如懿伝-にょいでん-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

侍女を連れて散歩していた如懿は庭で泣いている皇后の侍女・蓮心を見つけると阿箬は副太監の王欽に嫁ぐ蓮心を嘲笑するが如懿に叱られる。
高晞月と鉢合わせした如懿、その前を玫常在の乗る輿が横切っていき長春宮についた玫常在は妊娠したと報告する。

では、今回は13話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

13話

ついに慧貴妃・高晞月に激怒されてしまう阿箬、高晞月は侍女の茉心に平手打ちの刑を命じるが如懿は侍女としての仕事もあるからと阿箬を庇う。
しかし、高晞月は阿箬をひざまづかせ庇った如懿にも写経を100回命じ、阿箬は如懿に助けを求めるものの如懿は自分自身の責任だと言って写経をしに行く為に去ってしまう。
侍女のくせに主人である如懿にまで迷惑を掛ける阿箬、多分こういう人は反省じゃなくて恨みに変わっていくんだろうなーほんと嫌だよ、こんな前半で

如懿は阿箬の為に侍医や風呂を用意しつつ写経をしていたが、外は激しい雨になり阿箬は門の前でひざまずいていたが、そこにとある女性が手を差し伸べる。
阿箬は高晞月に言われた六刻も経たずに戻ってきたが高晞月の怒りが収まったので許されたと言う、如懿は阿箬に後宮では言葉一つで死ぬことになると忠告する。
高晞月とかそこらへんの策略で阿箬を味方につける為の作戦ですよねーきっと、如懿はそんな阿箬の為に写経しなきゃならないなんて早く気付きなよ

惢心と如懿は後宮で威張り問題を起こす阿箬に早く縁談を見つけて後宮から出そうと話していると阿箬は駆けつけて如懿に一生仕えると言う。

14話

如懿は身投げした蓮心を延禧宮に匿い、宮中で自害をすれば家族や夫も罪に問われると言うと蓮心は顔色を変えて自害をして王欽を道連れに出来るなら本望だと話す。
太監に嫁いだ事を嘲笑されるのは今となっては些細な事だと言って蓮心は袖をまくり、痣を見せ毎晩殴ったり噛まれたりと折檻を受けていると涙ながらに打ち明ける。
太監に嫁ぐのが可哀想なことだってのはわかりましたけど今でも理由はわからないんですよねー、そしてまさかのDV夫だったはもう弁明の余地なしですね

蓮心は自分を嫁がせたのは乾隆帝の心を探らせる為だと言って皇后には相談出来ず、更に自分の弟妹は皇后の実家が面倒を見ていると言って相談は出来ないと告げる。
事故死なら弟妹にも迷惑が掛からないという蓮心、如懿はそんな蓮心にその時がくれば助けてあげると言って、それまでどうにか我慢してと言う。
確かに皇后の侍女の中でも割と人情味のある顔してますからねー蓮心ちゃん、演技が上手いのかキャスティングが良いのか性格の悪さとかすぐわかるよね

翌朝、寒空の中で乾隆帝は白蕊姫の腹を撫でながら皇后の朝晩の挨拶を免除し、皇子を産む為に養生しろと言う。

15話

白蕊姫の子を巡って言い争いになる如懿と高晞月、乾隆帝は白蕊姫は安華殿に移し心を落ち着かせると決め誰が赤子の事を漏らしたのかが重要だと話す。
乾隆帝は赤子を見たのは自分と琅嬅、如懿と侍医の斉汝、そして太監の王欽だけでその場にいた奴婢たちはすぐさま解雇したので口外は出来ないはずと琅嬅は告げる。
琅嬅か王欽でしょーこんなことするの。さすがの乾隆帝も怒っていらっしゃいますねー早く犯人が見つかって処罰されてほしいなー

その頃、阿箬は懐妊した儀貴人・黄綺瑩のいる景陽宮に続々と祝いの品が贈られているのを羨ましそうに見ていると嘉貴人・金玉妍が声を掛ける。
金玉妍は皆奴婢だったが寵愛を受けて今は羨望の的だと話、阿箬に対してあなたも美人で父親は功臣だからいつかは運が巡ってくるかもしれないと話す。
阿箬は美人ってよりかはもう性格の悪そうなひねくれてる顔してるじゃないですか!金玉妍よりは美人だとは思いますけどねー金玉妍はもう顔から悪が溢れてる

金玉妍は貴方も着飾れば衆目を集めると言って、陛下に機会さえあれば仕えられるかもしれないと不敵な笑みを浮かべて去っていく。

13-15話感想

まさに出る杭は打たれるってのがまざまざと描かれた三話でしたねー如懿もあんな性格の阿箬をどうして家から連れてきてしまったのか…もっと良い侍女はいなかったの?
蓮心が良さそうですけど皇后の侍女だから変えることも出来ないでしょうしねー、協力者として皇后側の情報を持ってきてもらいましょう!
今回は特に金玉妍の悪そうなところが印象的でしたねー色々裏で悪いことしてそうですよ、この人。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。