如懿伝-にょいでん-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

産気づいた如懿だったが衛嬿婉の息のかかった産婆の田氏により逆子は胎位を戻せず、更に出産までの時間稼ぎをされて死産してしまう。
凌雲徹に密かにこの件を調べさせていた如懿だったが、田氏の息子の田俊が死んでいるのが見つかりその犯人として海蘭の甥御である扎斉が捕まる。

では、今回は67話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

67話

如懿は仏堂で祈っているとそこに凌雲徹がやってくると、田氏の息子・田俊を殺したと疑われている海蘭の甥・扎斉が衛府に出入りしていたと報告する。
更に衛嬿婉の弟である左禄と酒を飲んでいるところを目撃したが一度しか見ていないので、扎斉と左禄の関係を調べると言うと如懿はここまでで十分と告げる。
如懿の配下で色々と動いている凌雲徹かっこいいですねーそうそう、こういうのが見たかったんですよーただ展開としてはかなりシリアスになっちゃったけど

後は他の者に任せると言って凌雲徹を下がらせる如懿、侍女の容珮はどうして今後も凌雲徹を頼らないのかと尋ねると如懿は幼馴染の罪を暴かせるのは酷だと言う。
その頃、衛氏は煙草の煙を燻らせながら左禄も年頃だから誰か紹介してやれと娘の衛嬿婉に言うと、弟は自分の名前出して吹聴してまわり世間体が悪いと釘をさす。
この親にしてこの子ありって感じですねーこういうのは最後の黒幕ってよりかは早々に退場する阿箬みたいな立場なんですよ、物足りないよねー

衛氏は占い師に見てもらったら衛嬿婉が皇后の相だと言われ、衛嬿婉は運はあれど宿命が無く皇后・如懿は宿命あれど運が無いと言われたと話す。

68話

衛嬿婉の子供が産まれたが乾隆帝と衛嬿婉が望んだ皇子ではなく公主が産まれ、皇子なら自分の立場を守ってくれたが公主など産んでも役に立たないと言う。
進忠はすぐさま乾隆帝たちの元にやってくると衛嬿婉の子供が公主だったと報告、目元は乾隆帝に似てるので見に行かれてはと提案するが乾隆帝はそれを断る。
このドラマ、子供の扱いが雑過ぎて酷なのよねー確かに権力争いの為のようなものだけど、それなら別に子供が沢山至って皇室は栄えませんよね

巴林湄若は第6公主を失い元気が無いと言って衛嬿婉の産んだ第7公主を養育させようとするが巴林湄若は衛嬿婉は嫌いで同じ妃位の子を養育するのは宮中の掟に反すると告げる。
乾隆帝は李玉に衛嬿婉の称号を剥奪し答応に降格させよと指示を出し、如懿に意見を求めるが養育の件は良いものの永璟の件に衛嬿婉が無関係とは思えないと話す。
ここまできてもサクッと退場しなさそうな衛嬿婉、ここから巻き返すってなると皇子を産むくらい?正直、もう皇子いらないって思うんですよねー

引き続き永璟の件を調べると言う如懿、乾隆帝は許可を出し衛嬿婉の処分は調査後にすると告げる。

69話

乾隆帝は衛嬿婉を尋問するが涙を流して自分は無実だと懇願する衛嬿婉、乾隆帝は王蟾を釈放するように進忠に指示を出し下がらせると衛嬿婉と進忠は目配せをする。
進忠と入れ替わりにやってくる巴林湄若は慶佑が一人でいる時にたまたま衛嬿婉が救ったのは偶然過ぎると言って、どうしてあの時にあの場所に居たのかと問い詰める。
これは王蟾を殺して口封じさせるってアイコンタクトなのかな?ほんと進忠も微妙に覚えにくい特徴のない顔してるから余計腹立つし乾隆帝はすぐ許しすぎ

侍女の春嬋は第7公主の姿が見たかったと衛嬿婉を庇うが、巴林湄若はすぐさま子供は昼寝の時間で更に秋風が強い時に赤子を外には連れて行かないと嘘を指摘する。
乾隆帝の情に訴えかける衛嬿婉は公主は返せとは言わないが、もう1人子供を産ませて欲しいと懇願するが巴林湄若は衛嬿婉には養生が先だと話に割って入る。
頭はキレるものの決定打に欠けるバリンちゃん、答応に下げられて冷遇されている妃のくせにもう1人子供が欲しいって…12年も冷遇されてた妃嬪がいたのにねー

璟瑟の元にやってきた衛嬿婉は助けられたことを感謝し、第13皇子の件は母に罪があったが自分を思ってくれてのことだったと話す。

67-69話感想

ドラマのストーリー展開としてはずっと同じような事をやってるので少々飽きてきた感じが否めないですねー何より衛嬿婉が悪役としては微妙。
そう思うと周りに踊らされて呆気なく死んでしまう高晞月とか、物凄い野心家で侍女時代から色々と騒動を起こす阿箬とかははまり役だったんだなーって。
璟瑟と衛嬿婉がこれから台頭してきても、ずっと拭いきれない小娘感。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。