慶余年(けいよねん)-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
范閑たちが北斉に到着し、沈重と対面するなど色々あった前回。
そして今回、范閑は北斉に捕らわれている言氷雲の捜索を始めるも…。

【慶余年(けいよねん)】(ネタバレあり)

37話

町民たちから野菜を投げつけられるなど大ブーイングを受けながら皇宮へと進む范閑はわざと町民たちの怒りを増幅させるような振る舞いを見せ町民たちを煽る。
すると范閑たちの前にある男が現れる。
彼は程巨樹の師匠・何道人で范閑と一触即発状態になるも、沈重がそれを制止し、何道人はその場から立ち去った。
その後、范閑たちは皇宮に到着し北斉の皇帝と対面。
北斉の皇帝は若い女性で、范閑はそれに驚くなか、皇太后と対面。

その隣には海棠の姿が

どうやら皇帝は范閑の詩をとても気に入っているらしく、そのことについて范閑は皇帝と2人で話すことに。
そこで、范閑は海棠が”皇太后一派”ではなく”皇帝一派”だったことを知る。
そして皇帝は「わたしと手を組まないか?」と提案して来た。
どうやらここ最近、皇太后に忠誠を誓っている沈重一派が朝廷内で幅を利かせていて、罷免することもできずに困っているのだとか。
「沈重を殺して欲しい」
皇帝は范閑にそう頼むも、范閑はそれを拒否するのだった。
その後、言氷雲を連れ戻すなど任務を終え早く慶国に帰りたい范閑だったが、北斉の事情でしばらく北斉に滞在することに。

どうやら慶帝もそれを了承したようで、范閑に試練を与え鍛えるという目的があるようです

その後、范閑は言氷雲の捜索を開始する。
町民から情報を得ようとするも、顔が割れていてできないため、宿にいた郭保坤に協力してもらい町民から情報を聞き出してもらうことに。
しかし郭保坤にも沈重の部下による見張りがついていた。

38話

郭保坤に沈重の部下による見張りがついていたが、范閑はそれもお見通しの様子。

沈重に手間をかけさせるためわざと郭保坤を外に出したようです

その後、范閑と王啓年は宿を出てある人物に会いに行く。
それは程巨樹の師匠、そして院長との内通者・何道人だった。
何道人は「院長に依頼されお前に協力する」と告げ、范閑は何道人から慶国の内庫の店の情報、さらに言氷雲の捕まる直前の行動についての情報を得るのだった。
その後、范閑は言氷雲について調べるため彼の屋敷へ、王啓年は内庫の店舗に向かうことに。
范閑が屋敷に到着するとそこには沈重がいた。

どうやら范閑の動きを読み先回りしていたようです

沈重は屋敷にある家具など言氷雲に関する手掛かりになりそうなものは全て処分したと范閑に告げる。
すると范閑は「九品の猛者でなければ自分のことを止められない」と牽制するのだった。

結局屋敷からは范閑は何も情報を得られませんでした…

その夜、沈重は范閑を見張るためある人物を呼び出す。
昼間に范閑から「九品の猛者でなければ自分のことを止められない」と言われたからだ。
その呼び出した人物は何道人で、沈重は彼に范閑の見張りを頼むのだった。
その後、何道人は范閑のもとを訪ねていた。
実はこれは范閑の作戦で、自分に猛者を見張りにつけるよう促せば、沈重は何道人を自分の見張りにつけるはずだと予想していたのだ。

范閑の作戦通りということですね

さらに范閑は屋敷では情報は得られなかったが、屋敷付近の住民から言氷雲についての情報を得たと話す。
住民によると言氷雲は金遣いも派手で、人付き合いもよかったようで、ある日、錦衣衛の男たちに連れていかれたのだとか。
そして言氷雲はある女性と親しくしていて、彼女は事前に錦衣衛が言氷雲を連れて行くことを知っていたという。
「その女は恐らく錦衣衛の人間だろう…」
范閑はそう推理すると何道人は「沈重の妹かもしれない」とつぶやく。
それを聞いた范閑は沈重の妹について調べることにした。
その後、沈重の妹には厳重な監視がついて、ある地点に向かうとその監視が強化されていることが判明。
「言氷雲はその付近にいる可能性が高いな…」
范閑はそう推理し調査を続けることにした。
その後、沈重の妹の侍女を尾行した王啓年は、彼女が傷薬と感冒薬を薬局で手に入れる様子を目撃。

どうやら言氷雲のための薬のようです

范閑は屋敷に戻ろうとする侍女に「奴を救いたいなら明日馬車を止めろとお嬢様に言え」と言い立ち去った。
翌日、侍女は范閑からの伝言を沈重の妹に伝えたようで、馬車は范閑たちの近くで停止する。
すると范閑は彼女の馬車に乗り込み、言氷雲がいる場所を教えるよう詰め寄り、その場所に案内してもらうことに。
しかしその場所は護衛が多く、例え沈重の妹のお供だと言ってもそこには入れないのだとか。
范閑は考えた末、沈重の妹に協力してもらい、彼女の首に短刀を突きつけ人質に取ったように見せかけ強引に中に入ることにした。
一方、何道人は范閑への見張りについて「邪魔が入り見失った」と嘘の報告をしていた。
それを聞いた沈重は「范閑が上杉虎と結託した可能性があるな…」と推理した。
そんななか、沈重の元に范閑が妹を人質に取り言氷雲を監禁している屋敷に侵入したという知らせが届く。
それを聞いた沈重は憤り現場に急行した。
一方、范閑は捕らわれている言氷雲と対面し、助けに来たことを伝える。
しかし言氷雲は范閑のことが信じられずその場を動こうとしないのだった。

39話

范閑のことを信用できず監禁場所から動こうとしない言氷雲。
さらに沈重の妹に対しても「君に近づいたのは軍の情報を仕入れるためだ。好意などない」と言うのだった。
范閑が言氷雲を連れ出そうと説得する中、そこに沈重がやって来る。
沈重が范閑に刀を突きつけるなか、屋敷に海棠がやって来て「皇帝も皇太后も解放するよう言っている」と伝言。
沈重はそれに従うしかなく、言氷雲と范閑を解放するのだった。

何とか言氷雲の解放に成功しましたね

その後、自分の身柄が肖恩と交換だと知った言氷雲は「ダメだ!」と声を荒げる。
范閑が肖恩の身柄は、今沈重の元にあることを伝えると、「必ず殺せ!もしお前がやらないなら俺が殺す!慶国のためだ!」と言う。
すると范閑は「慶国のためというならお前は無事に帰国すべきで命の危険を冒すようなことはするな」と説得。
そして范閑は「皇帝と手を組みチャンスを伺い肖恩を殺す」と約束した。
一方、何道人は沈重から呼び出されていた。
そこで沈重は何道人が范閑と通じていたことに気づいていて、そのことを問い詰める。
するとそこに都に戻って来た苦荷の1番弟子・狼桃がやって来て、何道人と刀を交えることに。
戦いが始まろうとしたその時、上杉虎の配下・譚武が使節団の宿で決闘をしているとの知らせが部下から入る。
それにより范閑と上杉虎が確かに接触していると確信した沈重は、何道人が裏切り者ではないと判断し、何道人を帰らせるのだった。
実は譚武が使節団の宿に現れたのも、それにより何道人への疑惑が晴れるのも范閑の思惑通りだった。
范閑は上杉虎と手を組もうとしていて、言氷雲の解放は范閑は自分の能力を上杉虎にアピールするという目的もふくまれていたのだった。

どうやら范閑は上杉虎と手を組み、肖恩を救出しそして肖恩を殺そうと企んでいるようです

その後、范閑は皇帝の元を訪ねていた。
そこで上杉虎と共謀し肖恩を救出しようと考えていること、そうすれば上杉虎と沈重がぶつかり戦うことになり、皇帝の望み通り上杉虎が沈重を殺してくれるはずだと話す。
さらに范閑は「そうなれば上杉虎も沈重を殺した罪で斬首刑に処され、皇帝の脅威になる人物はいなくなる。仮に上杉虎が沈重を殺せなくても肖恩を奪われたと言う罪で罷免できる」と話す。
それを聞いた皇帝はその計画に乗ることを決め、范閑に肖恩の居場所を教えるのだった。

なかなか賢い作戦ですね

その後、范閑は上杉虎の元へ。
そこで肖恩の居場所を特定したと切り出すのだった。

感想

37話では范閑が北斉の皇帝、皇太后と対面しました。
皇帝が女性だったのには驚きました。
さらに范閑による言氷雲の捜索も始まるなか、38話では、沈重の妹が言氷雲と親しかったことが判明し、そこから監禁場所を特定。
ついに范閑は言氷雲と対面することができました。
言氷雲の場所特定までの過程はなかなかの頭脳戦で、見応えがありました。
そして39話では言氷雲の解放に成功した范閑が次に肖恩の殺害、沈重の殺害について作戦を練るというストーリーでした。
さらに強そうな苦荷の1番弟子・狼桃も登場しました。
果たして范閑の計画は上手くいくのか、今後どんな展開になっていくのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。