大唐見聞録-皇国への使者-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-大唐見聞録-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

大唐見聞録


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

朝廷に招かれた雲不器、李安瀾は母の形見を持って李世民に会いにいくが滴血法では血が混じらず親子か疑われてしまう。
それを救った雲不器、しかし李世民は母を前皇后として認めてもらいたいと言う李安瀾や常識知らずの雲不器の扱いに困ってしまう。

では、7話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【大唐見聞録】(ネタバレあり)

7話

李安瀾は他の宮女から礼儀作法の練習中に嫌がらせを受けていたが、元の強気の性格から言い返してしまう。
一方、承乾の教師である李綱は山東一族の長である盧寿の元にやってきて、李世民から朝廷に参加してくれないかと打診する。
盧寿の顔見てびっくりしましたねー王教授じゃないですかー。こういう現実とのキャスト被りはワクワクしていいですね

雲不器は盧寿が挨拶すると王教授だと思い肩を組んで馴れ馴れしく話すが盧寿は王教授は誰だと困惑してしまう。
承乾は再び盧寿を説得しようとするが朝廷には入らないという盧寿、しかし雲不器の説得で盧寿は参加を決意する。
王教授だと思って馴れ馴れしくする雲不器にハラハラしましたが、さすが傑物の盧寿は懐が拾いですねーもっと険悪になるかと。

李世民と皇后に報告した雲不器、今回の活躍のおかげで兵役から免除され長安にいられることになり程咬金将軍の砦に派遣されることになる。
雲不器は現在の兵の訓練を見てダメ出しをし、現代の兵のような総合力を鍛える訓練を提案、ほふく前進や壁を乗り越えるアスレチック式の訓練を導入する。

8話

李安瀾は厳しい礼儀作法の練習に嫌気がさし教育係を突き飛ばして宮廷から逃げ出してしまい、通りがかった候将軍の馬車に乗り込んでいた。
そして候将軍から母の田若蘭には義姉妹である紅拂が居ると聞いた李安瀾は紅拂の屋敷に向かうと、逃げる役員の頭を踏みつけて空を駆ける紅拂を目撃する。
中国ドラマ特有の急に身体能力の限界を発揮するかのようなワイヤーアクション、そんな空飛ぶほど礼儀作法の練習嫌だったなんて…

紅拂と李安瀾を取り囲む兵士をなぎ倒し屋根の上で語らう二人、李安瀾が李世民に冷遇されていると聞いた紅拂は激怒していた。
程咬金将軍の砦にやってきた李安瀾と紅拂、李安瀾を見つけた雲不器は駆け寄り話をしていると紅拂は李安瀾を若蘭と思い込み雲不器に剣を向ける。
こんな刺され方嫌だなー最初からなかなか突拍子もないキャラだと思ってた紅拂さんですが、まさかこんなことになるなんて…

雲不器を庇い刺されてしまった李安瀾、李安瀾は紅拂が急に自分の母と見間違えたと説明しこの事は内密にしてくれと程咬金将軍に頼み込む。
李安瀾、そして紅拂の心の病を治療したいと考える雲不器だったが、この砦では治療は出来ず皇后の指示で送られた為、この砦からも迂闊に出れないと告げる。

9話

雲不器は錯乱する紅拂を追い込みストレスによるショック療法を試し紅拂は意識を失って倒れてしまい、これは催眠による治療だと告げる。
そして李靖には紅拂の治療には李安瀾と会わせ過去と向き合うことが快復への近道だと説明し李安瀾に会わせることを約束させる。
ハイスペック雲不器、今度は催眠療法まで駆使するとか顔に似合わず色んなこと出来すぎでは!李安瀾も思った以上に重傷じゃなくて良かった

アヒルレースをしている太上皇の李淵、自分のアヒルが逃げてしまう追う李淵だったが飛んで逃げるアヒルを紅拂が捕まえる。
李安瀾を一緒に連れてきていた紅拂、若蘭と瓜二つの姿に驚く李淵に李安瀾が李世民に冷遇されていると告げ口をすると李淵は朝廷に文句を言うと乗り込んでくる。
太上皇にも面識のある若蘭が玄武門の変に兵士として出兵してたの謎ですよねー位高いなら戦になんて普通は出てないと思うけどなー

李淵は李世民の前で李安瀾を長公主に勝手に命じてしまい李世民は皇帝を譲った父が勝手に任命した事に対して良くは思っていなかった。
長孫皇后は李世民が父の勝手を良く思っていないと察し、雲不器に相談をすると雲不器は仲直りさせる為に麻雀を考え従者に制作をさせる。

7-9話感想

相変わらずハイスペックな雲不器、自分が出来もしないのに兵の訓練を一新させるのはどうかと思いますが朝廷でもメキメキと頭角を現してますね。
承乾とも仲良さそうにしているので見ててほっこりしますねー、李安瀾との関係は今はまだそんなに進んでない様子…何がきっかけになるのかな。
そして新キャラクターの紅拂さんはなかなかぶっ飛んでる設定ですね、とりあえず何かある度にワイヤーアクションするのが笑っちゃいます。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です