招揺-ショウヨウ-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-招揺-ショウヨウ-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

招揺


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

中国ドラマの『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』で人気を博したシュー・カイ主演のダークファンタジー。
魔王の子という難しい設定、そして復讐や裏切りというシリアスな展開の仲でヒロインとどう結ばれるかが気になりますね。

では、1話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【招揺-ショウヨウ】(ネタバレあり)

1話

魔王の厲修は世界支配をする為に秘術の修練をしていたが、その際に正気を失い息子の厲塵瀾を魔力で傷つけてしまい、厲塵瀾の身体に魔力が入る。
魔力は成長と共に増殖してしまい厲修は厲塵瀾の魔力が暴走しないようにと山自体を封印し封魔山として配下の路氏に管理と守護を任せた。
中国ファンタジーはとりあえず山に封印されるところから始まるものが多いんですよねー西遊記みたいだなーって思うと少し厲塵瀾も可愛い

厲修は厲塵瀾を救う為に外の世界へと旅立つがやがて行方不明になってしまい消息を絶ってしまい、山は厲塵瀾の魔力で瘴気を帯び始める。
そんな封魔山を1000年間守ってきた路一族の老人と孫娘の路招揺は守るといっても誰も来ない山を二人でのんびりと過ごしていた。
そのうち魔王さんが物語に現れるんでしょうか?それとももう全く出ない役柄なのかなー?厲塵瀾と魔王との戦いも見てみたい気がしますね

そんなのどかな日々を過ごしていた二人だったが、ある日封印が音を立てて崩れ二人は急いで厲塵瀾が封印されいる洞窟へと向かう。
そこにいたのは金仙・洛明軒であり彼は厲塵瀾を殺すために洞窟の封印を解いて戦ったが逆に返り討ちにあい傷を追ってしまっていた。

2話

封魔山で厲塵瀾との戦いによって負傷した洛明軒はようやく傷が治り山を降りるが、そこへ宗門の執事である望星門門主・遅天明が厲塵瀾を捕らえたと報告する。
鳳山に集められた宗門の十派たちに厲塵瀾の処刑の指示する洛明軒、洛明軒の許嫁である柳蘇若は洛明軒が厲塵瀾を殺すことを急いでいることを怪しむ。
何をもってして”魔王”なのかが気になりますねーそれほど世の中で残虐非道な行いでもしてたんでしょうか?まぁ瘴気纏ってる時点で怪しいですけど

招揺は祖父との修行の末にようやく外の世界へと行く許可をもらい山を降りていくが、その先にあった村で厲塵瀾が処刑されるということを聞く。
招揺は何も悪いことをしてる訳ではない厲塵瀾をどうして殺すのかと尋ねるが宗門に関わるなという男の言葉に疑問を感じ、厲塵瀾を助けようと動き出す。
1000年間も山に籠もっている一族ですから世間の常識という物はないでしょうねー赤子のような状態。それのおかげで厲塵瀾は一命を取り留めるんだけど

琴千弦も宗門が決めた処刑に疑問を感じており、厲塵瀾は何も悪事を犯していないのに何故処刑する必要があるのかと師匠に尋ねていた。
処刑場にやってきた招揺は処刑に反対するがその処刑があの金仙・洛明軒による指示だと聞いてなにかの間違いではないかと考えていた。

3話

宗門十派を倒して厲塵瀾を助けた招揺だったがその際に傷を負ってしまい厲塵瀾はそんな招揺を背負って雪山を登り、弱った招揺に果実を食べさせていた。
生命をかけて自分を救ってくれた招揺に淡い想いを抱く厲塵瀾、追手から逃げながらある村にやってきた二人は休みながら厲塵瀾を墨青と名付ける。
甲斐甲斐しく招揺を気遣う厲塵瀾がワンコっぽくて可愛いですねー追手がきても何もできないところも可愛い。それに比べて招揺の姉御肌っぷり!

酔っ払った招揺を介抱する厲塵瀾、寝言で「洛明軒」と呟いた招揺の言葉に厲塵瀾は封魔山での出来事を思い出していたが招揺が寝ぼけて厲塵瀾の顔を覗き込む。
同じく町まで降りてきた招揺の祖父は町で宗門を倒した娘がいるという噂を聞いてそれが招揺だと考え、招揺を助けるべく動き出し始める。
確かに自分を助けてくれた女性がこういう態度見せたらちょっとドキっとしちゃいますよねーお互い世間知らずだから尚更初な感じがして良いですね

ある日、厲塵瀾に別れを告げ洛明軒に会うために鳳山にやってきた招揺、洛明軒に会えると喜んで向かうが洛明軒は厳しい態度で招揺を出迎える。
厲塵瀾を殺すと言われ驚く招揺は山を出ていこうとするが洛明軒によって捕まり捕らえられてしまう。

1-3話感想

導入はわかりやすい展開でサクサク進みましたねー見やすくて良かったですが山に封印されているってのが少し面白かった。
厲塵瀾が魔王の子なのに可愛くて健気、優しい良い子でしたねーお姉さんっぷりを発揮する招揺と相性よさげ、ただ恋愛に発展しづらそう。
あれだけ招揺に正義を説いていた洛明軒ですが、厲塵瀾のことになると殺せ殺せばっかりで逆に洛明軒が悪く見えちゃいますね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です