大唐見聞録-皇国への使者-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-大唐見聞録-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

大唐見聞録



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

李世民が謀反を起こすものを炙り出すために計画した罠に李安瀾がはまってしまい、それを庇った公輸木は毒を飲んで自らを犠牲にして助けます。
一方、牢から脱獄した雲不器はそこで陳彪に連れて行かれた辛月を尾行し小妹の遺体に動揺する辛月の口から衝撃の事実を聞かされる。

では、34話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【大唐見聞録】(ネタバレあり)

34話

候君集の指示により盲目の母の家に刺客が現れ撃退する際に重傷を負ってしまった陳彪、雲不器は刺客に煙幕を投げ背中を斬られた陳彪を助け出す。
陳彪は候君集に狙われている母を助けてくれと雲不器に頼み、その代わりに今まで関わった候君集の悪事の全てを雲不器に打ち明ける。
今まで散々悪行を重ねていた陳彪ですが母を守ろうと戦う姿、そして雲不器に母を託す姿はちょっと胸を打たれましたねー彼も利用された身でしたね

陳彪は雲不器が差し出した黒の球体の中に書かれた”申”は候君集のことだと告げ、田和子に李世民が墨家を襲わせたと信じ込ませていた。
そして若蘭を殺し自分を使って高士廉の令牌を盗み出し李世民に謀反を企てる為に父を良く思っていない承乾を引き込んだと雲不器に話す。
これで雲不器が全てを知ってしまいましたね、ただ李安瀾は勝手に動いてしまった為に承乾と密接になってまたややこしくなりそうな予感。

馬車で陳彪の母を救出した雲不器、候君集は陳彪とその母を始末できなかったと報告をうけ承乾が裏切り自分の秘密を知ったのではと勘違いする。
母に石を渡し馬車を降りて事切れる陳彪、その夜に候君集の使いから密書で呼ばれる承乾はそこで小妹の遺体を見せられる。

35話

候君集によって雲家の者たちが人質となり雲不器は陳彪から聞いたことを漏らせば雲家たちはどうなるかわからないぞと脅されていた。
雲不器はオウムを使い黄鼠に雲家を救出させて欲しいと連絡し雲家の床下に隠し通路を掘るが騒ぎに駆けつけた兵士たちによって小南しか救出出来なかった。
黄鼠の活躍素晴らしいですねー墨家の者以上に活躍してる!承乾が政務を担当してるからと強気の行動にでる候君集腹立ちますねー

矢を放たれながらも逃げる黄鼠と小南、路地で候君集と鉢合わせになり弓を射られそうになるが小妹を思い出し手元が狂う候君集。
李安瀾に会いに来た雲不器は全ての黒幕が候君集である事を打ち明け、その頃承乾は長孫皇后に会いにいくが長孫皇后は承乾を毒殺しようとしていた。
自らが招いたことですから同情はあんまりしませんが、これで承乾はもう後戻りする術を失いましたねーここから李世民と一騎打ちでしょうか

李世民がついに長安に帰ってくる日になりそれは謀反実行の日でもあったが、謀反実行の合図を出そうとした承乾の後ろから蘇婉が辛月を連れて現れる。
蘇婉が李世民を出迎える列に加わると辛月を戦に巻き込んでしまうと考え承乾は謀反実行の合図を出せないでいた。

34-36話感想

今まで黒幕の手先として色々と暗躍していた陳彪と盲目の母の話はかなり泣きそうになりましたねー思った以上にしっかり伏線も回収してくれました。
そして全てを知った雲不器、母である長孫皇后に裏切られた承乾、もうこれで彼らが再び仲良く接する機会は途絶えたように思えます。
最後の最後に今まで影の薄かった蘇婉が最高の働きをするところにも痺れましたねー自身の立場を考えてなお行動するとは…辛月よりよっぽど良い女ですね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です