少林問道-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-少林問道(しょうりんもんどう)-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

少林問道



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、聞道が少林寺入りの条件をクリアし、ようやく出家か?というところまでこぎつけました。どーでしょう。そんなにすんなりいくと思います~?

だって、蓁蓁がどこかに売られてしまって行方不明なのですよ~!
これまでは、彼女の身は剣雄によって守られてきましたが、これからはそうはいかないかもしれません。
そんな時に最大の問題をほっぽって、聞道が出家するわきゃーない! ですよね♪

今回は聞道と蓁蓁の話は、涙涙の展開になりますので、ハンカチのご用意を!

【少林問道】(ネタバレあり)

13話「十一娘」

蘭女将が蓁蓁を人買いに売ったと白状、剣雄は激昂する。
明徳は女将たちの始末をし、蓁蓁の行方を探してやる、と剣雄に恩を売った。
明徳がまた一段階、剣雄を明徳化しましたね…

聞道は菜園での暮らしを終え、出家の準備をしようとしていた。
そこに楊秀が「蓁蓁が洛陽の梅艶楼に買われた」という情報を聞きこんできた。
蓁蓁を助けるため聞道は山を下りる決心をする。寒毒がいつ再発するかわからないが、敗火も止められない。
楊秀の情報収集力は意外なところで発揮されますね~
そして相変わらずノープランのまま突っ走る聞道…

蓁蓁は「梅艶楼」に到着していた。
そこに笑笑兄という常連の客が、楼の妓女が邸で銀子を盗んだと怒鳴り込んできた。しかし楼の梅女将は、笑笑兄の理不尽な要求を手慣れた風に一蹴。
梅女将は蓁蓁に「十一娘」という新たな名前を授ける。
梅女将、なかなかの女傑ですね~
それに対して笑笑兄…器ちっせ~♪ 手下がなんかwithBみたい…

元郡主ということで他の妓女たちにも蓁蓁は話題に。
蓁蓁は女将がただものではないとみて、従順にふるまっている。
梅艶楼は洛陽随一の青楼で、蓁蓁の初夜の値段はつりあがるばかりで聞道たちには簡単に手が出せない。
そこで聞道は、反厳党の文士たちから義援金を募ることを考える…
聞道のプランは… かなり詐欺臭いのですが…

楊秀は同志たちに向けて檄文を書きあげ、それがあちこちの書院に回って、支援の声が上がり始める。
聞道は蓁蓁の操のためで頭がいっぱいになっているが、それで銀子を募るのには、楊秀には文士として抵抗があり、協力を拒否する。
一方、蓁蓁が洛陽に売られたことはすでに明徳にも伝わっていたが、それをわざと剣雄に伝えていなかった。
楊秀いくらなんでも断っていいと思う…
楊秀のプライドを売って、蓁蓁を買うのはさすがにどうかと~

聞道は文士たちの集会を開くが、楊秀が姿を見せず、「銭を借りて身請けしたい」という話にみんな呆れはじめる。
しかし意を決した楊秀が現れて熱弁をふるい、聞道も涙の土下座を…
楊秀… プライドはいいのか…

14話「女将の秘密」

聞道と楊秀の涙の土下座に打たれ、文人たちは次々に寄付。
思ったよりも大金が集まってしまったことに、二人は呆然とするのだった。
文人たち、頭脳派のはずなのに、かなりちょろすぎます…

梅艶楼では、「十一娘」のお披露目の準備が。次々に入札していく男たちによって蓁蓁の値段はどんどん吊り上がっていった。
そこに聞道が身請けを申し入れるが、女将が「十万両」とふっかけてきたので、仕方なく初夜を千両で落札する。
これはおいくら位なんでしょう…。 梅女将のやり手ぶりスゴイですね~

聞道は蓁蓁の部屋に通され、寝台にいざなわれるが、聞道は「まだ婚礼も挙げていないから」と抑える。いつか明徳を殺したら、そしたら君を娶る… と誓う聞道に、蓁蓁は「ずっと待ち続ける」と…
二人の想いが、あまりにピュアで泣けてしまいますね…

翌朝、逃げようとする二人だったが、部屋の外では女将たちが待ち構えていた。女将は二人がお尋ね者だと承知していたのだ。
ところが聞道が発作で倒れてしまう。これは寒疾の発作で、少林寺の敗火大師の治療で生き延びている、と聞かされ、なぜか梅女将の顔色が変わる…
むむっ?梅女将は一体何者?

蓁蓁は聞道に、敗火に助けを求めるよう勧める。昔、敗火と程粛は、共に倭寇と闘った時に明徳に裏切られたことがあるから、きっと助けてくれると。
それならなぜ父は明徳を許したのか、父は明徳に無用な情けをかけたのでは…と聞道は恨みをさらに募らせるのだった。
蓁蓁…その敗火の逸話は誰から聞いたのかな?
なんだかそれ、記憶のすり替えがどこかで行われているような…

少林三傑は、聞道が梅艶楼で「何かを買った」と聞いて、聞道を探そうとたくらんでお仕置きを受けていた。
それを聞いた敗火は密かに梅女将と面会。実は梅女将が蓁蓁を買ったのは敗火の頼みだったからで、梅女将は敗火の妹・梅児だった。
梅女将は「わが子を卑劣な程粛に渡して、それを黙っていた」と敗火をなじる。なんと女将は聞道の実母だったというのだ。しかし敗火は「母親だと名乗り出てはならぬ」と…
たたみかけるように衝撃の事実がぶちかまされて、少林三傑の小ネタ飛びました!
えっと、女将が聞道の母ってことは、父親は…誰?

全てを知った女将は、話してしまいたい気持ちを抑えながら蓁蓁に「青楼の女として生きていくこと」について語る。最も怖いのは情が残ること。そして女が成功するには「常に男を勝ち取ること」だと。
蓁蓁の父・栄順王は昔、梅女将のことを「お嬢様」と呼んでいたのだという…
女将の家柄は栄順王よりも上、っていうことは、敗火ももちろん、ってことで…
それを没落に追い込んだのは、どうやら「善良」な程粛ってこと?

聞道には追手がかかるようになり、剣雄が来るのも時間の問題に。
楊秀は洛陽から離れろと忠告するが、聞道は動かない。
剣雄が来るのを待って、蓁蓁を託すしかないと聞道は思いつめる…
蓁蓁を守れる力は自分にはないけど、剣雄にはあるっていう決断…
その一点において信頼に足る男なんですよね、剣雄は…

15話「2人だけの祝言」

明徳は厳嵩の息子・厳世蕃に面会し、剣雄を河南府の衛指揮使に就任させ、わざと洛陽に赴任させた。
そしてようやく、剣雄の耳に蓁蓁と聞道の居場所が届いていた…
厳党の親玉・厳嵩が出てくるかと思ったのですが、息子かぁ~

聞道は梅女将に、蓁蓁と自分を逃がしてくれと頼むが、聞道が我が子と知った女将には複雑。自分の仇と思う程粛の子として、どう生きてきたかが気になって仕方がない。
母と名乗りたい思いを抑え、しかし程粛を敬愛している聞道に「程粛が私の家を滅ぼし、私を今のように変えた」と言わずにはいられない。
女将の言いたいけど言えないジレンマが、じれったくもあり…
いやほんと、なんで聞道を程家に預けた、そして程粛!過去に何をした~!

剣雄に蓁蓁を渡して自分は殺されるつもりで、聞道は、その前にと二人で祝言を挙げる。
赤い衣装を着て、祭壇を作って誓いの拝礼を…しかし夫婦になれない現実に二人は打ちのめされるのだった。
ところがそこに笑笑兄が乱入し、聞道を引き離して、蓁蓁を暴行しようとする。
時代劇で赤い衣装の祝言は何度も見てきましたが、この二人の素朴すぎる祝言ほど
美しいものはないような気がします… なのに、笑笑兄め~!!

そこにちょうど剣雄が梅艶楼に到着。聞道を捕らえさせまいとする母心で、蓁蓁のもとに行こうとする剣雄を、梅女将は懸命に阻止しようとする。
剣雄は笑笑兄を追い払い、聞道に剣を向けるが、梅女将と蓁蓁が身体をはって守る。
聞道は「彼女は純潔なんだ」と、渾身の土下座で蓁蓁を託し少林寺へと去っていく…
蓁蓁が花嫁衣裳で襲われ真っ最中でしたからね、剣雄も疑うわけですよね~
でも、聞道の魂の土下座はあまりにつらすぎる…

少林寺では敗火が、修行とうそぶいて昼寝をしていた。
正念はまだ聞道を少林寺の弟子にする気持ちにはなれずにいた。
剣雄が洛陽に着いたとの知らせが少林寺にも届いていた。それは、少林寺と剣雄の戦いの始まりでもあった…
正念さん、まだ聞道を受け入れる気になってない往生際の悪さったら!
…そういえば聞道は、敗火の甥っ子なんですよね。う~ん、謎が深まる~!

13~15話の感想

今回は、謎の蓋がちょぴり開きましたね…

まず、聞道の母親は梅女将で、女将は敗火の妹、ということが明かされました。
今まで出てきた聞道の母についての情報はというと… 程家滅亡の時、聞道の母親はいませんでした。でも、聞道の記憶には「優しい母親」が残っていたので、母親という存在と生活していた時期はあった、と。
でも、あの回想シーンの母親は梅女将でしょうか?
程家には聞道の兄というか、長男がいた(一話目で、明徳に舌を切られた上、殺された)ので、他の奥さんが聞道を育てていたという可能性もありますよね~。

それと、聞道の父親は誰?っていうことになるわけですが… 程粛?
避妊薬を服用していたから寒疾になった、ということなら、憎い程粛との子を作らないための服用と、薬の効用が及ばなかった妊娠?とも考えたのですが、女将が「程家の子じゃない」アピールしてましたよね~。
…そうするとですよ。 可能性として、子供がいないってわざわざ言ってた該当年齢の男性が一人いるんですけど…
それだと、因果にしてもあまりにあんまりなんじゃないかという…

それにしても、聞道の見てきた「父親像」と、女将の語る「程粛像」の落差は一体どうしちゃったんでしょうか。倭寇討伐の逸話で、味方から見捨てられたのが程粛ではなく、見捨てた方だだというのが本当なら… その真相をゆがめたことで、多くの人生が狂わされてしまった…代償はあまりに大きすぎますよね。

親世代の因縁と怨念が、まさに子世代に受け継がれる形で、さらに増幅されているわけですが…
そんな連鎖を断ち切ることはできるのか、この先誰か救われることはあるのか~!
お願い仏様~南無阿弥陀仏~!!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です