扶揺-フーヤオ-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
斉震は、天権国の大皇子・長孫平戎と取り引きし、斉震の王位の簒奪に協力してもらうことになる。娘の斉韻は、その様子を物陰から見ていた。

軒轅旻は、章鶴年に、斉震が謀反を起こそうとしていることを告げ、章鶴年は、命をかけて守ることを誓う。

いよいよ斉震が決行することになりました。どんな戦いを見せるのかしら?今回は、28話から30話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

28話 大婚の儀

大婚の儀の日には、百官が集うので、斉震は、抵抗勢力を一掃しようと、この日に挙兵することを決める。
いよいよ実行の時ですね!

そんな二人の話を盗み聞きしていた斉韻は、宗越によって連れ去られる。

大婚の儀の前日、唐芷蓉が暗殺される。
殺さなくてもいいのに・・・

唐芷蓉の死により、大臣たちが宇文紫を王妃にするよう上奏する。

斉震は宇文紫に、王妃として儀式に参加し、統帥印を奪うように命じる。そして、斉震の合図で、軒轅旻を殺すように指示する。
了承したふりはしないとね!

斉震によって閉じこめられている扶揺は、軒轅旻に、斉震が命を狙っていることを伝えたかったが、何の方法もなかった。
完璧に封じ込まれていますね!

大婚の儀の日、正殿に向かう扶揺の輿に、突然元宝が現れる。そして、背負っている荷物から軒轅旻からの密書を受け取る。それには、謀反が起きるから、軒轅旻の激怒を合図にすぐ脱出せよと書かれていた。

そして、大婚の儀が始まる。

しかし、扶揺が時間のかかるしきたりをすべて取りやめたために、大婚の儀が早く始まり、挙兵の準備をしていた斉震は、時間を稼ごうとする。
あの素敵な衣装で走るなんて!

そして、斉震は、ここにいる王は偽物だと言い放つ。

29話 謀反の決起

斉震が、ここにいる王は偽物だと言って、本物の軒轅旻を連れて来る。
本物を見つけて来たのですね!

しかし、まったく動じない軒轅旻は、宇文紫に御水術を披露させ、自分が本物であることを臣下たちに信じさせることに成功する。
本物はどうなってしまうのでしょう?

婚儀が始まり、統帥印が国王に献上される。

そこに天煞兵の襲撃と衛兵の謀反の知らせが入る。すると斉震が本性を現わし、待機していた反乱軍が攻め込んで来る。

斉震が統帥印を渡すように命じると、軒轅旻は、宇文紫を裏切り者と言って突き飛ばし、その反動で、統帥印は、宙を舞って斉震の手に渡ってしまう。

そして、斉震の合図で、宇文紫が、軒轅旻に短刀を喉元に突きつける。しかし、殺せと言いながら近づいて来た斉震に、扶揺が斬りかかる。
計画通りですね!

宇文紫の正体を知った斉震は、統帥印を掲げるのだが、本物の統帥印は扶揺が持っていた。それに激昂した斉震は、扶揺と軒轅旻と激戦を繰り広げることになる。

手ごわい斉震に二人は苦戦するのだが、最後は二人で力を合わせて、ついに斉震を吹き飛ばしたのだった。
斉震はかなりのつわものですね!

しかし、斉震はなんとか逃げ延び、雲痕と合流する。しかし、そこで初めて雲痕と宗越の正体を知ることになる。
命は助かったのですね!

扶揺と軒轅旻が、意識を取り戻すと、そこに軒轅暁が駆けつけて来る。扶揺を連れて行こうとする軒轅暁に、軒轅旻は、漣は死んだことを告げ、あの日、天権で何があったのかと迫る。

30話 竜鱗甲の霊力

軒轅旻が、「あの日、今日と同じことが」と言うと、軒轅暁の記憶がよみがえり、漣は、徳王・長孫迦が殺したと絶叫する。

宗越から斉震を殺すように言われたが、雲痕は殺すことはできなかった。そして、命ごいをする雲痕に、宗越は落胆し、太淵の王座を雲痕に託して去る。
雲痕は、やさしいのですね!

宗越は、軒轅旻と共に御鱗台に行き、そこで斉韻の体にあった竜鱗甲で扶揺の封印を解く。それを見守った軒轅旻は、再会を信じて扶揺に別れを告げた。
一つ目の封印が解けたのですね!

その後、目を覚ました扶揺は、小七と一緒に再び旅立つ。

森の中で二人は、烈王・戦北野の紋章をつけた男たちに襲撃される。そのうちの一人を生け捕りにすると、斉震に協力して、太淵を攻めた戦南城が、その罪を戦北野になすりつけようと目論んでいることを知る。
扶揺だったら、助けようと考えますね!

扶揺たちは、疫病の野営を通りかかる。そこで疫病の民たちの世話をしている仏蓮聖女と侍女の功霊と出会う。

天権国では、穹蒼での修行を終え10年ぶりに戻って来た無極皇太子と10万の兵を従え、今回も南戎の悪人を討伐し、凱旋している大皇子の二つの権力をめぐって、臣下たちが二分していた。
なかなか大変な状況ですね!

人質として連行していた男が疫病で、死んでしまい、扶揺は大事な証人を失ってしまう。
ショックですね!

28話から30話の感想

斉震との闘いは、本当に激戦でしたね。もう歳だと言っていた斉震でしたが、とんでもないですね。二人を相手に全く互角でしたよね。あんなに強いとは思いもしませんでした!最後は吹き飛ばされて倒れてしまいましたが、それでも命を失うことなく、馬に乗って逃げ帰れるのですから、なかなかの強者です。

謀反まで起こして、たくさんの人が犠牲になっているのに、斉震が、殺されないのは、どうなのでしょう?育ててもらった恩を忘れない、義理堅くて、優しい雲痕を描きたかったのでしょうか?宗越も復讐だけを考えて生きてきたのに、あっさりと雲痕に従うのも、宗越のやさしさでしょうか?普通はあり得ないと思いますが、この兄弟らしさが出ていて素敵なシーンだったと思います!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です