上陽賦-運命の王妃-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
賀蘭箴に和親の公主として一方的に指名され、王倩は皇太后や王儇に泣きつきますが、撤回は困難です。一方、徐女官が王儇に処方されている避妊薬の存在に気付き、蕭綦が王儇を害しようとしているとの疑惑が、錦児を通じて宛如に伝わることに…

ここまで安定してきた王儇と蕭綦の夫婦仲ですが、二人を裂くことが政治的な思惑をかなえることになるのもあって、寄ってたかってひびを入れようとしてきます。そこに王儇を守るために蕭綦を疑う徐女官の動きもあり、愚か者たちがこぞって舞を舞う展開ですが、果たして二人の信頼関係を決定的に割ることは可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

【上陽賦(じょうようふ)】(ネタバレあり)

第40話「王倩の策略」

王倩が謝氏の皇后を頼ったと聞いて、皇太后はその愚かさに呆れる。皇宮から帰ってきた王倩は「大王や王妃より、皇后が頼りになる」と薛氏に語る。王倩は宛如から「蕭綦を誘惑する」という策を授けられ、その達成のために「あるもの」を与えられていた。
宛如は王倩を助けるふりで、かつての皇太后への復讐をしているような…

子隆は蕭綦に皇帝としての焦りと孤立を語り、謝守正の死罪でこの案件の調査の打ち切りを命じる。蕭綦は子隆の孤独を理解し、帳簿を処分する。
子隆と蕭綦が苦しみながらも、いつか良き主従に育っていく日は来るのでしょうか

子澹は密かに皇都に向かっていた。皇帝陵では身代わりが子澹のふりをして寝込んでいたが、皇太后の手の林宦官が様子を伺うものの、侍女の凌春が強気で追い返す。
いっそ林宦官が思い切って踏み込んで、そこで見つかったら面白いのに~♪

王倩と薛氏は計画のために豫章王府を訪れる。王儇は薛氏の必死さに長公主の母心を重ねてしまい、賀蘭箴に会って交渉することを今は黙っておくことに。王倩が玉秀に再び絡んできたため、阿越は玉秀が将軍夫人になることを思い知らせる。薛氏は占い師の言葉を理由に豫章王府においてほしいと懇願し、王儇は根負けして、受け入れることを了承する。
そもそもの皇太后が投げてるのだから、王儇が面倒見るいわれはないですよね~

賀蘭箴が王儇に会うことに、忽耶奇は不満を見せる。蕭綦にとって王儇という弱点を握るのだと語る賀蘭箴に、忽耶奇は、王儇は蕭綦だけでなく賀蘭箴にとっても弱点だと指摘する。
その頃、子澹は皇都に入り、馬車が豫章王府の前を通る際に、密かに王儇を想う…
忽耶奇はもっと、王儇にこだわりすぎ!ってハッキリ言ってやっていいと思います

酔った胡光烈は宋懷恩を祝福しながらも、胡瑤と結ばれて義弟になって欲しかったと言って胡瑤を怒らせる。胡光烈が寧朔から聞いてきた話によると、賀蘭箴は賀蘭拓の罠に嵌って大成に来ることになったのだというが、蕭綦は賀蘭箴の方が冷静だと見て、戦と戦の間を長くするのが自分たちの仕事だと語る。
胡兄妹はこの先、恋愛ネタが発生することはあるのでしょうか?

江南で水害が発生したとの急報が届くが、費用が国庫にないため、温丞相は莫大な軍事費の削減を提案する。蕭綦は「忽蘭が同盟を反故にすれば我々は確実に負ける」と指摘するが、顧閔汶は王氏の女人が和親すれば大丈夫と言う。そこで蕭綦は「戦が起こったら責任はだれがとるのか、所在を明らかにすべき」と畳みかけ、大臣らは何も言えない。
「軍事費を減らしたせいで敗戦になったら豫章王のせいにしたい」とは言えませんよね

蕭綦は宋懷恩に聞かれ、「温丞相の声は大多数の声であり、自分たちに味方はいない」と答え、大臣たちの目的は蕭綦の軍権を削ることだという。寧朔へ帰ろうと言う蕭綦に宋懷恩は反対するが、それは何のためだと指摘されて答えられない。
忠臣のはずの宋懷恩が一番皇都に染まってしまったようですね

蕭綦は皇太后に呼び出され、江南の治水の仕事に王夙を推薦し、さらに身辺警護のために宋懷恩を貸してほしいと言われる。皇太后は豫章王の配下の力を分散して蕭綦の孤立を図ったのだ。王儇を持ち出して断れない申し出をしてくる皇太后を、蕭綦は不快に思う。 
皇太后にとって王藺亡き後の王夙は、遠くに追いやってしまいたい存在なのでしょうか

王儇は密かに賀蘭箴に会いに行き、和親の公主を変えてほしいと頼むが、賀蘭箴は気まぐれで王倩に決めただけだととぼけてみせる。忽耶奇は王儇の供で来ていた錦児に目をつけ、皇后の間者だろうと脅し、屋敷の出来事を忽蘭側にも逐一報告するよう迫る…
錦児はどんどん利用されドツボにはまっていきますね、大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

第41話「秘密の同盟」

錦児は忽耶奇に、皇后と忽蘭の二重の間者になるよう脅され、従わざるを得ない。これまで力で女を言いなりにしてきた忽耶奇の態度に、賀蘭箴は「女を馬鹿にするな」とたしなめる。
賀蘭箴のお言葉、説得力あります。女のせいで片手を失っていますものね…

王儇はもう一度賀蘭箴に会うことにするが、錦児は戻って以来ぼんやりしていて、忽蘭人が怖いと怯える。しかし王儇に他の侍女たちには頼めないと言われ、錦児は忽耶奇に触れられたところを必死に洗い落とそうとする。
それだけ信用してくれている王儇を裏切ったから、としか言いようがないですよね

江南の治水に悩む子隆に、皇太后は王夙と宋懷恩の二名の派遣を指示する。懸念を示すものの母の功績を持ち出されると子隆は何も言い返せない。「今最も懸念すべきは豫章王」と皇太后に豫章王の命を狙うように迫られ、子隆は渋々承諾する。宛如は脈が弱く遅くなっていることから、出産までは安静にと太医に診断される。
子隆自身は結構進歩しているのに、全部母が台無しにしているような気がします

豫章王府に忽蘭の者が来たと聞かされ、蕭綦は不快感を隠せない。薛氏は、王倩が蕭綦の目を引くためには、か弱い女を演じるようにと助言する。王儇は王倩と薛氏を客として夕食に同席させるが、蕭綦は食事中に仕事で中座してしまい、公主に封じられる前の二日間でことに及ぼうと王倩たちは考える。
これだけよくしてくれる王儇を陥れようとするなんて、母娘に罰が当たればいいのに

王夙は道楽息子とみられているが、実は彼の治水策には知見があり、功を立てるかもしれないと蕭綦は考える。蕭綦は宋懷恩に、江南に行ったら気をつけるようにと釘を刺し、出立前に玉秀との婚姻を行うことに。宋懷恩との婚姻が決まって以来、玉秀は分不相応な幸せではと不安に思うように。蕭綦は玉秀に宋懷恩の江南行きを告げ、無事に戻ると安心させる。
宋懷恩と王夙のコンビは… 確かに不安しかないですね♪

豫章王府に宮殿から詔書が届き、冊封の使者ではと思った王倩は泣き叫ぶ。しかし詔書は玉秀についてで、蕭綦の妹として「蕭玉岫」の名を賜り、10日後の宋懷恩との婚姻を許可するとの内容だった。喜びの中で、王儇と玉岫は離れがたい寂しさをかみしめる。
一介の侍女がここまでしてもらえて、玉岫は幸せ者ですね~♪

子澹は賀蘭箴と面談するが、不愉快そうに黙り込み、同盟はご破算だと言い出す。「阿嫵を傷つけた男と手を組むことはできない」という子澹だが、蕭綦を殺すには王儇が不可欠だと語る賀蘭箴に心が動き、手を組むことにする。賀蘭箴は蕭綦をただ殺すのではなく、蕭綦の目の前で、王儇を子澹の腕に戻らせることで屈辱を味合わせるのだと言う。子澹はさらに、天下を手にしたいともちかける。
ここに子隆と宋懷恩を集めたら、王儇ファンクラブ結成ですね

王夙の江南行きを聞いた徐女官は、疫病の蔓延する地に世子を行かせてはならないと必死に懇願する。王儇は危険であっても兄を止めないと言い、かつて王夙が熱を込めて描いた治水策の書類を取り出す。王夙の上申書を王藺はその場で破り捨てたが、王儇は今日まで保存し、その熱意がようやく日の目を見るのだと語る。
また徐女官の暴走が…不安なのはわかりますが、玉岫の前で言うことじゃないですよね

使者の到来に怯えて「忽蘭に行きたくない」と助けを求める王倩に、王儇は「最善を尽くすからもう少し時間を」と慰める…
でももうすでに王倩は王儇信じておらず、陥れる気満々なんですよね…

スポンサーリンク

第42話「夫婦喧嘩」

忽耶奇は、皇后と子澹とどちらと結託するのかと尋ねるが、賀蘭箴は「両方と手を組むが、どちらとも結託はしない」と言い、王儇に明後日の巳の刻、南の鹿苑で会うよう伝えさせる。
要は「両方利用するだけ利用する」っていうことですよね

宛如は子隆と共寝しながらも、刺客に襲われる悪夢を見て絶叫する。太医が呼ばれるが、流産の恐れがあり鍼が打たれて、子供は無事だったが、今後は絶対安静に。
皇后の在所・昭陽殿の寝台にはマモノが棲んでいるのではないでしょうか

朝堂で王夙は江夏王に、宋懷恩は粛毅伯に封じられ、蕭綦にとっては妻の兄と妹の夫の慶賀ということに。そして江南の水害の根治のために500万両を支出し、二人を治水に当たらせると発表される。二人は困難な重責を背負うことになる。
二人とも緊張しすぎで、この派遣は出発前からもう心配で心配で♪

皇后の体調不安のためしばらく子隆が顔を出せないと伝え、さらに昨夜太医が昭陽殿に呼ばれたと聞き、皇太后は皇后への不快感から「流れてくれれば手間が省ける」と言い放つ。宛如は悪夢について道士に相談するが、解決策が見つからず、蕭綦に結び付けて取り除かなければと思い込む。
賢そうな鳥の前で油断して悪口を言うのは、今後の何かのフラグでしょうか?

錦児が熱を出して寝込んだというので、王儇は練炭と食事と薬を持って行かせる。しかし錦児は忽耶奇に会いたくない恐怖で、薬を捨てて病が治らないようにと願う。
王儇の親切は、周囲にとって恨みの種を育てるだけになりがちですね…

劉執事は明後日の王儇と賀蘭箴の約束について、悩んだ挙句に蕭綦に打ち明け、蕭綦は激怒して王儇に問いただす。王儇が王倩のために危険を冒そうとしていることに腹を立てる蕭綦と、蕭綦が監視したと誤解した王儇はかみ合わず、蕭綦は王儇を突き放してしまう。
これは蕭綦が怒って当然ですよ~

蕭綦と王儇が喧嘩していると聞いた薛氏は、今夜豫章王夫婦が別々に眠ると察し、王倩にとって好機だと考える。王倩は蕭綦を待ち構えてすりよるが、蕭綦は色仕掛けには目もくれない。薛氏は激怒する娘に「側室になって子を産めば変わる」と言い聞かせる。
なんとも安っぽい色仕掛け…これでいいなら寧朔の杏児はとっくに側室でしたよね

宛如は「私と豫章王妃は競うために生まれてきたのかしら」と考える。かつて最高の親友だった時期を思い、互いに違う結婚をしていたら敵対しなかっただろうかと考えながらも、王氏と謝氏に生まれた以上は敵対し合う運命だと、一族のため情を捨てる決意を新たにする。
王氏と謝氏など関係なかった無邪気な昔には、二度と戻れないのでしょうか…

王儇は蕭綦の怒りに涙するが、自分は王氏である以上、蕭綦に理解して欲しいと考える。
翌朝、王儇は劉執事が蕭綦に告げ口をしたと知り、蕭綦を誤解したと気付く。しかし賀蘭箴の件からは手を引けず、一か八かの賭けに出ることに。王儇は慈安寺で待ち合わせた王夙に、かつての治水策を見せる。当時「いつかやり遂げられる」と励まし、保管しておいたのだ。しかし王夙はかつての情熱を失っていた…
皇太后はむしろ、王夙が治水計画に知見があるとは知らずに派遣を決めたような気が

スポンサーリンク

40~42話の感想

あんなに嫌がっていた王氏という縛りに、王儇は夫との仲を危うくしてまで固執していますが、それでいいのでしょうか。一生懸命救おうとしている王倩は、逆に王儇を陥れようとしているし、今の「王氏のため」は皇太后を利することにしかならないのに…
「王氏の娘」であることを捨てられないまま、王倩の裏切りを知ることになったら、また王儇自身が深く傷つくことになり、蕭綦も重い負担を背負うことになりそうで心配です。
しかし、王倩の色仕掛けの下手くそなこと…。メンタル弱い宋懷恩や、女慣れしていない胡光烈でも引っかかるかどうか怪しいくらいですよ!今回は失敗しましたが、宛如が媚薬らしきものを渡していましたから、次こそが本番でしょうか?

そして王夙と宋懷恩に降ってわいた江南派遣の仕事ですが、王夙はかつて治水計画に夢中になっていたのですね。どう考えてもそれを配慮して皇太后が派遣を決めたとは思えないのですけれども。「王氏の世子がそんなことをやっている場合か」と、いつものパターンで王藺が息子の夢を秒で潰したというのが、まざまざと見えるようで切なくなりますね。
しかし事実として王氏の世子として実力不足な王夙にとっては、人生を自力で建て直す大きなチャンスかもしれませんが、かつて情熱を傾けたものを完膚なきまで否定されてから、もう一度やれと命じられるのは結構な苦痛ではないでしょうか。

自力での人生の建て直しという意味では、子澹も「天下」に向けて一歩踏み出したと言えるかもしれません。…が、やっぱり阿嫵阿嫵言っていますね…
そして彼のためなら何でもする覚悟の錦児ですが、あんな子澹のために命も貞節も投げ出すことになってもいいのでしょうか?彼にそんな価値はないように思えてなりません。
それぞれが間違った方向に全力で走り始めているように見えますが、以前のように「蕭綦待ち」で解決できないだけに、内政と人心は予測不可能ですね♪

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。