晩媚と影-紅きロマンス-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-晩媚と影-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

晩媚と影


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、血蓮教教祖代理の藍若の死を悲しんだ越太傅は、その原因となった姽嫿城を滅ぼすため、阮娘を使って禁軍に姽嫿城を攻撃させました。いくらプロの刺客集団といっても、禁軍の急襲の前には姽嫿城も大苦戦。姹蘿の危機を察した刑風が姹蘿を連れて逃げ出してしまうというトンデモな事態に、若様が城主としての責任を果たすべく立ち上がります。

とはいえ、元々は越太傅と藍禾の夫婦喧嘩、さらに言うと越太傅と若様の親子喧嘩に禁軍と姽嫿城が巻き込まれてしまっただけですよね。色々迷惑な家族です。若様は姽嫿城を守り切ることができるのでしょうか、そして結構長くひきずる韓修問題はどう解決するのか、後半になったのに片付かないことばかりで大丈夫か晩媚!そして長安の唐王朝再興問題は…あれは結構どうでもいい気がします♪

【晩媚と影】(ネタバレあり)

25話「命の約束」

阮娘が率いる禁軍に彼岸殿を突破され、姽嫿城は危機的な状況に陥る。長安が、李嗣源に自分が付き添って残るから、他の者たちは解放してほしいと提案し、阮娘はそれを承諾する。流光たちが出て行った後、長安は阮娘に従うと見せかけて、李嗣源を連れて禁軍を突破する。
一方、晩媚の話を聞いた晋王は、姽嫿城は大きな権力ではないが越太傅は大きな権力を持ちすぎているからと、それを牽制するため寧王を救い、越太傅を罰することに…
あの晋王!の禁軍を私怨で勝手に使った越太傅は、一体どんな罰を受けることに?

姽嫿城に戻ってきた晩媚は、禁軍に掌に書いた「退」の字を見せ、これが詔だと言う。禁軍の兵たちは信じないが、今回の出兵も詔がなかったことを指摘されてたじろぐ。晩媚の理屈に言い負かされ、禁軍兵たちは晩媚の詔の前に跪く。
李嗣源を背負った長安は毒入りの手裏剣を受けて追い詰められていた。阮娘は唐王室の子孫としての責任を果たそうとしない長安を責めるが、李嗣源は気を失ったふりをしてその会話を聞いていた。長安は晩媚に「若様を守る」と約束したことを守るため、自分が姹蘿を殺して無字詔を入手すれば若様を見逃すという条件を取り付け、李嗣源を阮娘に引き渡す。
晋王め!ちゃんとした詔を出さないことで自分の逃げ場だけは確保した、とかでは?

ちょうど辿り着いた晩媚は、李嗣源が引き渡される様子を見て、長安が命惜しさに李嗣源を売ったのだと誤解する。晩媚の掌の勅命を見ても阮娘は信じないが、そこに駆け付けた兵士が勅旨は本物だと告知したため、阮娘は退かざるを得なくなる。
長安は吹杏楼に走り、姹蘿の部屋で宝石箱に隠された無字詔を探し当てる。ところが背後から突然殴られて、気を失いかけた長安が見たのは李嗣源の姿だった…
晩媚に誤解されるわ、若様に邪魔されるわ、長安はやることなすこと全部裏目ですね~

晩媚は聴竹院に出向き李嗣源を見舞う。李嗣源は「命を賭して晋王に謁見したのは自分のためか」と晩媚に問うが、晩媚は「姽嫿城は自分の居場所だから」と答え、姽嫿城も李嗣源も両方大事だとごまかす。逆に晩媚は「長安は若様を守りましたか」と問うが、真相がわかっているはずの李嗣源は「意識を失っていたゆえわからない」と嘘をつき、晩媚が長安を疑うように曖昧に答える。晩媚は李嗣源に謝罪し、代わって罰を受けると申し出るが、李嗣源は晩媚が姽嫿城を救ったことに免じて長安の行為は追及しないと言う。まるで長安が晩媚との誓いを軽んじていたかのように誘導する言葉に、晩媚の心は揺れる…
若様はさすが越太傅の息子だけあって、嫉妬が入ると性格の悪さがガツンと出ますね!

李嗣源は月影に無字詔を見せる。長安が吹杏楼に戻って気絶させられた時、李嗣源は長安が入手していた無字詔を取り上げていたのだ。今、無字詔の存在が示す「天意」とは…
一方、晩媚は長安の真意をわからないまま「若様に謝罪した」と言うが、長安はそれに対して言い訳をしない。いらついた晩媚は鞦韆を取り外すように命ずる。晩媚は「一緒に闘い、生死を共にし、私だけを見てほしい」と気持ちをぶつけるが、それでも長安は、肝心な秘密を明かさない。晩媚は剣を投げて鞦韆の紐を断ち切り、部屋で声を殺して泣くのだった。
長安は秘密を打ち明けるのが遅くなればなるほど、こじれて話しにくくなると思う…

姹蘿は姽嫿城へ帰ろうとしていたが、刑風は李嗣源からの糾弾を恐れ、自分の独断だったとすべて罪をかぶるつもりでいた。そして姹蘿に余計なことは言わぬようにと釘を刺して帰還するが、やはり月影の率いる刺客たちに囲まれる。李嗣源は刑堂の堂主である刑風に「姽嫿城から逃げた者の罪」を問う。当然死罪だが、刑風は姹蘿を庇って自分の独断だと主張する。そこで流光が減罪を願い出たため、刑風には鞭打ち100回の刑が言い渡される。
そして今回手柄を立てた晩媚が鞭打ちを命じられるが、途中で耐えられなくなり、流光と共に刑風の許しを請う。しかし李嗣源は刑風に同情の余地はないと自ら鞭を手にする。
打たれる側と鞭打つ側と、どっちが罰を受けているのかわからない感じがします~

26話「欲望の対価」

晩媚の鞭打ちと異なって李嗣源の刑は容赦なく、とうとう姹蘿はたまりかねて李嗣源に跪いて許しを請い、残りの刑は免除されることに。姹蘿は刑風が色戒を入れられた頃のことを思いだしていた。姹如に「藍禾が刑風に色戒を使ったのは姹蘿への戒め」と言われ、宿命をしのぐ悪女として生きていくことを決意したのだった。あの時刑風は「世が変わりそなたが変わっても私は変わらずずっとそばにいる」と言って抱きしめてくれた。奴らに絶対色戒の仕返しをと誓ったのに、今またやられる側に回っている自分に、姹蘿は怒りに燃える。
20年前の姹蘿と刑風はかわいらしかったのですね、ちょうど長安と晩媚のよう…

姹蘿も刑風も動けない状況のため、李嗣源は今のうちに越太傅への手立てを講じることに。月影から長安への処遇を聞かれた李嗣源は、長安の功よりも晩媚の働きを重く見て、晩媚を次期城主に据える意向を見せる。ならば長安は第二の刑風になるのかと月影に聞かれ、李嗣源は李朝の血統に生きていられては困るため「長安にはそのうち死んでもらおう」と言う。
そうとは知らない長安は聴竹院を訪ね、あの時なぜ吹杏楼にいたのかと李嗣源に尋ねる。あいまいな答えを返す李嗣源と、長安との間に碁を通しての腹の探り合いが続き、李嗣源は長安という人物を見くびっていたと感じるのだった。
こと長安のこととなると、若様は嫉妬丸出しで冷静ではなくなるような感じがします…

方歌から伝書鳩で文が届く。韓修殺しの下手人を引き渡す約束を破れば姽嫿城を攻め滅ぼすと脅してきたのだった。翌日、李嗣源は聴竹院に晩媚を呼びよせ、本気で好きだと思いを告げる。李嗣源は、この先誰が共に生きるに値するか晩媚が試練を通して悟るのを焦らずに待つと話す。しかし晩媚は新しい任務の話に会話を逸らすのだった。
李嗣源は何かを好きになるのはかつて父から贈られた弓以来だった。しかしそれは母に捨てさせられ、あの気持ちを思うと二度と同じことはしない。しかし晩媚を方歌に引き渡すつもりだという。長安とは違い、覇業のために長安とは違いすべてを犠牲にはしないと…
若様の好きっていう気持ちは、ライナスの毛布レベルから進歩してないのですね。そういう「好き」は相手を決して幸せにすることはないのですが、多分若様には理解できない…

方歌の家には妻と妹がいた。妻は顧という人物からの文を隠しているが、方歌はそれを知ってか気付かない様子。妹は年齢より幼く、方歌は彼女を大事にしているが、妻は世話を放置しているという歪な家庭環境にあった。そんな方歌の元に下手人として差し出されると聞いて、晩媚は李嗣源に裏切られた気持ちになっていた。晩媚を見た方歌は、以前会っていたことを思いだす。李嗣源は刑を見届けるために方府に留まり、晩媚は部屋に監禁される。
その夜、晩媚は部屋の外から方歌の妹・方盈盈に話しかけられる。年を聞くと盈盈は11歳と答え、部屋の鍵を外してくれた。そこで晩媚は李嗣源の部屋へ向かう…
方歌の家庭を見ると、裏切りを知らずにいたとはいえ秦雨桑の方が断然幸せですね…

晩媚の警備が緩いのは、もし晩媚が逃げればそれを口実に方歌が姽嫿城を攻められるからだった。李嗣源は長安に命じて韓玥をおびき出させており、晩媚を簡単には死なせないつもりだと言うが、発作が起きて死ぬかもしれないから機会を逃すまいと無理やり抱きしめてきて晩媚を当惑させる。長安の想いは身の程知らずだと言われ、晩媚は「高貴なる寧王様には民の気持ちはわからない、私の望みは死を迎える日までは人殺しの道具ではなく生きた人として扱われたいだけ」と突っぱねて部屋へ帰っていく。
若様と長安の、ちょうどいい中間のいい男はいないものでしょうか? …いないか~

方歌は、韓修の仇として晩媚を韓玥に直接引き渡さなければいけないが、帳簿も読めないはずの韓玥が代金の回収で半月は戻らない、と聞いて不審に思う。
秦雨桑亡き今、新しい盟主を選ぶ武術大会を開催する日が近づいていたが、方歌に不満を抱く門派は多く、秦雨桑のことで方歌を疑う者も多い。そこで方歌は、方府に多額の負債のある黄荘主の借用書を渡して借金を棒引きすることで、黄荘主を懐柔しようと考える。
この借用書の話がこの後出て来るのですが、唐突に出て来る割には地味な伏線です…

方歌と李嗣源、そして晩媚が共に朝食をとる中、盈盈が行方不明になったという知らせが入る。晩媚は昨晩盈盈が「父上が待っている」と話していたことを思いだすが、方歌の父は七年前に他界していた。盈盈の部屋を見ると寝床に埃が積もり、しばらくそこで眠っていないことがわかった。使用人によると、盈盈は方歌の妻が買ってきた提灯を嫌がっていたらしい。晩媚はその赤い提灯で、自分が妓楼に売られた時の記憶がよみがえる。
方歌が盈盈の乳母に事情を聞くと、方歌が不在だった間に盗賊に襲われて家業が傾き、父親は盈盈を友人の家に避難させたが、その時乳母は盈盈に「お父様が算盤を買って下さる」と嘘で言い含めて船に乗せた。しかし父親の死を知った友人宅で人買いに売られてしまい、方歌はそれを「盈盈は家出した」と聞かされていたのだった…
方歌はよくもこの話に気付かないまま、妹の異変をなかったことにしてきたよねと…

27話「頑なな良心」

晩媚の推測をもとに河原を捜索したところ、倒れていた盈盈が発見された。晩媚は盈盈の腕に自分と同じ傷があることを確認する。晩媚は方歌に、その傷が赭金という長寿の薬に使われる処女の血を採取する際につけられるものだと説明する。方歌も以前宴席で勧められて飲んだことがあった。晩媚の話から盈盈が心に受けた深い傷を知り、方歌は呆然とする。
李嗣源は用事ができたため帰ることになったが、去り際にそっと晩媚に文を渡してきた。そこには「黄喩の借用書を盗み、明晩 精舎へ来い」とあった。
晩媚の赭金の話が今頃生きて来るとは。そして盗んで来いと言われた借用書ですが、前回家職に渡してしまっているので、方歌の手元にはすでに無いはず、なんですけどね…

眠れずにいた晩媚の元に、方歌がやってきて「なぜ盈盈と同じ目に遭ったのに、正気を保っているのか」と問う。晩媚は様々な恐ろしい目に遭ったからだと答える。方歌は晩媚自分の過去を語り始める。家業を捨てて家を出て三年、江湖で名を成して戻ったものの、父は死に妹は行方不明に。発見した妹は11歳以降の記憶がなかったため、それを償うためいい暮らしをさせてきたと語る方歌に、晩媚は「それは違う」と言う。盈盈に必要なのは銭でも使用人でもなく、寄り添って心から話を聞いてくれる人の存在だと。
晩媚は、方歌が自分から情報を得て仇討ちをしたいのだろうと察したが、それよりできるだけ盈盈のそばに、と言う。方歌は晩媚に「なぜ姽嫿城に?」と問う。晩媚には方歌のように頼れる兄はおらず、生き延びる道は姽嫿城だけだったからと答える。
晩媚のアドバイスは、方歌にとってちょっと遅すぎた気づきだったと思うのですよね…

戻った李嗣源を迎えた長安は、馬車に晩媚の姿がないのを確認する。李嗣源は、晩媚は方歌の求めに応じて置いてきたと話す。長安が異議を唱えないのを見て李嗣源は、好きな相手を守る力がなく、愚直で無謀なことは誠意とは呼ばないと言う。李嗣源は長安の愛し方を愚かと呼び、長安は自分がすべてを投げ出す誠意を譲らない。
若様と長安で男同士の火花を散らす場面って、なんだかジト~っと湿っていますよね~

一方、晩媚は部屋を抜け出して李嗣源に命じられた「黄喩の借用書」を探していた。しかし見つけたのは「顧」という人物からの沢山の文だった。そこに方夫人が家職とやってきたため晩媚は隠れるが、家職の甥・顧郎に方夫人が多額の金銭を貢いでいる話を聞いてしまう。方夫人が晩媚の存在に気付いたため、晩媚は夫人を人質にする。方歌は自分の足を突いて晩媚を一旦逃がしたものの、すぐに追いつく。しかし韓修が実は自責の念から自害したと聞き、晩媚を行かせることに。方歌は妻の不貞についても気づいていたが、師匠の一人娘を託された信頼に応えようとしつつ、方歌なりに愛してきたのだと言う。そして晩媚に道を踏み外さぬ心を失わぬようにと約束させる…
方歌も韓修も、多分夫人も、それぞれにそれぞれの言い分と生き方がある悲しさが…

晩媚は李嗣源に借用書を盗めなかったと報告するが、李嗣源には想定済みだった。李嗣源は、方歌にとって盈盈が弱点だと把握してそれを利用して晩媚を解放させたのであり、さらに長安に晩媚が「大切な女」だと言うのをわざと聞かせる。晩媚は盈盈を利用したことについて「他に方法があったはず」と反論するが、吐血するほど体調が悪化して残り時間のない李嗣源は聞く耳を持たない。そして晩媚には次の任務が課せられる。それは「七月八日、正義山荘で方歌が盟主の座を失う」というものだった…
晩媚を取り戻すのに、晩媚が一番嫌いそうなやり方をするから若様はダメなのですよ…

晩媚の誤解を解こうとする長安だったが、唐王朝の再興を担うという秘密を打ち明けることがどうしてもできない。長安は晩媚を抱きしめ「償うべき相手がいるとしか言えない、あなたを守りたいが私にはできない」と。晩媚は長安に「連れて行って」と思いをぶつけ、長安もそれに応えて必ず連れだすと約束するが、その会話を李嗣源が立ち聞きしていた。
一方、姹蘿は刑風に、飲まなくても効く特別な薬粉を調合させ、それを女子の衣に振りかける。姹蘿はその衣を盈盈にまとわせるのだと言う。刑風は、家族には手を出さないのが姽嫿城の掟だと止めようとするが、姹蘿は耳を貸さない…
姹蘿は一体何をするの…若様を妨害したいだけなら、盈盈は巻き込まないであげて~!

25~27話の感想

前回の秦桑雨の話で、方歌が秦桑雨に自分のスパイを妻としてあてがって云々、という設定があったわけですが…ワタシはてっきりその妻が方歌の愛人と思い込んでいて、方歌はなんて金にも武術にも女にもギラギラした嫌な男だ、と思っていたのです。でも今回の話を見て、方歌って… むしろその逆? もうちょっと人生にギラギラした方がいいのでは、と心配になるような、自分にも他人にも関心が薄すぎる人間でした。彼なりに周囲に愛情は持っているものの、その愛情の示し方がことごとくズレているために、自分も他人も不幸になっているのが見ていて悲しくなってしまいました。もしかしたら彼を最も愛していたのはこれまた角度の違うズレ方をしていた秦桑雨だったのかもしれないのですね。

そんな誤解されやすい男・方歌なので、秦桑雨の一件がなくても周囲から恨みを買って、以前から敵は多かったのでしょう。姽嫿城に狙われるのもやむなし。しかし姽嫿城の任務は、担当者がシナリオを書いて提出したら、他の人たちはあまりストーリーを狂わせるような余計なちょっかいは出さないものなのかと(秦桑雨の時にストーリーを狂わせようとしたのはむしろ晩媚なので、姹蘿が晩香を使っての介入はむしろ軌道修正)思っていたら、何か姹蘿が余計なことをしようとしていますね…。このところ刑風がついたしなめるくらい非道がエスカレートしている姹蘿ですが、盈盈には手を出さないでほしいな…。

このところ晩媚への想いが暴走して、実力行使に出つつある若様ですが、なぜあそこまで恋愛下手なのかと思ったら、幼い頃に「安心毛布」(モノは矢ですが)を母の命令で、しかも自らの手で破壊させられるという、人格形成上非常によろしくない経験をしていたのです。実の父親はあんなで、実の母親はさらにあんなで、唯一頼れる存在だったように見える養父との関係は、実子(現在の晋王)との後継争いでゆがめられ…。まだ晩媚や長安の幼少期の方が幸せだったのかも?とすら思えます。
晩媚も少しはその辺を汲んであげてほしいようにも思いますが、そういうわけにもいかないのが女心ですよね。晩媚には長安がいるのだから、若様は月影の方を少しは向いてあげてほしいものです。無理でしょうけども…
ようやく晩媚もすれ違っていた長安との気持ちをつなぐことができましたが、若様がそれを聞いていましたし、きっとえげつない方法で邪魔されるのでしょうね。そんなイケズばかりの若様ですが、正直嫌いじゃないです♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です