擇天記-たくてんき-あらすじ-49話-50話-51話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
伏蛇の正体はそれまで信頼していた教宗でした!長生達は卓越した能力を持つ教宗にどうやって勝利するのでしょうか?そして軟禁された聖后の命を救えるのでしょうか??

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・第49話

教宗から有容を殺せと命じられた有容の父、徐維信は娘を逃がすために命を落とします。親孝行が出来ないうちに逝った父親に有容は後悔の涙を流すのでした。そして教宗の部下周通は小黒龍のいる井戸に逃げた長生達をおびき寄せるために徐維信の遺体を城門に吊るし、有容の母親を傍で縛って見せしめにするのでした。しかし有容が駆けつける前に秋山君が周通達と戦って遺体を降ろし母親の徐夫人を救います。

秋山君は魔族になることもせず、神都に潜伏していたのですね。魔種を植え付けられたのに魔族にならなかったという事はやはり秋山君に強い精神力があったと言えるかもしれません。今や教宗の謀反で周は危機的状況です。秋山君はこれから頼りになる存在かもしれませんね!!

長生達は小黒龍朱砂から聖后が瀕死の状態であるのを知らされます。そして皇宮では自分の死期が近いことを悟った聖后が莫雨に護身用の至宝である又一の簪を渡し、後の事を頼んでいました。そこにやってきた教宗。周の国を築いたのは太宗と自分だったと言い、聖后が国を継いだのは間違いだったと責めるのでした。絶望に沈む聖后。教宗は余命いくばくもない聖后を見て殺さずに待ってやろうと言うのでした。
長生達は星図の力を使って聖后を回復させようとします。試みは成功し元気になった聖后を長生達は救いだします。長生は星図を使って教宗を倒すしかないと言い、天書陵に行って碑の解読をすることが必要だと言うのでした。しかしこれは教宗の配下に盗み聞きされ、天書陵で教宗は聖后の息の根を止めようとするのでした。

擇天記・第50話

天書陵の番をする神将、汗青は教宗に寝返り、その槍で傷ついた聖后。倒れた聖后に教宗は長生が聖后の息子ではないと伝えます。長生は聖后の皇太子の血で作った人造の人間で、長生を救うことで聖后の力が尽きる計画を19年前に既に作っていたと言うのです。しかし聖后は長生に母性を感じる以上、そんなことは今更どうでもいいと言います。その時長生が聖后を救おうと教宗との間に割って入り、教宗と長生の戦いが始まるのでした。

長生が人造人間?なんだかすごい事実ですね!長生の師匠は教宗の兄弟子と言ってましたが、それじゃあ二人が共謀して長生を作ったということなのでしょうか??20歳までしか生きられないというのも二人の計画なら随分罪深いことですよね!それで“長生”なんて名前をつけるなんてひどい話じゃないですか!!
長生は周園で得た剣で教宗に立ち向かいます。そして陣法を破って小黒龍を解放し、教宗が小黒龍と戦う間に長生達は百草園に逃げ延びるのでした。しかし聖后の天鳳の血は尽き、死期が迫っていました。聖后は最後の力を振り絞って教宗に太刀打ちできるよう、長生が従聖の域に達するためのエネルギーを長生に送ります。そしてついに臨終間近になった聖后のもとへ長生の師匠、商行舟と弟子の余人がやってきます。そして商行舟は余人が聖后の本当の息子であることを告げるのでした。長生は商行舟と教宗が偶然に作った産物で、暴れて危険すぎる余人の星辰の血を移し、経脈を切られたのです。そして二人は長生を、聖后を退位させる道具にしようとしていたのでした。聖后は二人の息子に喜び息絶えます。長生に謝る商行舟。許せないなら刺してもいいと剣を差し出します。しかし長生は19年育ててもらった恩がある、と言うのでした。そして商行舟は余人を皇帝にするべく、野心を燃やす教宗と袂を分かち長生達と組むのでした。

擇天記・第51話

莫雨は聖后を殺した教宗に仕返ししようとします。その前に唐三十六に求婚するのでした。三十六は莫雨の気持ちを知りながら結婚します。そして翌朝、教宗を倒すために皇宮に向かった莫雨。星盤大陣で教宗に打撃を与えようとしますが、動きを察した教宗によって阻まれ、星盤大陣に祭られます。唐三十六がそんな莫雨を助けに来ますが二人とも教宗に殺されそうになります。しかし長生と有容が二人を救って逃げるのでした。

最後まで聖后に忠実な莫雨だったのですね!唐三十六には生き延びてもらいたい気持ちから莫雨は一人で教宗に戦いを挑んで、散ってしまいました・・。莫雨は助かるんでしょうか??残された三十六の気持ちを考えると辛いですね!!

目覚めない莫雨に長生は自分の血を与えます。あとは目覚めるのを祈るしかない三人なのでした・・。
一方天書陵の神将だった汗青は、魔族の王太子に戻って魔君を殺して教宗に降伏しました。南客と闘い魔族の王になろうとします。教宗は魔族と妖族を支配して三族の頂点に立とうとしていました。神都にやってきた白帝も教宗に星盤大陣から自分の命星を攻撃されて弱ってしまいます。白帝は長生に、皆で心を合わせて命星から一気に星陣を攻撃すれば星陣を破壊できるだろうと言います。ただその機会は一度きりだとつけ加えるのでした。長生達は星図を使って攻撃を始めます・・。

擇天記・第49~51話

最後になって驚きの展開でしたね!長生が商行舟と教宗によって作られた人工の存在だったなんて。そして長生は聖后の謀反の道具として初めから使われていたのですね。でも聖后と長生は母子として深く結びつき、師匠に対する怒りも消えました。教宗もここまで長生が力をつけるとは思わなかったでしょう。虚弱な長生も様々な仲間に助けられることでたくましい若者になりました。何よりその頭の良さで教宗に対抗できるでしょう。女神になった落落は長生への気持ちは戻らなくても何か思い出すものはあるのでしょうか?そして秋山君は自分の行く末にどんな決着をつけるのでしょうか??あと一話限りで物語も終わってしまいます。どんな最後が待っているのかワクワクしますね!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です