月に咲く花の如く-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
胡咏梅との戦いに勝った周瑩だったが、偶然にも胡咏梅が以前呉聘が周瑩のために買って来たナツメ餅が胡咏梅が仕組んだヒ素を入りのものだと気づく。
呉聘の墓前で胡咏梅と対決した周瑩は真実を明らかにした。胡咏梅は自決、周瑩をかばった周老四も亡くなってしまう。
周老四の死をきっかけに自分に正直になろうと沈星移に会うために上海に旅立つ周瑩はどうなるのでしょうか?

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

52話

沈四海から沈星移の居場所が聞けなかった杜明礼は上海に沈星移の会社星月貿易会社を捜しだす。星移は商売の不振を口にするが杜明礼は査坤に状況を調べるように指示する。
査坤によると西洋人との取引量は不明だが、上半期で湖北から上海に生糸を5千袋輸送していることから、32万両の儲けがあると杜明礼は推測する。
再び星月貿易会社に行き、上海へ貝勒が進出したい意向を告げ、紹介しようと話すが星移は断る。
本領発揮の杜明礼。腹黒度があがっているような気がします・・・

上海に着いた周瑩・王世均・春杏・福来達は上海の繁栄している様子や西洋人がいっぱいいる異文化に興奮気味。
周瑩は上海電報を見つけ中に入っていくとそこに沈星移の姿が・・・心で会話をする二人。
沈星移は上海を案内し、銀行や知り合いの商人のクラウディを紹介したり海に連れて行ったりする。
周瑩達は初めて西洋料理を食べ、フロアで沈星移とダンスを踊ったりと楽しい時を過ごす。
夜になり別れ際星移は薔薇の花を贈るのだった。
洗練された沈星移の姿にうっとりの周瑩。今まで商売一筋に生きてきましたもんね

周瑩は沈星移との再会に心うきうきさせていたが、趙白石からの手紙を読みその内容に唖然とする。
周瑩のビフォーアフターを知る春杏・・・どうしたんですか?って聞いちゃうよね

翌日周瑩達を迎えにきた沈星移は既に周瑩達が引き払ってしまったと聞き驚く。会社に行くと杜明礼によって生糸2千袋が差し止められている事を知る・・・会社に押しかけてきた杜明礼は上海の外での貝勒の影響力を見せ付けつつ株の3割を要求する。
絶妙のタイミングで来る杜明礼・・・いやらしいわ(笑)

取引先で友人であるクラウディのもとに行った沈星移。罠にはまり生糸が用意できず賠償金を払うと謝罪するが、クラウディは既に売る相手が決まっていて、私の欧州での信用が失われると激怒し星移を罵る。

追い出された沈星移は損してでも商品を調達しようとし、クラウディに再度交渉に行くと歯切れの悪いクラウディの姿が・・・。
あの後すぐに生糸を提供してくれる人がいて商談が成立したとのこと。
その人物は周瑩だった。
周瑩やりましたね・・・

53話

沈星移とクラウディの言い争うのを聞いていた周瑩は星移が帰ると生糸の取引と十年独占契約を持ちかける。まずは今回の取引の様子を見てからと言うクラウディ。
心配する王世均に周瑩は今回損をするが十年先まで見て利益があると見て、銀行でお金を借り、湖州で生糸を買いクラウディと取引する。
周瑩の行動にいろいろ心配な王世均・・・白髪が増えそう

仕入れた生糸のひとカセ色むらが見つかったと王世均から聞いた周瑩は急いで荷積みをしている港へ行き調べさせる。
上質な生糸に満足のクラウディはひとカセくらい・・・と話すが、納得しない周瑩は王世均に新しいものと取り替えるように命じる。
誠実な周瑩の姿にクラウディは今後十年契約を結ぼうと提案する。
どんなところからも商機をものにする周瑩はすごいです。

その夜クラウディとその友人達とお祝いの会食に王世均と参加する。
西洋人達に周瑩は早速呉家が取り扱う製品を売り込みを始める。
言葉たくみに呉家の売込みをする周瑩に西洋の友人達は興味津々の様子。
ただ一人ボースマは中国人を信じず商いをしないほうがいいとひそひそ英語で話している・・・
クラウディからその事を聞いた周瑩はボースマを誘いダンスをする。
今まで会った中国人と違う周瑩の姿に驚きを隠せないボースマは周瑩との取引を考える。
確かに中国人ということでも女性ということでも規格外ですよね

周瑩達は船着場で上海を出発しようとしていると沈星移の姿が・・・
クラウディとの取引もなくなり暗い表情の星移。周瑩の態度が急変したのは何故か問いただす。
周瑩は沈星移への想いに心動いたが、軍需品事案の真相を知り冷めてしまった。
呉家東院を匿名で密告し陥れ、義父を死に追いやったのは沈四海・・・。沈星移とは一切の関わりを絶つ事と沈四海にこの敵は必ず討つと宣戦布告をし立ち去るのだった。
二人の間に大きな溝が・・・天国から一気に突き落とされた感の星移・・・ただ立ち尽くすしかないか。かわいそう

上海から呉家に戻った周瑩は趙白石に会いに行く。
軍需品偽造についての再調査を求めるが貝勒の力もあり今は無理といわれる。
都へ行って直訴まで考えている周瑩をなだめる趙白石はいずれ呉家東院の潔白を証明すると約束する。周瑩は待つと答えるが、沈家に奪われた商いは取り返すと宣言し立ち去る。
旦那様大好きでお世話したいの呉漪でしたが、趙白石の心はいまだ周瑩にあるみたい・・・

沈氏茶葉店で沈四海が店にいると上海にいるはずの星移の姿が・・・父上が呉家東院を陥れたのですね・・・と聞く。
いきなり爆弾発言!どうした息子よ!(沈四海心の声)

54話

沈四海は星移に呉家東院を陥れた理由、月生の仇討ちだとを話す。呉家の無実を聞き呉家どころか沈家も窮地に追い込んだ・・・沈星移は父に共に呉家に行き真実を話し、呉家東院の名誉を回復させ一緒に下手人を捜そうと提案する。
後戻りできないと四海は言い、周瑩の宣戦布告に受けて立つと言う。後ろ盾の貝勒のおかげで星移を助けてもらった・・・隆昇和に搾取されても手が切れないのは沈家の安泰のため。話はつかず星移は息子として最後の忠告をする。
杜明礼は本物の悪党。周瑩を侮らない方がいい・・・星月貿易会社の印を置き立ち去る。
話は平行線のまま・・・お父さんは行くところまで行ってしまったようです

杜明礼に会いに行った沈四海は星月貿易会社の仕入れた役所で押さえられている生糸の件をお願いする。沈家と星月貿易会社は無関係では・・・?と突っ込まれ、今は四海の会社になったといい株3割を渡すという。
以前の利益を指摘されるが四海はさかのぼった配当まで用意していた。周瑩が軍需品偽造の裏で我々が動いていたと感づいたと話す。知ったところで何ができるか・・・と杜明礼は鼻で笑う。周瑩を倒すための助力を頼むが杜明礼はまずは後ろ盾を倒す必要があると杜明礼は答える。

職を探す場所へ沈星移は訪れ、味経書院の住み込み食事つき雑用の安い仕事に手を上げる。
味経書院に着くと星移は劉先生に新しく入った雑用係と紹介される。星移は小三と名乗る。
職探しの人々の中でも頭ひとつ背が高い沈星移。目立つな~

呉家では周瑩は沈家の顧客の多くが呉家に乗り換えたと王世均から報告を受ける。そして星移が家を出たことも聞く。

沈家では顧客の多くが奪われもう5割ほどしか残っていないと聞き沈四海は驚く。客離れをとめるために値引き等の策を講じる。家職が株に引かれて呉家に鞍替えした客が多いと話し、うちでもやったらどうかと提案するが四海は沈家では絶対に許さないと言う。

沈氏茶葉店では一番の大口蒙古の商人布和(プハ)が訪れ、来年は呉家と取引すると言ってくる。沈四海は値引きを持ちかけるように指示する。
株を使って周瑩は沈家の客を奪っていきます

沈家の謝番頭は呉家の顔番頭と布和たちの泊まる宿の前でばったりと鉢合わせ・・・それぞれ贈り物を用意し、値引きや好条件を持ち出して交渉を始める。布和の毛皮の商いを見抜いていた周瑩は毛皮店の株を贈るとの提案に布和は呉家との取引を決める。
謝番頭は怒って出て行く・・・沈家とは長い間向こうの言い値で取引をしてきた。利益が出ても面白くないと布和は話す。
番頭達と布和のやり取り、調子よくて面白い・・・

東院と布和は五年契約を結び茶葉市場の8割を押さえたと王世均から報告を受け、沈家に1割も渡さないと言う周瑩。

沈家では磚茶の在庫が10万両以上になりさばくことが困難になる。
謝番頭は呉家が仕入れた茶葉は龍駒寨で水揚げし陸路で蒙古に輸送すると報告する。謝番頭は四海に呉家の積荷を一晩船に置くようにして欲しいと頼む。謝番頭は黒龍堂に金を払い呉家の船に穴を開け浸水させ、積荷の茶葉は水に浸かり売り物にならなくなる。
裏稼業の手も借りて妨害工作してきました。大丈夫かな・・・

呉家と磚茶の取引をした商人達は沈家に殺到する。その様子を見た沈四海は茶葉の値下げはせず、昨年より5分値上げをし、五年契約を結ばなければ売らないと強行手段をとる。
沈家のやり口に怒る商人や布和達だが沈家で仕入れなければ茶葉は手に入らない。
お父さんいきなり客の足元見ちゃって大丈夫?今はよくても後から怖い気がする

周瑩は水に浸かってしまった茶葉の後始末をしようとしていると、港で働く老人が浸水した茶葉がほしいという。浸水しカビの生えた茶葉でお茶を淹れ飲んでみた周瑩はその美味しさを知り、売ることを決意する。
はじめはカビが生えたお茶でもいいから飲みたかった!!おじいさん・・・で飲んでみたらまた飲みたくなるうまさ・・・

感想

沈星移に会いに行った周瑩は素敵な時間を過ごしました。少女のようなウキウキした様子の周瑩にスマートに上海を案内する王子様風沈星移いい絵になるな~恥らう周瑩可愛い!

その後軍需品偽造の真相がわかり、突き落とされる気分になった周瑩・・・
商売に気持ちを切り替え、打倒沈家に切り替えた周瑩はクラウディはじめ西洋人に物怖じせず精力的にこなしたりと行動力はすごい!中国人不信のボースマもそりゃ驚くよね(笑)

同じく父が呉家東院の没落の首謀者とわかった沈星移は何もかも捨てました。この若旦那はチャラいかと思っていましたが、本当に純粋で曲がった事は嫌いな根はいい子なのね・・・あのおばあちゃんも可愛がるわ・・・

対する周瑩と沈四海の商売対決が激化している様相・・・
沈四海は杜明礼とのやり取りはもちろん、船を沈めたりと悪役がずいぶん板についてきましたね(笑)
沈四海と杜明礼は狸と狐の化かしあいのようで面白かった(笑)




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です