如懿伝-にょいでん-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

富察琅嬅の嫡子である永琮が産まれるが、早産の為に非常に病弱であり生後三ヶ月で二度も風邪を引いてしまうほどで富察琅嬅自身も体調を崩していた。
しかし、茉心の存在を知った白蕊姫は皇后が自分たちにしてきた事を知ると天然痘に感染している茉心を使い永琮に乳母経由で天然痘を移させる。

では、今回は37話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

37話

奉先殿で天然痘にかかってしまった永琮の無事を祈っていた乾隆帝、そこにやってきた皇太后は誰もが恐れて報告に来ないから自分がきたと言って永琮の死を告げる。
永琮の死を聞いた乾隆帝はがっくりと肩を落とすが、皇太后は他の皇子もいるから悲しみを乗り越えなさいと励ますが乾隆帝は一筋の涙を流し拳を握る。
富察琅嬅も体調悪くしてますけど、これはまた後宮内が荒れそう…怖いのは金玉妍が子供を立て続けに産んでるから後宮内で権力が強くなりそうなことよね

その頃、倒れた富察琅嬅は意識を取り戻すが茫然自失で横になっており、素練が乾隆帝が届けた汁物を食べさそうとするが口にせずに涙を流すばかりだった。
皇太后は娘の恒媞がやってきて嬉しがっており皇后の心配よりも恒媞の事を優先し、姉とは違い恒媞は遠方に嫁がせないと言って恒媞のことを抱きしめる。
そりゃ実子ではない子供の嫁がどうなるかよりかは自分の娘の方が大事なのはわかりますけどねー一国の皇太后なのにとは思いますが世知辛い世の中ですよ

富察琅嬅の娘である和敬公主の璟瑟が富察琅嬅の元にやってきて自分が母を支えると言うが、富察琅嬅は娘は息子の添え物に過ぎないと吐き捨てる。

38話

蒙古のホルチン部へ誰を嫁がせるか悩む乾隆帝、如懿は乾隆帝の隣で陛下が一番望むものは何かと尋ねると清の皇帝がゆえ家族よりも朝廷を優先すべきだと答える。
それを聞いた如懿はホルチン部との関係を重視するのであれば最も陛下が信頼する者を嫁がせるのが最善だと言うが、乾隆帝も璟瑟だとわかってはいるが息子を失った今嫁がせるのは忍びないと言う。
そこはもう富察琅嬅と相談すれば良いのでは…本人は娘は添え物って言っちゃうくらいなんだから娘くらい嫁がせれば良いのにねー情緒不安定なのはわかるけどさ

悩む乾隆帝の元にやってきた李玉は皇后の弟である傅恒がやってきたと言うと、傅恒は今悩んでいる件で皇后の代弁をするつもりだと乾隆帝は告げる。
その頃、皇太后にも近しい大臣の訥親らを使って恒媞の輿入れを阻止している中、侍女の福珈は如懿に進言してもらおうと提案し皇太后は嫌がるが如懿がそこへ現れる。
命を助けたのに皇太后からも嫌われている如懿はほんと後ろ盾が全然ない状況ですよねー乾隆帝が心変わりしちゃったらすぐさま危険になりそうな立場

如懿は恒媞の輿入れを皇太后自身や大臣たちから進言させ娘を嫁げた時の利を知っていると印象づけさせるのが恒媞を手放さない為の策だと答える。

39話

白蕊姫が細工したことにより川に落ちてしまった富察琅嬅は凌雲徹に助けられるものの心身疲労をしており富察琅嬅を診た斉侍医は命はもう僅かだと告げる。
乾隆帝たちはそれを聞くと璟瑟は取り乱すが、皇太后は万一に備えて内務府に使いを送ろうと乾隆帝に提案するものの乾隆帝は力なく任せますと言っただけだった。
正直、白蕊姫が言った通り因果応報だと思いますよー乾隆帝を独占して愛されたいってのはわかりますけど、そこは正妻なら大きく包んであげなきゃね

皇太后はすぐさま如懿と蘇緑筠に皇后の代わりを務めるように指示、妃たちは散会になるがその帰り際に蘇緑筠は躓いて簪を落とし金玉妍と侍女の貞淑がそれをすかさず取る。
部屋に戻ってきた蘇緑筠の侍女・可心が絹鞠の簪が無い事に気付くが慌てていつ落とし方かわからないという蘇緑筠、可心は探しに行こうとするがこんな時は不興を買うと言って制止する。
金玉妍もそうですけど侍女の貞淑もずる賢いことに頭の回転も速いようで示し合わせたかのように簪を盗みましたねーこれを皇后殺害のネタにするんだろうなぁ

海蘭がやってくると蘇緑筠は皇后が因果応報とうわ言を繰り返していると言って自分たちの話を聞かれたのではと怯える。

37-39話感想

いやーまさか蓮心まで死んでしまうとは思いませんでしたねー蓮心は如懿の味方になってくれるのではと思ってましたが主を裏切る侍女はダメなのかな。
そして最期はお涙頂戴になるかと思ったらしっかりと因果応報になった富察琅嬅、白蕊姫と金玉妍が殺したってのはあんまり気持ちのいいものじゃないですけどね。
これから後宮は皇后争いに発展して女同士の戦いになってメンタルがやられそう。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。