両世歓-あらすじ-最終回(36話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、数々の悪事を行なった末、皇帝となった鄴王と対峙し、鄴王を皇帝の座から引きずり落とすことに成功した景辞。
黒幕・鄴王を倒し全ては解決したかに思われましたが…。
最終回、どんな結末を迎えるのでしょうか?

【両世歓】(ネタバレあり)

36話

景辞と風眠晩が仲良く話しをしていると長楽公主と趙岩がやって来る。

せっかくイイ雰囲気だったのに台無しですねw

どうやら長楽公主と趙岩は結婚することになりその報告に来たようだ。
景辞と風眠晩が2人の話を聞いていると、そこに慕北湮もやって来る。
慕北湮は風眠晩との婚姻を破談することに決めたことを報告するのだった。
そんななか、昭州が雍国に侵攻して来ているとの知らせが。

どうやら昭王は内乱で弱った雍国をそのまま攻め滅ぼそうという魂胆のようです。

この緊急事態に景辞は昭王と会い、侵攻をやめるよう説得させて欲しいと提案。
あまりに危険な提案に新雍帝はそれを認めないが、景辞の意志の強さに負け、景辞は昭王へ説得に行くこととなった。
その後、景辞は風眠晩と話していた。
そこで景辞はかつて自分のの足の腱が斬られた事件の真相が判明したと言い、ことの真相を話し始める。
実は景辞の足の腱を斬ったのは昭王の命で動いていた侍女・雁蓉だったのだ。
雁蓉は当時、景辞と風眠晩が意識を失うよう罠を仕掛け、景辞を誘拐。
そして風眠晩と同じ服を着て景辞の足の腱を斬ったのだった。

そういうことだったんですね…。

さらに景辞は自分の病の原因も昭王から貰った品に毒が塗られていたことだと明かす。
それを聞いた風眠晩は衝撃を受け、「昭王の元に行くなら私も一緒に行く!」と告げるのだった。
その後、景辞は昭王の元へ向かい、2人は対峙。
早速景辞は自分の足を斬った件、自分に送った品に毒が塗られていた件などに触れ昭王を言及。
そして「これまでの鄴王が黒幕だとされていた一連の事件の真の黒幕が実はあなただったのでは?」と昭王を追求。

昭王が真の黒幕だったとは…驚きです!

昭王が涼しい顔で景辞の話を聞く中、侍女に扮して景辞と一緒にやって来た風眠晩と原清離が姿を現しさらに昭王を追求。
昭王は紀國と手を組み多くの軍勢がいるため余裕の表情を見せていたが、ここである事実が判明する。
実は景辞たちは根回しをし紀国を説得し、自分たちの味方につけていたのだ。
完全に劣勢となった昭王は、降参し兵の撤退を命じたのだった。
その後、都に戻った景辞は風眠晩と2人の時間を過ごし永遠の愛を誓い合うのだった。

感想

今回は最終話でした。
前回、黒幕・鄴王を倒して一件落着と見せかけてのさらに真の黒幕がいてそれが昭王だったという展開は衝撃的でした。
景辞と昭王が対峙するクライマックスは話し合いで解決という鄴王の時よりも地味な展開でしたね。
風眠晩と原清離が登場し昭王を追及する場面は良かったですね。
最終的に丸く収まり、景辞と風眠晩も2人で幸せになりましたという感じで全体的にハッピーエンドで良かったです。
ラストの回想シーンは少し懐かしい気持ちになりました。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。