如懿伝-にょいでん-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

全てを知った白蕊姫は富察琅嬅に復讐しようとして嫡子の永琮に天然痘を移し永琮は死んでしまうと富察琅嬅は茫然自失になり寝込んでしまう。
山東に弱っている身体でついてきた富察琅嬅だったが、帰りの港で白蕊姫の細工した板で足を滑らし川へ転落してしまう。

では、今回は40話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

40話

乾隆帝は侍女の毓瑚に素練の死の真相を探らせていたが、毓瑚は素練が握りしめていた絹鞠の簪を乾隆帝に渡すと一昨年の七夕に蘇緑筠に渡したものだと気付く。
毓瑚はそれを素練が握りしめており、死に至った原因と関係あるのかもしれないと報告、ただこの簪だけでは証拠としては不十分だと言って蘇緑筠は今どうしてるかと毓瑚に尋ねる。
何より毓瑚の敏腕感凄いですよねーさすが皇帝の侍女なだけありますよ、やっぱ皇帝の片腕はこういう人じゃなきゃね。蘇緑筠は騒動に巻き込まれ層なタイプだもんなぁ

金玉妍と一緒に葬儀の準備をしていると聞いた乾隆帝は皇后の葬儀の準備をしつつ身重の金玉妍を取り込んで従わせている蘇緑筠は思った以上にやり手だと呟く。
毓瑚は素練の死は事故の可能性もあるが、誰かに叩きつけられた可能性もあって調べがつかないと報告、乾隆帝は一人自分が知らない秘密があるかもしれないと皇后を疑っていた事を後悔する。
蘇緑筠がやり手じゃなくて金玉妍がやり手なんですよ…って乾隆帝が気付かない程、乾隆帝の前では猫を上手く被っているんでしょうねー金玉妍は…

宮中に帰ってきた面々、 富察琅嬅の葬儀は未だ嘗て無いほど盛大に行われた。

41話

葬儀は続いており第5皇子の永琪は泣いており金玉妍も涙を流してはいたが、その目は悲しんでおらずに第1皇子の永璜を海蘭は第3皇子の永璋の顔を眺めていた。
乾隆帝は振り返ると永璜が泣いていないことを問い詰めると、永璜は父が悲しんでいるので自分が葬儀を取り仕切らないとと気を張っていたと弁明し永璋も兄を庇う。
いきなり髭が伸びた乾隆帝、あんだけ最後に疑って冷たい態度にしたのに急に自分は泣いてるから子供も泣かないのはおかしいってのは海蘭の策だねぇ

永璋も父を支えようとして涙を流してなかったと言うが、そんな二人を乾隆帝は張り倒し嫡母親不孝者めと叱りつけるが二人が泣かないのは金玉妍と海蘭の策故だった。
蘇緑筠はすぐさま永璋を庇うが乾隆帝の怒りは蘇緑筠に向くと、如懿は二人は親不孝者では無いと立ち上がるが乾隆帝の怒りは止まず永璜が皇太子の座を狙っていると怒る。
いやーまさかの海蘭がそんなことするとはねぇ…海蘭は純情で如懿に尽くしててくれればいいのよぉ、余計なこと全然しなくていいからぁ

息子を名乗る資格がないと蹴り倒す乾隆帝、蘇緑筠にも母親のしつけのせいだと叱りつける。

42話

皇太后の化粧をしながら如懿は皇后になれと叔母から言われたが一族の繁栄の為に皇后になることが本当に必要かと考えている打ち明けると、叔母もそう思い自滅したと皇太后は語る。
自分は皇后では無かったが今になってみれば後宮を仕切っていると言う皇太后、そして先帝の墓に入るのも自分だと言って叔母の最期は滑稽だと語る。
まぁ意見としては間違ってないんですけどねー皇后という位に固執して自滅した富察琅嬅だってそうですしねーただ如懿は出世欲が無いですからね

帰り際に海蘭が待っており如懿が皇太后からどうして呼ばれたのかと聞くが何でもないと答える如懿、海蘭は自分の仕業だと打ち明けるというが如懿は話しても同じことだと言う。
この件で如懿から見限られたと思ったと言う海蘭、如懿は自分の為だとはわかっているが今後二度とあんなことはしないでと海蘭に忠告する。
そうですよー海蘭はあんまり出世欲を見せずに如懿と静かに過ごしてほしいんですよ、ただ二度としないと誓わなかったからまたやりそうですね

皇太后と食事をする乾隆帝だったが乾隆帝は永璜と永璋に吐き捨てた発言は撤回しないし許さないと言う。

40-42話感想

女同士の争いから皇子たちの絡む皇位継承権問題に発展してきそうな感じ、40話で半分くらいなのでここから皇子たちが育っていくと考えるとハラハラ。
海蘭がここ数話でちょっと不審な動きをしているのも気になるポイント、海蘭はずっと如懿の味方で居てほしいんだけどなー。
疑心暗鬼になると乾隆帝もあんなになっちゃうので如懿にも牙を向かないかと今から不安です。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。