時をかける愛-あらすじ-最終回(26話)-結末は!?

時をかける愛

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回までのあらすじは、ユンルーの死の真相を知ったユーシュエンは、自分が引き起こしてしまった事を悔やみ必死に止めようとする。
ジュンジエもユンルーの心の奥からの気持ちを知り彼女を説得するが、その結果も虚しくユンルーは飛び降りてしまう。
過去に戻っても何も変えられない事に愕然とするユーシュエンだったが、ユンルーの気持ちを感じ彼女の叶えるはずだった夢を見ていた…。

では、最終回(26話)を紹介していきますのでお付き合いください♪

最終回(26話)

ユーシュエンが修理していたウォークマンは損傷がひどく、カセットテープだけは直ってきたので、カーオーディオで懐かしむように「ラストダンス」を聴く。
目を閉じると再びユンルーの体に戻っていて、飛び降りる瞬間だったが目の前にいたジュンジエに手を引かれ助かり、ユーシュエンは喜んでいた。
もう諦めていたのにユンルー助かったーと喜んでしまいました。これで未来が少し変わるかな?

少し遅れてきたズーウェイはユンルーを見た瞬間にユーシュエンだと気がつき、ユーシュエンはまだ何も話していないのに…と驚いた。
ユーシュエンは犯人はシエゾンルーではなくシエジーチーだと二人に話し、彼はシエゾンルーの弟で自分と一緒で未来から来たと説明する。
ユンルーの死を防ぐことが出来た今、未来も変わると信じたいですねー。これでユーシュエンが未来から来た事信じたかな?

家に戻ったユーシュエンは時空にいるユンルーに語りかけ、まだ気持ちは変わらないかもしれないけどもう止めない、あなたを信じていると伝える。
翌日の朝、ユーシュエンは今までの事を想いながら、もう会えなくなるユンルーの弟にいつも通りに接し、母にはハグをして家を出た。
これでお別れと思うとグッと来ちゃいます。本当の家族ではないけれど一緒に過ごしてきた想いが溢れてきますね。

ユーシュエンはジュンジエにカセットテープを渡し処分してほしいと頼み、2019年のシエジーチーがここに現れる事がなくなると話す。
全てを察したズーウェイは君に会いたくなったらどうすれば?と問う、ユーシュエンはこれで「ラストダンス」を聴いてとウォークマンを渡す。
これで全ての事件は解決されるけど…。みんなを想うユーシュエンはどんな時も勇敢でカッコイイですよね。

過去から戻ったユーシュエンは今までの想い出と一緒に泣きながら消えてしまい、ズーウェイ達の記憶からも消えてしまう。
元のユンルーが目覚めた時隣にはジュンジエが、そして昏睡状態でユンルーに聞こえた言葉は間違いなくユーシュエンものだった。
ユーシュエンと過ごしてきた記憶が消えてしまっても、みんなの心の中には何か大きなものが残りましたね。

今ままで通りの生活に戻ったズーウェイはある日、迷子の少女を見つけるとその女の子は自分の名前を「ホワン・ユーシュエン」と名乗る。

26話感想

ユーシュエンはチュエンションと自分の今までの想い出を全部消してでも、みんなを助けるという凄い決断をしましたね。
勇敢でそしてとても思いやりのある行動が出来る人。何度も思いましたがユーシュエンカッコイイ!!
これで終わってしまうのかと思ったら最後の最後で再び出会いますねー、やっぱり運命の二人かな?




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。