上陽賦-運命の王妃-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇帝主催の狩りの最中に子隆が刺客に狙われますが、それは蕭綦に謀反の罪を着せる企みでした。寧朔軍は禁衛軍と死闘を繰り広げた末、胡光烈が蕭綦の身代わりに豫章王の遺体となり、胡瑶が蕭綦を連れて寧朔へと逃れることに。

かつては親友だったのに、王氏謝氏の対立関係から敵同士となっていた宛如と王儇ですが、王儇が乳母による静皇子の虐待を暴いたことで、関係に変化が。殉葬を命じられた宛如が人生の最期に王儇に会って何を伝えるのでしょうか。いまだ蕭綦の危機を知らない王儇が、この最大のピンチを切り抜けることができるのか、今回は緊張の連続ですよ!

スポンサーリンク

【上陽賦(じょうようふ)】(ネタバレあり)

第52話「守るべき者」

宛如は殉葬の前に王儇にこれまでを詫び、静皇子を養育するよう託す。王儇は宛如の懇願に迫られ、静皇子を母として養育することを約束する。昭陽殿を後にした王儇は、皇子のおくるみの中に皇后の令牌を発見し、皇宮を出ろという意味だと気付く。
白絹、毒酒、匕首の賜死三点セット!どれも選びたくないですよね~

王儇は子隆の枕元に呼ばれるが、皇太后が離れてうたたね寝していた。子隆は王儇に「悪事に手を染めた」と告白し、宮殿内で唯一信じられる王儇に静皇子を託し、できる限り遠くへ連れて行けと言い残す。皇太后が目覚めると、子隆は虫の息で母に夢の話を語る。皇宮の外へ出たいのに出られない、そんな夢と同様に良き皇帝になろうとしてあがき続けた子隆は、母の腕の中でその一生を終える。
子隆は皇帝でなかったら「いい人」として皆に愛される人物だったでしょうに…

王儇は静皇子を連れて皇宮を脱出しようとするが、永華門で止められるが、検問をしていたのは、かつて子律の謀反の際に王儇を助けた将軍・魏邯だった。魏邯が察して見逃し、皇帝崩御を知らせる鐘の中、王儇たちは皇宮を脱出する。王儇は屋敷に帰れば殺されると考え、西門から皇都を脱出しようとする。そこに駆け付けた龐癸が「皇帝刺客事件に大王が関与」との情報を寄せたため、一緒に城門を目指すことに。
魏邯が西門から永華門に配置替えになったのは、王儇を助けた功で出世でしょうか?

温丞相は、皇太后に皇太子即位の決断を促す。狩場では寧朔軍と禁衛軍が死闘の末相打ちし禁衛の将軍・方大勇と蕭綦の両方の亡骸を確認したという。そこに、王儇が皇后の玉佩で静皇子を連れて宮殿を脱出したことがわかり、皇太后は卒倒する。
皇太后のライフはもうゼロどころかマイナスに振り切っていますよね…

禁衛軍の李将軍が、永華門を皇后の令牌で通った馬車について尋ねるが、魏邯はあいまいにごまかし、豫章王妃が謀反人だと聞いて状況を尋ねるふりでしばらくひきとめる。
相変わらず魏邯はナイスキャラですね!

申太医は皇太后の意識を回復させる。しかし以前患った脳の病が悪化し、今後は意識が混乱するだろうという。たった一日で皇帝崩御、皇后殉葬、皇太子の失踪の上に皇太后の健康問題まで発生し、温丞相は途方に暮れつつも皇太后に「君主を立てるべき」と進言する。激高した皇太后は、錯乱しつつも「金全を呼んで」と命じる…
金全懐かしいですね。先帝・馬曜の近侍だったぽっちゃり宦官ですが、彼が何を…?

スポンサーリンク

第53話「侍女の裏切り」

皇太后の侍女・朝雲は、皇太后の密令だとして、監禁されていた宦官の金全を釈放する。
一方、王儇の一行は西門で皇后の令牌を提示するが、そこに禁衛軍が駆け付け城門は閉ざされてしまう。王儇は、禁衛軍が蕭綦の死と王妃殺害命令を叫ぶのを聞き動揺するが、西門の兵士たちはかつて豫章王配下だったことから禁衛軍に反旗を翻し、王儇を逃がす。
体を張って王儇を守って壮絶な死を遂げた、名もなき兵士に泣けます…

王儇は途中で二手に分かれようと提案する。王儇と龐癸は蕭綦を捜しに楝羽山へ、残りは静皇子を連れて江南の王夙のもとへ向かうが、侍女の中から錦児だけを連れて行くことに。王儇は徐女官に静皇子を託し、王夙に「必ず守って」と伝言する。
錦児の同行も、すべて誰かの仕組んだ計画のように思えます

龐癸が馬車を急がせる中、錦児は目印となる物を外にこっそり落とす。錦児の目印を追っていたのは賀蘭箴で、賀蘭箴は子澹に豫章王妃を差し出すと約束していたが、それを守るつもりはなかった。さらに賀蘭箴は大成の追手の軍勢をつぶしていく。一方金全は、二手に分かれた足跡を見つけ、王儇は江南の兄を頼ったに違いないと考え、捜索隊を江南に向ける。
ピアノ線…? いやこの時代ですからピアノ線ではないはず♪

王夙は助けを求めてきた避難民の男(青雲道士)の腕に王氏の刺青があるのに気付き、話を聞くことに。青雲道士は王藺が死を偽装していた事情について語り、王夙と王儇に王藺の死を信じさせる必要があったという。王夙が医官を連れて向かうと、王藺は疫病で弱っていた。
青雲道士お疲れさまでした!やっと王夙のもとにたどり着きましたね~

楝羽山まであと二日というところで、王儇たちの馬車は休憩をとる。錦児は飲み水に薬を盛って龐癸と王儇に飲ませる。錦児は子澹から王儇を連れてくるように言われていたが、連れて行くと王妃と婚姻するはずと考え、子澹の治世のため賀蘭箴に引き渡す取引をしたのだ。錦児は忽蘭とこれで縁を切るつもりだったが、忽耶奇に無理やり押し倒される…
錦児は子澹を想うあまり、自分で掘った穴に落ちたとしか言いようがないですね…

皇都では次期皇帝不在のまま皇帝の葬儀が行われていた。そこに急を知らせる花火が上がり、子澹は皇帝陵から皇都へと向かう。
錦児が払った犠牲に対して、この先子澹は責任を感じたりするのでしょうか?

蕭綦は、山で薬を作って売っている一家に正体を知らないまま助けられていたが、その一家のもとにも皇帝崩御と豫章王の謀反の話は伝わっていた。蕭綦は意識を回復するが、他に誰も近くに生き残っていた人はいなかったと聞いて愕然とする。
薬屋さんに助けられたとは、なんとも強運ですね!でも胡瑶はどこに…

スポンサーリンク

王藺は疫病からなんとか回復し、王夙が治水事業に成功していると聞いて、息子を正しく評価しようと考えるように。
かつて自分が破り捨てた夢で息子が成功して、民と自分を救ったとは感慨深いですよね

蕭綦は持ち前の生命力で回復を遂げるが、薬屋から豫章王が謀反人として首を晒され、豫章王妃が皇都を脱出しお尋ね者になっていると知らされ、部下たちを思い涙する。
その頃意識を回復した王儇は、賀蘭箴に連れ去られたことに気付く…
人一倍部下思いの蕭綦にとって、部下をすべて失ったことはつらすぎますね…

スポンサーリンク

第54話「新たな皇帝」

賀蘭箴は王儇を忽蘭に連れて行くと言い、錦児が王儇を長く裏切っていたと明かす。王儇の手配書が大成中に貼られる今は、忽蘭しか安全ではないと言われ、王儇は従うしかない。
龐癸は本当に死んでしまったのでしょうか?どこかで生きていて欲しいのですが

子澹は皇都の城門を前に列を止め、ゆっくりと進んでいた。子澹は手負いの「あの娘」を助けており、侍女の凌春に命じて医師に診察させていた。
「あの娘」は誰でしょう…心当たりは二人いるのですが…

朝廷では、王儇がなぜ静皇子を連れて逃げたのかわからず、しかし当面、皇帝の座をどうするのか考えるのが最優先だと議論が交わされていた。温丞相は国務の空白を避けるため、別の皇帝=安平王(子澹)を立てるという提案を行い、大臣たちも同意する。そこに子澹が勅命なしに帰京したとの知らせが入り、温丞相らは「天意だ」と安堵する。
温丞相は、この一大事に国を仕切る力量が不足なのかも。王藺とは真逆ですね

大臣たちは城門前の子澹のに「次期皇帝のご帰還を歓迎します」と申し出、ようやく子澹は皇宮入りを果たす。容体が落ち着いた皇太后は、子澹が即位のために帰京したと知って錯乱するが、子澹は皇太后のこれまでの悪事を突き付け、自分が皇太后の楝羽山の策を利用したことを明かす。皇太后は温丞相に「あの者を殺して」と命じるが、どうすることもできない。
ほぼすっぴん?皇太后役の女優魂を感じますね!

子澹が救った「あの娘」とは胡瑶だった。錦児が約束を破って目印を残さなかったため、子澹には王儇の行方は分からない。鳳池宮の侍女たちは蕭綦の謀反と王儇の行方不明で沈み込むが、そこに子澹が王儇を想って訪ねてくる。しかし鳳池宮に「阿嫵」の姿はない…
胡瑶が生きてました!子澹に救われていたとは。何があったのでしょうか…

承康2年8月、安平王子澹は太極殿で皇位に就き、生母の謝貴妃は孝純昱寧皇太后に封じられた。2年のうちに3度皇帝が変わる事態に、大成は不安に陥っていた。
王藺は政変の知らせを聞き、その好機を利用できなかったことで王夙に怒りをぶつけ、すべてが子澹の計画だと見抜く。王藺はこの事態に、もう江南に隠れる意味はないと考える。
徐女官はまだ到着していない?王藺がいるのに皇子を連れて行くのは危険ですよね

忽蘭では忽蘭王が賀蘭箴の帰還を迎える。忽蘭王は以前から「蕭綦の首を取れば退位する」と言っており、賀蘭箴に次期王に即位を勧め、カル族の王女・ミアとの婚姻を決めていた。しかし賀蘭箴は婚姻をきっぱり断ってカル族のコンプ王を怒らせただけでなく、王の座を放棄すると宣言する。賀蘭箴が望むのは豫章王妃との婚姻だと聞き、忽蘭王は愕然とする。
賀蘭拓が出てきましたが、妃となった王倩は元気にしているのでしょうか?

子澹に救われた胡瑶は、慣れない女性の服を着せられ、立ち居振る舞いを凌春に注意される。自分以外の生き残りの存在がわからないまま、子澹に面談した胡瑶は、豫章王と寧朔軍の無実を訴えるが、子澹は大赦を予定しているとだけ答え、皇宮を出ることを許される。
胡瑶の姿がまるで女装のようですね♪子澹が蕭綦を陥れた張本人なのですけどね…

賀蘭箴は王儇のために家を造らせ、世話をする侍女・アリマをつけるが、王儇は「お妃様」と呼ばれることを拒み、賀蘭箴の親切を受け入れない。忽蘭王に対しても毅然と振る舞い、自分は拉致されてきたと訴え、同盟を反故にしたことを非難する。忽蘭王は王儇が賀蘭箴に気持ちがないことがわかり、今夜解放することを約束する。
忽蘭王は人としては最低ですが、君主としては冷静な判断の出来る人のようですね

蕭綦は薬屋が留守の間に姿を消しており、家の壁には「必ず恩を返しに来ます」と彫られていた。蕭綦は傷の癒えない体で、ひとり馬を走らせる…
これから蕭綦はどこへむかうのでしょうか?

52~54話の感想

皇太后と宛如が子隆を操って、蕭綦と寧朔軍を潰そうと企み、その謀略を横から子澹が利用して漁夫の利を得て即位までこぎつけたわけですが、この誰も幸せになっていない感、勝者なき結末のむなしさはどうしたものでしょうか。しいて言えば、王儇をお持ち帰りできた賀蘭箴が一人勝ちと言えるかもしれませんが、ゴール直前で父親の作った障害物にひっかかってしまっています。

こう言ったらなんですが、子澹と賀蘭箴の諦めの悪い執着心のせいで、皇帝と皇后と、国を守る兵士たちが何千人も命を落とす羽目になったわけで、君たち本当にいい加減にしなさいよ、と言いたくなってしまいます。賀蘭箴の「王儇が手に入れば王座などいらない」がかなわないと、子澹のように「王儇を手に入れるために天下を手に入れる」に発展していくので、それぞれ迷惑この上ないです。二人とも何度もふられてるのになぜわからないのか…
子澹と賀蘭箴と、あと錦児を天牢にとじこめたい気持ちでいっぱいです。

それにしても胡瑶が、狩場である楝羽山から寧朔に向かっている途中に、皇帝陵の子澹に助けられたということは、位置関係がどうなっているのか、今とっても大成の地図が欲しいです。そしていまだに江南に到着しない徐女官一行はどこでどうしているのか…
寧朔と忽蘭は近接しているはずなので、王儇が忽蘭から解放されればそのまま寧朔に駆け込めばいいだろうし、蕭綦もきっと寧朔に向かって走り出しているのだと思いたいです。これが間違って、王儇を助けるために皇都へ向かったりしないか心配です。
このまま賀蘭箴が忽蘭王に即位したら、大成と忽蘭で王儇争奪のために国土も民もすべてを滅ぼす羽目になりそうですよね。ともあれ忽蘭王の圧力と、蕭綦の生命力と運に期待するしかないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする