擇天記-たくてんき-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
丹炉峰にいる長生、有容、秋山君の三人を丹薬にしてしまおうと黒袍は丹炉峰に複雑な結界をしきます。落落や莫雨、三十六達が駆けつけても近づけません。長生達は薬になってしまうのでしょうか??

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・第31話

黒袍は長生を追い詰めて星図を手に入れるために丹炉峰に誰も破れない結界をしきました。結界の中は地面の温度があがって暑くなってきます。三日以内に脱出しなければ命が危ない三人。必死で脱出法を模索しますが良い案が浮かびません。そして長生は聴覚まで失ったことに気づき、なんとか陣法で事物の波動を検知して動向を読めるようにします。
そして秋山君は有容を連れて逃げることを考えますが、黒袍が現れて長生を騙して星図を奪うように命令します。そのためにわざと自分と秋山君が長生の前で戦って長生に秋山君を信用させようとするのでした。

有容に何度も拒まれているのに諦めきれない秋山君。でももうかなり魔族に染まってきていて、弟弟子の飛白を殺したことで黒袍に脅されてもいるので後戻りはできない状態ですね。そして長生の体もどんどん衰弱しています・・。それにしてもこの困った結界をどう破ればいいんでしょうか?

秋山君は長生に皆が助かるために星図を渡すように言います。長生は納得して玉牒に星図を写します。手に入れたと安心する秋山君。長生は命星が発する波動の法則を探ります。それがわかれば複数の命星の力で結界を破ることが出来るかもしれないからでした。しかし力尽きて倒れてしまいます。有容と秋山君は天鳳と真龍の血で丹薬を作り長生を元気にします。そして結界の外の落落達の命星の力も加えてついに結界を破るのでした。

擇天記・第32話

なんとか魔気を払おうとする秋山君ですが、魔種は秋山君を深く侵していました。結局黒袍に操られ星図も渡してしまいます。黒袍は長生を糾弾するのも放免するのも自由だと言い、糾弾する場合は協力すると言ってその場を去ります。そして南客と落ち合った黒袍は星図を試してみますが何も変化がありません。南客は長生に騙されたのだと言うのでした。長生は秋山君への疑いを捨てきれず、偽の星図を渡していたのでした。

秋山君はもう後戻りできないほど魔族化してしまったんですね・・。そして有容を奪った長生を憎むあまり、弟子の関飛白を殺した罪を着せようとしています。秋山君には魔族の黒袍がついているので悪だくみを仕掛けてくるのは確実です。長生は神都に戻って国教学院で平和に過ごせるのでしょうか?

丹炉峰で作った丹薬で一時的に元気になっている長生ですが、すでに五感を損なってしまっています。頼りになるのは神識だけでした。落落は妖族の都、白帝城へ行こうと言いますが逃げたくない長生は神都に戻ると言います。しかし神都に戻るとやはり秋山君から長生は魔族に通じて関飛白を殺したと糾弾されてしまいます。丹炉峰で作った丹薬には秋山君によって魔気が混入されていたので長生の体からは魔気が検出され、魔族とみなされてしまいます。あまりのことに長生は力尽きて倒れてしまうのでした・・。

擇天記・第33話

味覚、嗅覚、聴覚、視覚、触覚、感覚という六感すべてを失ったまま牢につながれてしまった長生。有容は長生は無実だと聖后に訴えます。しかし聖后は仮に無実であっても星図を手に入れた長生は解放できないと有容に告げます。莫雨は教宗に長生を救う手立てがないか訊ねます。教宗は長生が第七感の“時覚”を得れば目覚めることができるだろうと言うのでした。

意識のないまま牢で横たわる長生。秋山君はそんな長生に有容を奪った恨みをぶつけ、首を絞めようとします。正義の人だった秋山君は魔族化して卑怯な人間になってしまいましたね。ちょうど有容が来て助かりましたが、そうでなかったら秋山君に長生は殺されてしまっていたかも・・早く牢から助けないと危険ですね!!

国教学院のみんなと有容は協力して長生を牢から脱出させようとします。ちょうどその時秋山君にそそのかされた天海牙児が長生を殺そうと牢屋に来ます。有容達は牙児を利用して長生を牢屋から出すことに成功するのでした。薬を使って長生に化けた有容が牢屋に残りますが秋山君に見破られてしまいます。そして星盤大陣を使って長生が逃げたことを知った聖后は神都の城門を閉めるよう命じます。しかし小黒龍の助けで城門を抜けた落落たちは長生を連れて白帝城に向かうのでした。

擇天記・第31~33話の感想

神都でまたも牢屋に入れられてしまった長生。意識もない状態ですから最悪ですね。そして長生の身代わりとなって牢に残った有容に、お前が死ねば自分が有容と結ばれる、とついに本音を漏らしてしまった秋山君。有容は秋山君の正体を知ってしまい、これで完全に秋山君は有容から見放されてしまいました!有容のためにこれまでしてきたこともすべて水の泡です。しかし有容は長生を逃がしたことで聖后とも戦うことになります。とても勝ち目はなさそうですが、聖后はお気に入りだった有容をどうする気なのでしょうか?そして意識のない長生を連れ白帝城に向かう落落達。妖族の地で長生は意識を回復できるのでしょうか??次の展開が気になります!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です