「王儇の裏切りを許せない」と語り、謝氏の生き残りとして敵を討たなければと言い聞かせる。かつて目印の灯篭が揚がるのを待ちわびていたように、王儇は来ないと知りつつも子澹の灯篭を窓辺で待っていた。王儇は子澹にとって皇帝陵の方が安全だと考える。
宛如が今の王儇を裏切り扱いするのは、皇太子への嫉妬心もあるのでしょうか?

豫章王府に結納の品が続々と運び込まれ、宋懷恩は食料に換えようかと考えるが、蕭綦は「郡主は普通の女人とは違うから、体面を潰すことはできない」という。実は蕭綦が内心嬉しそうなのを宋懷恩は微妙に感じ取っていた。
宋懷恩はいつか蕭綦に手ひどく叱られる気がします♪

長公主は密かに謝家を訪れ、皇后との約束で王儇が自分自身を犠牲にして子澹の命が守られたのだと明かす。そして明日子の刻に東漁場の橋で落ち合い二人で逃げるように言う。
その頃、温侍中のもとに子律が訪問し「馬氏の難儀をお救いください」と懇願していた。
長公主は純粋すぎて、駆け落ち企んでも成功する気が全然しません

王皇后は王儇を説得しようと「今回だけ我慢すれば、今後はなんでもいう事を聞いてあげる」と言うが、王儇は「今後はなんでもいう事を聞くから、今回だけは許して」と懇願するが、王皇后は聞く耳を持たない。
王皇后は蕭綦のいいところって「兵を持ってる」ことしか言わないですよね♪

深夜、温侍中が豫章王府に来訪し、自分の命を賭けて婚姻を止めようとする。王藺の謀反を阻止するためだと言われ、蕭綦は王氏から距離を置くことに。宋懷恩から「郡主を諦められるのか」と言われてしまう。蕭綦の中には、これまで見た王儇の姿が強く焼き付いてた…
子律が頼んだのはこれですか。蕭綦はそれでどうするつもりなのでしょうか?

徐女官は見張りの侍女たちに薬を盛り、急いで王儇を連れ出す。王儇は母に親不孝を詫びつつ、子澹との待ち合わせの場所へ向かう。大雨の中、王儇は東漁場に到着するが、子澹は一族の滅亡に責任を感じ、まだ約束の場所へ向かっていなかった。
「愛のない婚姻は地獄」これを母の口から聞かされるというのも大概に地獄ですよね…

長公主は王藺に「兄に毒を盛ったのはあなたか」と問いただす。王藺は指示を認め、長公主は王藺を殺そうとするも刺すことができない。そこで王藺は長公主が王儇を逃がしたのだと気付く。一方、蕭綦は王藺から距離を置くために、軍営に戻る準備をしていた。
長公主も駆け落ちを気付かせないように、もうちょっとやり方考えないと~

待てども子澹は姿を現さず、徐女官は諦めようと促すが、王儇は信じて待ち続ける。ようやく子澹は王儇のもとへ向かうが、王儇のもとに現れたのは子澹ではなく王藺だった。夜が明けた頃、子澹は到着するが王儇の姿はなく、割れた簪が落ちているだけだった…
王藺の言う通りなのですよね、子澹の意気地なし…

スポンサーリンク

第8話「豫章王の婚礼」

連れ戻された王儇は婚礼の準備をするが、父・王藺を無視し、王藺と長公主の間には埋められない溝が生じていた。豫章王府では盛大に婚儀が行われるが、王儇は笑顔もなく、蕭綦と目を合わせようともしない。そこに戦地から急報が入り、蕭綦は急遽寧朔へ旅立つことに。置き去りにされた王儇は、宋懷恩にこらえてきた怒りを激しくぶつけ、簪を渡して「男として責任をとれ」と伝えさせる。王儇は招待客に独りで挨拶をし、冠を投げ捨てる…
宋懷恩はこれまで蕭綦をからかってきたむくいが全力で返ってきていますね♪

婚儀から三ヶ月。王儇は暉州で錦児だけを連れて自由を満喫し、蕭綦からの贈り物も子澹からの便りも無視し続けていた。暉州の刺史夫人である呉夫人が王儇のために灯籠祭を催したため、王儇は祭を楽しむが、錦児が目を離した隙に、突然巨大な凧で連れ去られてしまう。
王儇は天然痘患者の葬列に模して運ばれていたが、棺には謎の男が一緒に入っていた。王儇の捜索で暉州の城門は厳しい検問がかけられていたが、骸の偽装で突破される。
プチ家出からの凧での誘拐!これは暉州の刺史と夫人は真っ青ですね~

太監の薛道安は、宛如以外に皇帝の看病をさせないようにしていたが、それを聞いた王皇后は宛如に嫌味を言う。しかし皇帝は王皇后からの薬を受け付けない。皇太子は皇帝に献身的な宛如の人柄に打たれ、宛如をさらに寵愛することに。
子隆は完全に、宛如の策略に騙されていると思います

王皇后はすでに王氏の天下となったことに自信を深めていたが、王儇が攫われたとの急報に愕然とする。王夙は暉州へ捜索に向かおうとするが、王藺はこの事態を長公主に隠し通すため許可しない。その頃錦児は一人、皇帝陵へ知らせるために馬車を走らせていた。
錦児も長公主と同類で、判断を間違って事態を悪化させるタイプですよね~

寧朔にも王儇誘拐の知らせが入るが、皇太子の使者が視察に来るため閲兵式を行わなければならず、対応に苦慮する。蕭綦は、相手が脅したいのは王藺か自分だと考える…
きっとその使者も、皇太子以外の「どこか」の思惑で遣わされたのでしょうか

スポンサーリンク

第9話「さらわれた王妃」

蕭綦は「相手がもし自分を攻撃したいなら」と想定し、その場合王儇が連れてこられるのは寧朔であろうと考え、皇太子の使者の徐授を「手厚く」もてなすよう命じる。その頃、王儇は目的地に着き、棺の男は「旦那様」と呼ばれ、王儇は薪小屋に入れられる。
ツッコミ

錦児は皇帝陵に到着し、子澹に王儇が攫われたことで助けを求める。子澹は皇帝陵から出ることを禁じられているが、暉州に向かおうとする。錦児は外套を自分に着せかけてくれた子澹の優しさに揺れる。
子澹は優しいけど、蕭綦との行動の差を見ると、いざあてになるのは子澹ではないような

王夙は母・長公主に王儇の件を気取られないよう、努めて明るく振舞う。父の命とは言え、自分自身が何の役にも立てないことで、己の不甲斐なさをかみしめる。
お兄様頑張って!これも大事な役目ですよ!

王儇は誘拐の主犯と顔を合わせるが、それは忽蘭の王子・賀蘭箴だった。病で弱りながらも王儇を侍らせようとするが、王儇は自分を利用するために傷つけずに生かしておく必要があるのだろうと見抜く。賀蘭箴は、蕭綦の名声の裏で多くの命が犠牲になったのだと語る。王儇が六盤軍こそ約束を破ったことを指摘すると、怒った賀蘭箴が吐血して倒れたため逃げ出す。しかし賀蘭箴を想う小葉に発見され、連れ戻される。
1話目で蕭綦に倒された賀蘭箴が再登場です!この病は蕭綦に受けた傷のせい?

皇帝は起きて将棋ができるまでに回復していたが、王皇后とは会話が成立しない。王皇后は子澹に誘拐の疑いをかけようとしたため、実際は正気に戻っていた皇帝は、子澹を助け宮中で保護するよう薛道安に命じる。
陛下にとって薛道安が唯一の命綱なのですね

王藺は王皇后に、誘拐犯はすでに暉州を出て寧朔に向かったため、狙いは蕭綦だと語る。王皇后は徐授が謝氏側の者だと怪しみつつも、王儇の無事を案じる。実は子律を担ぐ桓公の指示で、六盤と謝氏が手を組んで今回の事件を起こしており、狙いは寧朔軍の弱体化だった。
皇太子は王儇の捜索のために、各地の城を閉鎖し、兵を派遣せよと命じたものの、臣下にこぞって反対され激怒する。宛如は優しく慰め、理解者として振舞う。
思惑が交錯しすぎて難解です。桓公の存在がまだ表面化していないのが恐ろしいですね

賀蘭箴は王儇の体を洗うため貴重な水を使うよう命じ、小葉はそれが気に入らない。賀蘭箴は短刀で脅して王儇をいたぶるが、小葉は嫉妬して部屋に飛び込んで邪魔をする。王儇は隙を見て簪で賀蘭箴を刺し、自分にも簪を突き付けて脅したため、賀蘭箴は手出しができない。
むしろ小葉、グッジョブ!どんどん邪魔していいと思います!

視察にやってきた使臣・徐授は、密かに謝淵の指示を受けていたが、蕭綦は徐授が何か文を燃やした痕跡に気付く。徐授の半月前に都を出たという説明は計算が合わない。
あんなところで燃やしたら見つかる!と思ったら案の定、蕭綦は騙せませんね

皇帝は薛道安に真情を吐露していた。皇帝は子澹と王儇どちらか一方を生かすことしかできず、馬氏のために王儇を犠牲にする決断を下していた。皇帝は賀蘭箴との取引で「一人残らず王氏を殺せ」という条件を出していたが、賀蘭箴は王儇を欲していた。
子澹と錦児が馬車を乗り継いで皇都に向かっている頃、賀蘭箴は王儇を連れて寧朔に向かう。その道中、賀蘭箴は王儇に「亡き母のために戦っている」ともらす…
皇帝と謝淵が忽蘭と組んで、王氏一掃の計画を立てたということですか…

スポンサーリンク

7~9話の感想

駆け落ち失敗からの、婚姻の花婿逃亡、そして誘拐と、濃密な話がテンポよくスピーディに展開していき、びっくりするほど色んな事が発生しています。誘拐犯なのに、賀蘭箴のワイルドな色気が駄々洩れすぎて、王儇はこのまま忽蘭の花嫁になってもいいのでは?と思ってしまうくらい、とはいっても危機的状況で、王儇が無事に助かるのか心配です。
しかし、王儇の周囲にはあてになる人が少なくないですか?娘を守ろうとして角度の間違った行動をしてしまう母・長公主や、足を引っ張る徐女官、王儇を助けようとしてチラチラと子澹にときめいている錦児、世子としては頼りない王夙など…どこをどう見ても王儇が無事に済まなさそうな布陣です。

子澹は乙女の憧れる完全無欠の王子様キャラなので、姫の危機を聞いたらナイトとしてはすぐさま助けに飛んでいくのは当然なのですが、今の子澹には兵がないのに、たった一人で後先考えず何をしようというのでしょう。そのフットワークの軽さは駆け落ちの時に発揮するべきではなかったのか、と思います。知らせを聞いてまず一旦考える蕭綦の方が(初夜に逃げたけど)断然有能です。今後、二人の能力差が開いてくるのではないでしょうか。王藺が蕭綦を婿にと判断したのは正しかったのかもしれません。

そして子律一派の動きが非常に不気味です。謝氏の残党と皇帝を裏で煽って忽蘭と組ませ、王氏の殲滅を企みつつ、自分たちは表に出てこないつもりのようです。でも子律と桓公がラスボスとは思えないので、彼らをあやつる本丸がいるのではないでしょうか。三兄弟の中で一番地味で即位の芽のない子律に目をつけて野心を煽ったのは誰か、なかなか根の深そうな問題が背景にありそうですね。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。