扶揺-フーヤオ-あらすじ-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
鳳璇が真実を隠すために仕組んだことにまんまと騙された玉衡は、無極と扶揺に剣を向ける。そして、扶揺は、腕を斬られてしまう。

しかし、扶揺から流れ出た血が祭壇に落ち、3つ目の封印が解け、玉衡は、扶揺が真の璇璣の正統で、自分の血を分けた娘であるとわかる。

そして、扶揺は、過去の記憶が蘇り、つらい記憶を話し始める。

悲惨な過去のようです。でも、実の父との対面を果たせたようですね。今回は、58話から60話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

58話 女王の覚醒

玉衡は、娘につらい思いをさせた自責の念から、父親と名乗ることができないと言うのだが、扶揺は、両親に会えたら自分の姿を見せて成長したことを伝えたいだけだと言い、二人は涙を流しながら抱き合い、親子の対面を果たす。
二人にとって念願の対面ですね♪

それを邪魔するように、鳳璇が扶揺を捕まえろと命じるが、誰も動こうとしなかった。

そして、唐易中が、火の鳳凰が現れたことで扶揺こそが璇璣国の正統な後継者だと言って、忠誠を誓うと、他の臣下たちも追従する。

無極が、鳳璇のこれまでの数々の悪行を告発する。すると鳳璇は玉衡に扶揺を殺せと命じる。玉衡は、鳳璇と穹蒼の誓約を結んでおり、鳳璇の命令に背くことはできなかった。
そんな誓約を結ばされていたのですね!

苦しむ玉衡は、自害することを決心するのだが、扶揺と無極は、咄嗟に誓約を解くように内力を使う。すると鳳璇が喀血し、絶命する。
鳳璇が代わりに死ぬことになったのですね!

贖罪のために参禅すると決めた玉衡は、無極に娘をまかせて王宮を去る。

一方、辺鄙な山奥の村に、宗越と斉韻がいた。斉韻は、病を克服し、宗越の手伝いをしていた。
仲良く暮らしているようです♪

ある日、伝書鳩の知らせで、宗越は璇璣に行くことになる。宗越は、斉韻に、好きなところへ行くように促すが、斉韻は、ここに残ると告げ、宗越の帰りを待つことになる。
宗越もやっと斉韻の気持ちを受け入れることにしたのですね♪

扶揺は、戴冠の儀を行い、即位し、無極から王笏を受け取る。

59話 皇弟の反乱

璇璣の女王となった扶揺は、王座に興味はなく、勅旨により王権専制政治をやめて、国を民主化することに決める。
民主化なんてすごいですね!

その頃、無極は、天機上師に召喚されていた。天機上師から、もうすぐ4番目の封印が解ける。封印がすべて解ければ、封じ込めていた帝非天がよみがえり、五州が滅びると告げられる。そして、帝非天を止められるのは無極だけであると迫られる。天機上師は、もがき苦しむ無極に、妖女である女子を殺すように再度命じる。
無極は大丈夫かしら?

宗越は、無極の内力の異常に気づく。無極は、真葉懲罰の罰であることを明かし、宗越は無極の犠牲が大きすぎると心配する。

天権からの急報が届き、徳王が決起したことを知り、無極は扶揺と一緒に天権に戻る。
徳王が行動に移したのですね!

徳王の命を受けた宮女が、皇后に、徳王が謀反を起こしたことを報せ、皇宮から脱出させようとするが、それを迎え討つために無極が呼び戻されていることを知り、皇后は、部屋に戻ってしまう。

無極が皇帝に謁見すると、すでに玉璽と兵符、詔書が並べられており、皇帝は、無極にすべて任せると告げる。

皇后に呼ばれた扶揺は、皇后から、無極が徳王を殺すのをやめさせるように懇願する。
何か裏がありそうですね!

無極は、皇帝に母の不貞を詫びる。しかし、皇帝は、優れた後継者を残してくれた皇后に感謝すると告げる。
この皇帝も何か裏がありそう!

60話 誅殺の命

皇后は、扶揺に、無極に徳王を殺すのをやめさせるよう必死で懇願するが、扶揺は、無極の決定に口出しすることはできないと断る。
扶揺は正統ですね!

そのやりとりを無極は、部屋の外で聞いていた。そして、無極は、母と再会をする。皇后は真実を無極に話そうとするが、そこに皇帝の薬湯を届けに来た韓林が来たため、何も伝えることができなかった。
真実とはなんでしょう?

皇后が何者かにさらわれたと知らされ、無極が探しに行こうとしたところで、天機上師に召喚され、扶揺と江楓の前で卒倒してしまう。

無極は、天機上師にもう少し時間をくれるよう必死でお願いする。

扶揺は、無極の手当てをし、無極の代わりに皇后の捜索をしようとするが、その途中で何者かに捕らわれてしまう。
扶揺まで?誰の企みなのでしょう?

翌日、無極は、皇帝から宝剣を渡され、徳王を誅するように命じられるが、無極は、母のことを思い複雑な心境であった。しかし、徳王が、皇帝に毒を盛ったことを知った無極は、徳王を誅することを皇帝に約束する。
なんか皇帝も怪しく見えますね!

徳王は、皇后をさらってくるはずが、皇后ではなく長年行方不明だった妻の軒轅暁にすり替わっていたため、平戎を疑う。

皇后と扶揺は、同じ場所で捕らわれていた。
どういうことなのでしょう?

58話から60話の感想

扶揺が、璇璣の女王になりましたね♪びっくりです!太淵国で奴婢として働いていたころが、遠い昔のようです。そして、民主化を実行してしまうなんて、すごい手腕ですね!

でも、そんな中、無極は、追いつめられていますね。天機上師から受ける罰はかなりきつそうです。体がもたないですよね。宗越も助けることができないようだし、大丈夫かしら?

皇后と徳王の関係が明らかになりましたが、皇后が、無極に徳王を殺させないように懇願している姿はかなり必死でした。大変な秘密が隠されているようですね!まさか・・・?

一方で皇帝は、なんとしても無極に徳王を殺させようと必死でした。皇帝もその秘密を知っているのでしょうね。皇帝は、どこか怪しげですよね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です