扶揺-フーヤオ-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
鏡で正体がばれることを心配した扶揺は、高普若より先に水霊鏡を見つけだして、壊そうと考え、男装し、萃梁殿に忍び込む。しかし、あっけなく、謎の女・仙是美に捕えられ、摂坤鈴も奪われてしまう。

そして、扶揺が行方不明になっていることが、軒轅旻に伝えられる。

誰も寄り付かないような場所のようですが、軒轅旻が探し出せるのかしら?今回は、22話から24話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

22話 天権国の王妃

扶揺がいなくなったと知った軒轅旻は、鼠の元宝に探させる。
元宝も役に立つのですね♪

元宝が扶揺を見つけだすが、元宝は、仙是美が操る白狐に襲われてしまう。白狐が、檻に激突したおかげで檻が壊れ外に出られた扶揺は、元宝を逃がすために、白狐と闘う。

扶揺の居場所がわかった軒轅旻は、そばにいた唐芷蓉を眠らせ、急いで駆けつける。
唐芷蓉はいいように使われていますね!

軒轅旻は、扶揺が無事であることを確認すると、目の前に倒れている白衣の女に気がつき、顔色が変わる。仙是美は、先王の長公主で、天権国の徳王妃でもある軒轅暁なのであった。

扶揺は、酔衍居で、軒轅旻に付き添われていた。ところが、突然、扶揺が胸の痛みを訴える。摂坤鈴と引き離されたためであった。軒轅旻は、ずっと扶揺を抱きしめ、自分の気を扶揺に分け与えるのだった。
優しい♪

軒轅旻は摂坤鈴を取り返そうと軒轅暁を訪ねる。すると軒轅暁は自分の3手を受けることができたら返すと言うので、軒轅旻は承諾をし、見事に耐え抜き、取り返すことに成功する。
扶揺のためですね!

軒轅旻は、再び扶揺が危険にさらされることを恐れ、宮中から出すことを決める。

軒轅旻に冷たい態度をされた扶揺は、思い悩む。簡雪から、軒轅旻をどう思っているのかと聞かれ、扶揺は、いつの間にか彼を思っていると自分の素直な気持ちを打ち明ける。
扶揺って素直ね♪

23話 水霊鏡の剣舞

扶揺は、簡雪に自分の気持ちを打ち明けるが、それが好きであるということであるかどうか、自分ではわからないのであった。

その話を軒轅旻に聞かれ、扶揺は自分をどう思っているか軒轅旻に尋ねるのだが、軒轅旻はおもいがけず、冷たい態度を取り、私の前から消えてくれと言い、扶揺はショックを受ける。
軒轅旻が変な小細工をしなければいいのに・・・

寒衣節の日、後宮を出ていくことにした扶揺は江楓に呼び出され、扶揺に危険な目にあわせないために軒轅旻がわざと言ったことであると知る。

軒轅旻の本当の想いを知った扶揺は、引き返し、宴に出席することを決める。

宴に向かう途中で、燕驚塵が声をかけてくる。顔を変えても、後ろ姿や歩き方で扶揺とわかったのだ。燕驚塵は、自分の間違いを認め、許しを請うのだが、扶揺は過ぎたことだとはっきりと別れを告げる。
燕驚塵は未練たらたらですね!

扶揺が、宴の席につき、高普若が、水霊鏡の剣舞を踊り始める。しかし、急に体をふらつかせ、手から滑り落ちた剣が軒轅旻めがけてまっすぐ飛んでいってしまう。

軒轅旻は、なんとか剣を止めて無事であったが、国王を暗殺しようとしたとして高普若が疑われる。
軒轅旻は、何か術を使ったのかしら?危機一髪!

高嵩は、娘をかばい、直前に飲んだ酒が怪しいと訴え、調べると毒が混入していたことが発覚する。

すると高普若が戻って来て、唐芷蓉が毒を入れたのだと主張する。
高普若がよく戻って来れましたね!

24話 一瞬の素顔

毒を入れたと疑われた唐芷蓉は、侍女の阿秀に釈明をさせると、阿秀は、回廊でぶつかった淑夫人が毒を入れたと偽証する。

淑夫人が否定をすると、高普若が、過去を映し出す水霊鏡を使えば真相を明らかにできると提案し、まず自分が鏡の前に立つ。
強い毒ではなかったのですね!

次に淑夫人が鏡に向かう。しかし、扶揺は、換顔術をかけているため、鏡に映ると正体がばれてしまうと焦る。そこで軒轅旻は、わざと元宝を放ち、水霊鏡を割らせてしまう。
さすが!

軒轅旻は、鏡が割れてしまったのを淑夫人のせいにして、萃梁殿に監禁しろと命じる。しかし、それは軒轅旻が3日間出かけてしまうので、扶揺の安全を守るためであった。

扶揺が連れ出されるとき、斉震と裴瑗は、割れた鏡に映る宇文紫の正体を目にする。
しっかり見られてしまった!

扶揺に恨みを募らせていた裴瑗は、燕驚塵と扶揺を監禁し、裂魂散を見せて、燕驚塵と扶揺のどちらが飲むのかと迫る。

すると燕驚塵が、自分が扶揺を殺すと言って、裂魂散を手にする。そして、扶揺に近づくが、燕驚塵は自分で裂魂散を飲んでしまう。
扶揺のために死を選んだのですね!

最後まで扶揺を守った燕驚塵に、裴瑗は、扶揺に怒りが爆発し、剣を振り上げるのだが、その時、後ろからいきなり阿烈が裴瑗を突き刺してしまう。
阿烈の二度目の爆発ですね!

雲痕により連れ戻された斉韻は、不満をぶちまけるのだが、突然倒れ、宗越が呼ばれる。

22話から24話の感想

今回は鼠の元宝が大活躍でした♪いろいろな出番があるのですね。白狐とも闘ったり、勇敢でした!

裴瑗のやり方にはびっくりですね。燕驚塵と扶揺にどちらが裂魂散を飲むかを決めさせるのですものね。燕驚塵が扶揺に飲ませると考えたのかしら?そんな選択をさせる裴瑗がひどいのだから、律儀に燕驚塵も飲まなくてもよかったのに・・・と思ってしまいました!

そんな裴瑗も、絶命してしまいました。あっけなかったですね。まさか侍女の阿烈から殺されるとは考えもしなかったでしょうね。顔の傷も阿烈がしたことであると聞いて、すごい驚きだったと思います。でも、最後に阿烈を殺してくれて、ありがたかったですね。おかげで扶揺が殺されずにすみました!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です