晩媚と影-紅きロマンス-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-晩媚と影-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

晩媚と影



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
晩媚と長安は前回、越太傅の腹心である摘星楼の阮娘の暗殺と、血蓮教の分布図入手の任務を命じられ、摘星楼に潜入しました。しかしいざ晩媚が分布図を手に入れた際、長安が救ったのは危機に陥った晩媚ではなく、阮娘だったという…。

あなたを決して裏切らない、ずっとそばにいて支えるというあの言葉はなんだったのか…失意のうちに拘束された晩媚は、現在大ピンチです。自分を支える最強の命綱、セーフティネットであるはずの長安が、今一番信じられない存在になってしまったのです。若様は晩媚を救えるのでしょうか、この原作書いた方はマジ鬼畜、そんな感想が前半なのに漏れてきます。とにかく晩媚、生きて~!

【晩媚と影】(ネタバレあり)

13話「己の使命」

長安はかつての主家である謝家が姹蘿によって滅ぼされ、謝家の令嬢に「姽嫿城に忍び込んで姹蘿を討ちます」と誓いを立て、令嬢に謝家の再興を託した。その過去と、救えなかった晩媚のことでうなされていた長安が目覚めると、任務の殺害対象である阮娘に優しく声をかけられる。長安があの時の記憶を手繰ると、晩媚を助けようとした長安を阮娘が気絶させ、それで晩媚だけが落下したことを思いだす。阮娘は謝家の令嬢・謝瑩だったのだ…
晩媚の視界では長安と阮娘が手を取り合って見つめ合っていましたが、長安的には阮娘にKOされて倒れてた、っていう… その細かい真実の差が、相当大きい亀裂を生みます…

李嗣源は越太傅の元に呼び出され、拘束された晩媚に引き合わされ、姽嫿城の刺客ではないかと問われる。しかし目が見えないことになっている李嗣源は晩媚のことを知らないふりをし、姽嫿城のことも関わっておらずわからないととぼける。そこで越太傅は晩媚の体内に18本の針を入れ、磁石で体外に引き寄せるという拷問で晩媚をいたぶって見せる。
体内に針を入れるだけでもきつそうなのに、それを磁石で取り出すとかえげつない…

晩媚を救うために出ていこうとする長安だったが、阮娘は「一緒に謝家を再興すると約束した」と阻もうとする。それでも破魂剣を阮娘に渡して行こうとする長安に、阮娘は鎮静薬を盛って眠らせ、「あなたが必要。謝家はもっと必要としている」と言う。
一方李嗣源は、越太傅が部屋に焚いていた珍しい香・随金香は血と混じると肉を腐らせる効果があることから、それを短剣につけて顔を切り裂くことで女子の心を折るのだと、自ら晩媚の拷問を買って出る。そこで晩媚は近寄ってきた李嗣源にそっと分布図を手渡す。李嗣源は晩媚の忠誠心に感じ入りながらも演技を続け、晩媚の顔を傷つける。それでも口を割らない晩媚に手詰まりになった越太傅は、晩媚の足を朝に折って夜に繋ぐのを繰り返せと命じる。晩媚は純愛を裏切られた詩を口ずさみながら絶望に耐え続ける。
若様は晩媚にぐっときていましたが、そこで動揺できずにこらえる表情がイイ…

晩媚が命がけで奪ってきた分布図を手に、李嗣源は彼岸殿に戻る。いまだ拷問を受け続ける晩媚のことを思い落ち込んでいると、蛍蠱が琴を弾く晩媚の姿を形作って見せる。「まさかこれが私の心の中なのか」と愕然としつつ、李嗣源は吐血してしまう。
月影はそんな主の様子を察して傷つきながらも、晩媚から九命をとってくると李嗣源に申し出るが、逆に晩媚を生きて救出せよと命じられる。もし姹蘿が断れば月影自身が助けよと言われ、月影は割り切れない思いを抱く。
月影は姹蘿の元に出向き、晩媚の救出を要請するが、当然断られる。影を持たずに李嗣源に尽くしているのに、李嗣源が晩媚のために何度も掟を破っていることで嫌味を言われながらも、月影はこらえて聞き流し、晩媚の元へ向かう。
若様もつらいけど、月影の報われない純愛が痛々しい…それでも月影は一途なのですね

長安が抜け出して晩媚の元へ行こうとしたため、姽婳城の刺客のために命を懸けようとするとは、という阮娘と言い争いになる。それでも出ていこうとする長安の前に、阮娘は長安の出生の真相を語る。長安は則天武后の娘・太平公主の子孫で、唐の皇帝の正統な後継者である李氏なのだと言う。則天武后が太平公主に無字詔という特殊な鉄に詔書を封じたものを授け、開けられたら帝位は公主のものだと言い残したものを、子孫が代々引き継いできた。長安と謝停雲との出会いも偶然ではなく、謝家が滅ぼされたのも、狙いは長安と無字詔だったというのだ。長安はずっと抱いていた家伝の心法を自分が授かったことの謎が、ようやく腑に落ちる…
李家の子孫が、謝停雲に救出される前は浮浪児同然だったという

14話「生死の間」

月影は晩媚を救出するために牢に潜入するが、晩媚は逃げる気力を失っていた。しかし月影は「自分は任務を果たすだけ」だと晩媚を担ぎ出す。越太傅が送り込んだ刺客が二人に襲い掛かるが、絶殺の月影は刺客をものともせず、兵士の鎧で攪乱して脱出に成功する。越太傅は報告を聞いて激怒するが、まだ阮娘の命が狙われているかもしれないと、阮娘の警護をさらに強化させる。
月影はさすがに強いですね!その上にいる姹蘿は月影より強いと…うわそれ怖い…

姹蘿は使用人が大事な宝石箱に触れたと叱り飛ばす。姹蘿にとっては特別な意味があるその宝石箱の逸話を、姹蘿は刑風に昔語りに語ってちょうだいとねだる。
十数年前、両親を亡くした娘(姹蘿)は、謝家に嫁ぐ予定だったため、身を寄せた叔父夫婦に出世のために大事にされていた。しかし謝家に連れていかれたところ、想い人のいる謝家の若君(謝停雲)は冷淡な態度をとり、主人夫婦に難癖をつけられ破談に。価値を失った娘は冥婚の花嫁にされたところを姽婳城城主の藍禾に拾われ、後に任務で謝家を全滅させて宝石箱を取り戻すのだった。宝石箱は姹蘿にとって母の形見であり、屈辱の証だった。そして恩人と思っていた藍禾に利用されたため、藍禾の息子李嗣源、さらにその手先の晩媚とその影の長安すらも許せない、と姹蘿は憎悪を募らせるのだった。
姹蘿が謝家を恨むのはかなり筋違いのように思うのですが…悪いのは単に叔父夫婦…

長安は阮娘に「無字詔」の在処を尋ねるが、謝停雲の遺言によると、姹蘿が奪っていった宝石箱の中にあるのだという。越太傅の側近・墨非が阮娘のところに来て、越太傅の命で警護の強化を命じられたと知らせに来ていた隙に、長安は楼を抜け出して姿を消していた。長安は「晩媚が城に戻ったか見てきます。箱を手に入れます」と書き残していた…
縁談を断ったのに、宝石箱は受け取ってそれこそ家宝以上の大事なものをしまっておくなんて、そういう意味では謝停雲何やってんのと思います。ここら辺はかなり無理がある…

晩媚は月影に「城に戻るなら死んだ方がマシ」と強がるが、月影が李嗣源から渡された顔の傷の解毒薬を渡すふりで捨てたのを見て焦る。月影は九命を得るためだけに晩媚を助けたため、晩媚に自害のための毒薬を差し出す。しかし晩媚は「まだ死ねない、私を裏切ったものに償わせるまでは」と吐き出してしまう。生きると決めた晩媚に、月影はちょうどいい任務があるからと睡眠薬を与え、「目覚めればするべきことがわかる」と…
月影のドSプレイによって覚醒する晩媚ですが、若様は月影の勝手を許すのかな…

薬の眠りから目覚めた晩媚は、奴婢として人買いに売られようとしていた。折られ続けた足がうまく動かず、しかも声が出ないことに気付く。市に並べられ、売られそうになった晩媚はこっそり逃げ出すが、途中で気を失ってしまう。気が付くと見知らぬ老婆が家に連れ帰っていて、食事や顔の傷を隠す面まで与えて親切にしてくれた。
月影、ドSの次は放置プレイですか、もう少しヒント与えて放り出さないとわからない~

その頃、長安は姽婳城に戻っていた。晩媚の生死がわからないと影を処分できない決まりなので、姹蘿は長安を罰した後、流光に与えることに。しかし流光の影は、流光に大事にされる長安に嫉妬し、長安を陰でいたぶっていた。
月影は実は、血蓮教への復讐の端緒として、晩媚の身体に蠱毒を仕込んで陵城へ行かせ、疫病として拡散させたのだった。李嗣源はそれを聞いて月影に激怒し、罰として跪かせる…
晩媚はスーパースプレッダーにさせられたのですね。今は疫病ネタはつらいですね…

15話「死の町」

李嗣源は晩媚が命がけで任務を成し遂げたことを思い、月影が勝手に晩媚を使ったことを怒るが、月影は自分のしたことは間違っていないと主張する。「弓につがえた矢は放つべき」だと。それでも李嗣源は晩媚に解毒薬を与えて連れ帰るようにと言う。
血蓮教は、南疆の地にはびこっていた「定嬗門」という宗教の傘下だったが、一信者だった越軽崖が陵城に蠱毒を撒いて、解毒薬を飲んだ己の血を使って治療したことで「神の使い」と呼ばれるようになり、定嬗門を乗っ取って滅ぼし、自分が教祖になった。その時越軽崖と彼が重用した藍若の役割を李嗣源と月影が演じ、血蓮教を滅ぼす計画だった。
越太傅は教祖様なんですね。晋王とのコンビは悪代官と越後屋みたいな感じなのに…

月影が任務に向かおうとする途中、長安が跡をつけていた。晩媚の居所を訪ねる長安に、「晩媚を見捨てたくせに」と月影は冷たく言う。そこに何者かが二人に襲い掛かり、月影は李嗣源から託されたわずかで貴重な解毒薬を失ってしまう。
その月影を襲ったのは、姹蘿に命じられた天殺だった。姹蘿は取り入ってくる晩香の身元を調べさせ、越太傅が晩媚のことで文句を言ってきても高みの見物と、現状に余裕を見せていた。しかし晋王の招きで李嗣源が王宮に招かれたと聞いて、そろそろ自分たちも動き出す時期だと考える…
解毒薬がぁぁ~!…ということは、陵城を救うワクチンも作れないということに??

李嗣源は晋王の招きで王宮に琴を聴きにきていた。その琴は、かつて李嗣源が戦ったこともある梁の鎮軍大将軍である斉威が帰順のしるしに献上してきた「九霄環佩」だという。斉威が送ってきた美女の楽師が奏で始めたところ、琴の音色は催眠作用を発するものだった。咄嗟に身体を張って晋王を守った李嗣源は、晋王に「将軍の帰順には裏があるのでは」と進言する。しかし実際は、李嗣源が斉威の意図を事前に知って、王宮に偽の楽師を遣わしていたのだった。
そうとは知らない晋王は越太傅を叱りつけ、李嗣源が帰順拒否を提案する。しかし越太傅が李嗣源の同行を申し入れ、二人で斉威に会いに行くことに。
晋王をあんな風に助けてしまったら、目が見えることがバレて…ないのかな?しかし結構晋王も食えないやつですね。若様と越太傅二人をまとめて困らせる程度には強かです

斉威は素直に帰順すると見せかけて、越太傅と李嗣源を奈落の罠に落とそうとする。二人でぶら下がった状態で、李嗣源は越太傅に「私の母・藍禾のことを覚えているか」と切り出す。藍禾はかつて越太傅に血蓮教の心法を教えたが、藍禾を生贄として血の池に沈めた、なのに野望を胸に都に来たら、藍禾は生きて先王の寵姫になっていた。後ろめたさから慌てて藍禾母子を死地へと追い詰めたのか、と李嗣源は問う。越太傅は晋王のためだと言い繕うが、李嗣源は母の仇を自分が討つと言う。しかし今の状態を打破するためには二人で力を合わせねばならず、外に飛び出して斉威勢を制圧する。
え~若様の父親は越太傅ってことですか!?18歳の藍禾をだまくらかした悪い男?

晩媚が陵城にやってきて7日たち、街には疫病が蔓延し、民衆は祭壇に集い子供を生贄にして祈りを捧げようとしていた。官兵がそれを阻止しようとするが、民衆は信仰の方が大事だと言うことを聞かない。節度使の賀抜は現実的な対応策を示して説得するが、教祖の藍若は「祈れば神に通じる」と聞く耳を持たず、民衆もそれに従うことでますます疫病は広がっていく。その藍若こそが晩媚の次の任務の対象だった。
 対象:血蓮教教祖・藍若 24歳
 詳細:越軽崖の養子
 難易度:★★★★
疫病を前にして民衆が愚かな神頼みに走っている様というのが、リアルに心が痛い…

疫病は陵城にさらに広がっていたが、藍若は人々を救いたいが越太傅から「静観せよ」との命令が来たことで困惑する。しかし周囲の信者たちも越太傅の命で藍若の動きを封じたため、藍若は越太傅の脅しに憤るのだった。
そして晩媚は自分が「疫病を撒いた女」として陵城で指名手配になっていることを知る。晩媚を助けてくれた親切な老婆は村人から晩媚を庇うが、老婆の家に村人が押しかけて大騒ぎになる。老婆は孫の小蝦に晩媚を託して逃がすが、直後老婆も血を吐いて倒れる…
藍若は実は根がいい人ですかね?また晩媚が殺すのをためらいそうなパターンですか?

13~15話の感想

世界中に疫病が蔓延しているときに、疫病のストーリーを見るのは結構つらいのですが、心を強く持って、ドラマで気を紛らわせて行きましょうね!

さて、色々謎の一端が見えてきましたが、色々とややこしく拗れてる感じがあります。
まず…長安の出生の秘密が明かされましたが、則天武后の娘・太平公主の子孫とは、また大きく出ましたね。でも、「無字詔」というのがその正統の証であるかのようなことを言っていましたが、太平公主が生前に詔を取り出せなかった時点で、詔の有効性は終了なのでは…
則天武后が太平公主に「無字詔」を残したというのは、後継の正統の証明ではなく、むしろできない課題を与えて後継を否定するためのものだったように思えますが、違うのでしょうか? …これで周りの鉄を溶かして取り出したら何もありませんでした、というオチだったらどうしましょう。それでも謝家をはじめ、長安を押し立てて唐の王朝を再興したい人たちにとっては無字詔があろうがなかろうがどうでもいいのかもしれません。

それと、若様と越太傅が親子だという衝撃の事実が…
しかし今回の若様の藍禾と越太傅の経緯について、ちょっと混乱してしまったので、わかっている範囲で時系列で並べてみますね。
・藍沁が生ける屍に変えられる(藍禾7歳)
・藍禾、越輕涯に血蓮教の心法を教える
・藍禾、越輕涯と一緒に璇璣林を離れる(藍禾18歳)
・李嗣源誕生
・藍禾、越輕涯によって血の池へ生贄として沈められる
・実は生きていた藍禾、先・晋王の寵姫になり、姽婳城を与えられる
・李嗣源は軍人として輝かしい活躍
・越輕涯が都にやってきて、藍禾が生きていたことを知る
・越輕涯、先・晋王の後継者争いで藍禾と李嗣源を追い詰める
・藍禾、李嗣源を守るため毒で盲目にする(今から7年前) 現・晋王即位
・藍禾、李嗣源に3年以内の復讐を誓わせて姿を消す(今から3年以内)
…っていうことで正しいかな?(違っていたらごめんなさい)若様誕生のあたりから、何年経過しているのか微妙にわからないのですが、結局「藍禾どこ行った?」「晋王継承で何があった?」あたりの謎がひっかかって先に進まないように思えます。
藍禾が姽婳城を使って、もっと早いうちに血蓮教を壊滅させていれば、今の若様が苦労しなくても済んだのではないかと思わなくもない…

その血蓮教を滅ぼすために、月影が生物兵器として晩媚を送り込んだわけですが、あまりに犠牲が多すぎて見ていてつらくなりそうです。晩媚自身もうボロボロで、越輕涯の拷問で前のような刺客として生きていくことはできなさそう。月影はどのみち、この任務が終わったら九命を取り出すつもりだったのでしょうけど、若様がそれを許さないのでしょうね、自分の気持ちに気付いてしまいましたからね…長安も阮娘より晩媚を選びましたし、晩媚モテモテやないかーい♪
どう考えても、晩媚が姽婳城に帰るときは姹蘿を倒すとき、っていう気がしますが、そのために長安も若様もボロボロになりそうな気がしませんか?そんなの許せないような、二人がボロボロになるのを見てみたいような~♪次回も楽しみです!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です