両世歓-あらすじ-34話-35話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、互いのわだかまりを解き永遠の愛を誓い合った景辞と風眠晩。
そんななか都では不穏な空気が流れ始めていて、またしても波乱の予感が…。

【両世歓】(ネタバレあり)

34話

都では長楽公主や趙岩が軟禁されていて、宮中でも異変が。
そんななか、雍帝を訪ねた原夫人はそこで冷たくなり遺体となった雍帝を発見。
するとそこに鄴王が現れ、鄴王は「手を組まないか?」と提案し、景辞と慕北湮を都に呼べば原府の富貴を守るし娘たちも傷付けないと告げた。
その言葉を聞いた原夫人が鄴王のことを馬鹿にすると、鄴王は激昂し剣で原夫人を刺し殺してしまった。
その後、鄴王は都に戻ってきた亳王も後ろから首を絞め殺害するのだった。

雍帝、原夫人、亳王、ここに来てどんどん人が死んでいきますね…。

一方、都に向かっている景辞は鄴王が王位を奪うために王宮を包囲し、皇子や公主たちが軟禁されていること、そして原夫人と亳王が殺されたことを知る。
軽率に動くのは危険だと忠告された景辞は、作戦を練るのだった。
一方、風眠晩と慕北湮も都の状況を知り、ひとまず魏州に逃げようとしていた。
するとその道中、知夏が刺客たちに襲われ格闘する現場に遭遇。
風眠晩は資格たちを撃退、退散させた。
その後、風眠晩のことを責める知夏は慕北湮から「景妃を殺したのは原夫人ではない」と説明。
ここで知夏はかつて景妃を殺した黒幕は慶王の母で張賢妃で原夫人は濡れ衣を着せられていただけという事実を知り衝撃を受ける。
そして原夫人が犯人だと思い込み、原夫人の赤ん坊を盗んだことは間違っていたんだと深くショックを受けた。
その後、知夏は現れた刺客に剣で殺されてしまう。

ここに来て知夏までもが死亡…。

その場から逃げる風眠晩と慕北湮はだったが、2人は崖に追い込まれる。
すると2人は崖から飛び降り、慕北湮がロープを使い何とか助かる。
刺客たちは2人が飛び降り死亡したと思い込み、その場から立ち去るのだった。
一方、宮中では鄴王が重臣たちに雍帝が亡くなり自分が次の王位を継ぐことになったと説明。
それを聞いた重臣たちは戸惑いながらも誰も逆らうことができず、鄴王が王位につくことが決定した。

35話

偽の遺詔で新たな皇帝となった鄴王。
それを知った景辞たちは、鄴王を失脚させるべく動き始める。
一方、親の敵討ちのため鄴王に復讐すべく鄴王の懐に入り込み側近となった付小涵は、復讐を実行しようとするも失敗。
そのまま鄴王の護衛に殺され命を落としてしまった。
付小涵を愛していた鄴王はまさかの裏切りにショックを受けるのだった。

仇を取れずに亡くなってしまった付小涵は無念でしょうね…。

その後、酒に溺れ朝廷の仕事を怠ける鄴王。
さらに彼の暴君ぶりに重臣からは不満こその声が。
そんななか、付小涵の訃報を受けた景辞が鄴王にやって来る。
鄴王と対峙した景辞は遠回しに鄴王のことを皇帝と認めていないそぶりを見せ、その態度に鄴王は怒りを覚える。
さらに景辞は先代の雍帝は鄴王に王位を継がせる気がなく、鄴王が重臣たちに見せた先帝の書は偽物だと話し本物の書を見せる。
そこには「鄴王が私に背いた」と書かれていた。

これでもう鄴王は言い逃れできないですね!

それを見た重臣たちはザワザワ。
鄴王が憤る中、多くの兵が王宮にやって来る。
自分たちの味方の兵だとほくそ笑む鄴王だったが、その兵たちは風眠晩や慕北湮を始めとする景辞側の兵隊だった。

馬に乗り颯爽と登場する風眠晩カッコイイ!

実は景辞は風眠晩たちに手紙を送り指示を出し、この時のために準備をしていたのだ。
こうして景辞たちに追い詰められた鄴王は持っていた短刀を自分に突き刺し自害した。

あっけない最期でしたね…。

鄴王が死に、景辞たち、そして重臣たちは先帝の皇子・慶王に次期皇帝になって欲しいと頼むのだった。

感想

34話は雍帝、原夫人、亳王、知夏というこれまでストーリーに重要な役割を担っていた人物たちが次々と殺されてしまうという衝撃的な回でした。
目的のためには殺しなど手段を選ばない鄴王の暴君っぷりが遺憾無く発揮されていました。
そして新たにに鄴王が皇帝となり、暴君・鄴王が誕生したというラストでした。
そして35話ではついに景辞と鄴王が対峙しました。
クライマックスらしくもっとバチバチの激闘を繰り広げるのかと思いきや結末は呆気なかったですね。
しかしながら悪の黒幕だった鄴王を倒し、ハッピーエンドという感じでした。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。