扶揺-フーヤオ-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
戦北野は、自分と関係のあるものが処罰され、母も幽閉されていることを知り、危険でも近道の山脈越えをすることを決めた。そして、扶揺たちも同行することになる。

途中、深い森の中で、戦北野が底なし沼にはまり、部下が犠牲になる。そして、人食い蟻の大軍に襲われそうになり、紀羽が自らの腕を切り落として戦北野を助ける。

一人水を汲みに出かけた扶揺が、光るものを発見し、拾うとそこに元気な姿の無極が現れる。しかし、本物の無極ではないと思った扶揺は、無極を刺す。すると黒い霧となり、扶揺は気を失うのだが、目を覚ますと今度は本物の無極がいたのだった。

無極は生きていたのですね。会えてよかったです。今回は、43話から45話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

43話 命の灯火

扶揺は、涙の再会をした。無極は、生死をさまよっていたのだが、元宝が駆けつけ、牧霊果を飲ませてくれたので、命拾いをしたのだった。
元宝はあの小さい体で大活躍ですね♪

扶揺は、意識を取り戻せたが、自分をかばってくれた戦北野は、昏睡状態であった。

平戎は、戦北野が失くした摂坤鈴を拾い、天煞国王の戦南城に献上する。そして、その見返りに、平戎を皇太子に推薦してもらえることになる。

扶揺が、拾った鈴は、聚坤鈴というもので、摂坤鈴と2つ合わせて天煞双響と呼ばれ、誰も見たことがないものであった。
そんなものを拾うなんてすごい偶然!

皇太子になるには天門墟へ行かなければならないと知った平戎は、戦南城に協力を請う。

宗越は、摂坤鈴を奪い返すには、平戎が戦南城から摂坤鈴を借りる時が絶好の機会と考え、扶揺と雅蘭珠が忍び込み、衛兵を引きつけている間に、無極が摂坤鈴をうまく手に入れた。

しかし、手に入れた摂坤鈴は、偽物だった。
平戎もやりますね!
扶揺たちをだました平戎は、無極が、生き延びていることを知り、摂坤鈴が偽物だとわかったら、姿を現わすので、その機会を狙おうと企む。

平戎は、無極に先に天門墟へ行かせて、危険なものを片付けさせてから入ってくるつもりだと、無極は気づいていた。

天門墟で、扶揺と無極は、突風によって吹き飛ばされ、離れ離れになってしまう。するとそれぞれもう一人の自分が現れる。
自分と闘うのかしら?

44話 天門墟の試練

天門墟で、もう一人の自分と対峙することになった無極と扶揺は、己の暗部と向き合うことになるが、何とか脱する。

献身的に戦北野の看病をしていた雅蘭珠は、愛する戦北野のために、邛葉族に伝わる秘術を使う。

無極が、倒れている扶揺を発見すると、そこに平戎が現れる。平戎が無極に襲いかかり、無極が冥土の入り口に吸い込まれそうになっていると、扶揺が目を覚まし、無極を助ける。すると今度は平戎が吸い込まれそうになる。
吸い込む力がすごいですね!

雅蘭珠の秘術によって、戦北野の命は救われたのだが、雅蘭珠は視力を失ってしまう。それを知った小七に、雅蘭珠は、戦北野に絶対に言わないようにと口止めをする。
自分を犠牲にしてまで助けたかったのですね!

扶揺と無極に助けられた平戎が天門墟から出て来るが、その後ろから無極も姿を現わすのだった。
これで平戎も終わりですね!

平戎はうっかり口をすべらせ、無極は、扶揺の解毒薬を手に入れることになる。

解毒後、扶揺の脈を診た宗越は、脈が逆行し、血流に新しい力がみなぎっていることに気づく。天門墟で、封印がまた一つ解けていたのだ。
やっと又、封印が解けました♪

皇帝に、無極が生きていることが知らされる。皇帝は自ら皇后の元に出向くのだが、皇后は、皇帝に対して反発心を露わにする。

45話 幻生殿の人質

皇帝は、皇后に無極が生きていることを知らせる。皇后は会わせてほしいと懇願するが、皇帝は、取り合わなかった。

戦南城は、平戎の置き手紙で、摂坤鈴は、長孫無極に奪われたと知る。

扶揺は、雅蘭珠の姿を見ないので、小七を問い詰めると、雅蘭珠が戦北野を救うために秘術を使い、視力を失ったことを明かす。
早く伝えればよかったのに・・・

雅蘭珠の部屋には、すでに雅蘭珠の姿はなく、置き手紙に、探さないでと書かれていた。

摂坤鈴を返してほしいと迫る戦北恒に、無極は、知らないふりをする。屋敷を捜索するが、結局、何も見つけられず、引き返す戦北恒に、無極は、今思い出したと言って偽物の摂坤鈴を戦北恒に手渡す。

聚坤鈴と摂坤鈴の二つを合わせると姿を消すことができることを知って、戦北野は喜ぶ。そして、雅蘭珠の姿がないことに気づくのだが、扶揺たちは、雅蘭珠は、邛葉に帰ったとごまかす。
雅蘭珠の存在をやっと思い出しましたね!

だが、戦北野が、耳元で生きろと扶揺が呼びかけてくれたから生き残れたと話すのを聞いた小七は、耐え切れずに雅蘭珠のことを明かしてしまう。
小七が正直に話して正解ですよね!

無極は密書によって、雅蘭珠の居場所に気づき、戦北野を幻生殿へ連れて行く。そこには、雅蘭珠を人質にした太妍が待ち受けていた。無極の助けで、戦北野は無事に雅蘭珠を助け出す。

太妍は、無極に、扶揺こそ探している相手であることを告げ、無極に現実を突きつける。
無極にとっては、つらい現実なのですね!

43話から45話の感想

無極が生きていて、一安心でした♪でも、無極には任務があるのですね。それが、無極を苦しめているようですね。扶揺のすべての封印が解けるとどうなるのでしょうね?二人は結ばれない運命なのかしら?

雅蘭珠の戦北野に対する思いは、すばらしいですね。視力を失うということは、戦北野の顔を見ることもできないということですが、それでも何としてでも命を助けたかったのですね。その戦北野に助けられて、少し幸せかな?

天門墟の冥土の入り口で吸い込まれるところはこわかったですね。吸い込まれたら、そのまま冥土に行ってしまうのですものね。平戎はかなり危なかったですね。でも、これで懲りてもう、裏で画策したりしなくなるといいのですが・・・




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です